高値掴みで失敗しない考え方

2020.7.18
Share:

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

ウルフ村田でございます。

高値掴みとサヨナラしましょう。

「安いところを狙って!」

と私は常日頃お伝えしていますが、

「安いところってどこですか?」

とその度に大量に質問をいただくので、
今日はそれについて解説したいと思います。

これは特に小資金の方は
必須の技術になるでしょう。

結論から申し上げると、
その銘柄の日足(日中足)の下値
のことを言います。

「そんなの当り前じゃないですか!」

という方もいると思いますが、
その下値を『1週間~数ヶ月単位』で
見てエントリーポイントを決めることが肝心です。

なぜなら、銘柄によって

上下を繰り返したり、ある価格帯で留まったり
平穏な状態から突発的な上げを繰り返したりと、

人間の性格みたいに
チャート上に傾向が出ているからです。

とくに下値に注目すると
その傾向が分かるようになりますので、

「皆が良い」と言っていても、
傾向的に高値圏であれば、
エントリーしなくなります。

そして、その銘柄をウオッチしながら、
株価が「安いところ」=下値付近に来たら、
初めてエントリーを考えるんですね。

それに加えて、
オシレーター系テクニカル指標も見て、

さらにシナリオと逆に言った場合に備えて
逆指値を入れておけば、
仮にロスカットになっても損小で済むでしょう。

これはお仕事で日中チャートを
見られない方にも有効ですので、

安易に高値掴みせず、
傾向を見抜けるように取り組んでみてください。

また、初動や良いエントリーポイントで入るためには、
できるだけ株に集中できる環境を作ってほしいですし、

私が変わらずワンピースを着続けるのもそのためです。笑

「株」以外の事になるべく頭を使いたくないですし、
私と同レベルとはいかなくとも、余計な思考を省いて

少しでも株の時間にあててみるだけでも
結果はずいぶん変わってくると思います(^^♪

ウルフ村田

関連記事

Pick Up!

高値掴みで失敗しない考え方へのコメント

  1. おはようございます☆
    今週は初めて初動と言うのに乗れました。
    ダントーHDです。4連騰で3倍になりましたが、利確が…欲深く、難しく、勉強になりました。
    村田先生の教えや、高橋陽子先生の教えで成長出来ました。ありがとうございます☆
    また、相場に学ぶ、実体験がいかに貴重か体感しました。
    私も最近服は決めています。いつも同じでも気にならなくなりました^o^チャート、投資情報に集中します^o^

  2. いつも楽しくウルフ先生のブログを読んでいます。株初心者です。そう言う事か!と納得する事が多いです。ノートを取りながら理解し忘れないように株と並行して勉強中です。70の手習で楽しんで学んでいます。ますますパワフルに色々な情報を発信してください。

  3.  以前に多額の損金を出し、2~3年株を止めていましたが、
    この6月から再開しました。
     最初に買ったのが、2586フルッタフルッタで、¥255で買い、
    ¥600で売りました。しかし、安値を買うのは簡単ではないし、
    高値で売るのも簡単ではない。高値の指値売り注文で失敗しました。
     いま、3758と3664で苦戦しています。3758には、何か
    注意事項がでています。
     ところで、先生のおっしゃってる「逆指値」とは、具体的に
    どうするのですか?もし可能でしたら、2586で説明願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です