急騰株を買う前にこれをやらないと損します

2020.6.6
Share:

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

ウルフ村田でございます。

先週末辺りから暑い日が続きますね。

皆さんも暑さに負けずに
トレードされているかと思いますが、
相場も熱い展開になってきました。

日経平均は5日続伸。

5日続伸は2019年10月以来だそうです。

すでに多くの利益報告を
いただいていますが、
これから急騰株もどんどん
出てきそうな感じです。

が、「チャンスと損は表裏一体」
ということを見落としている方も
多いと感じます。

よくあるリスクとして、
大口投資家が注目する銘柄は
一気に売り出されることです。

みんなもつられて逃げていくので
あっという間に売り圧力が強まります。

これが暴落のメカニズムですが、
怖いのはそれが「いつ来くるか」
把握していないことです。

何かをきっかけにして相場が
急激に変化することはコロナで
痛い程知っている人も多いと思います。

もし、コロナの時のような
展開がもう一度来るとしたら、、、

と想像してみてください。

そんな時すぐできる対処法を
常に自分で確保する必要があります。

じゃあ、どうすればよいのか?

一番確実なのは、
『自分で売る判断をする』です。

特定の情報やパターンだけを
頼りにしているとロスカット、
強制決済になってしまいます。

繰り返しますが、
大口投資家が注目する銘柄は
一気に売り出すと行くところまで
下がるパターンが多いです。

ですから、チャートが大陰線で
崩れ出した時に、

「あ!崩れてきた」と自分で判断して
テクニカル的にダメだと思ったら一旦、
利確確定かロスカットしたほうが良いです。

もちろん、一回落ちてから上がったりする
銘柄もありますが、それは結果であって
テクニカル的に上がりそうにないと判断したなら、
決済するのが正しい選択です。

もし、再度反転したならご自身の
分析でまた判断し、チャンスがあるなら
入りなおせば良いです。

どうでしょうか?

「自分で売る判断をする」だけで
選択肢は広がっていきます。

自分で買う銘柄をどこで売るか
ルールに沿って買う前から決めておいてくださいね。

予定を立てておいて、
予想外の場合は逃げる。

これで全財産を投入していない限りは
大損しないはずです。

では、暑さに負けずがんばりましょう(^^)/

ウルフ村田

<編集部のオススメ>
上がると思ったら下がり、
下がると思ったら上がる。

相場の『ダマシ』に翻弄されていませんか?

そのメカニズムを理解して利益に繋げる
実践方法がこちらで公開されます。

http://japan-i-school.jp/jim/takako_t200622/
※オンライン開催

関連記事

Pick Up!

急騰株を買う前にこれをやらないと損しますへのコメント

  1. 売却したら翌日もっと高値になっていました片方少し利益が有りましたが、同じ銘柄でも購入価格が高かったので損をしました、大反省です。

  2. 今、空売りを勉強中です。 空売りの本をたくさん読んでいます。

    実際、やってみると本に書いてあるように動かず毎度ハラハラしています。

    陽線が気になって、大きく利益を取れません。株は、難しい。

    絶対ポイントを見つけようと奮闘中です。

  3. まだタブレットにグーグルの取り込みをしておりません、取り込み方を教えて頂きたくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です