なぜ、値動きは予想外に動くのか?

2020.8.9
Share:

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

こんにちは、谷口です!

株と天気は似ていると思います。

台風が来ると気分の悪くなる人や、
体調を崩す人がいますよね。

気圧の変化で人間の自律神経に
大きな影響を与えている

という説は有名です。

月曜日に雨が降っていると
気分が落ち込む方も
多いのではないでしょうか?

株価もAIを含めて、
『人間』が動かしています。

ということで、天気のように
株価もそういったアノマリー的な
関連性の深い話がいくつかあるので
ご説明していきます。

==========
なぜ、値動きは予想外に動くのか?
==========

昔からのアノマリーとしては、

・低気圧だと買いが続かない
・満月の日は株価が上がる

と言われていたりします。

これは月の重力が関係していて、
血液の循環を良くするために
興奮するからと考えられています。

結局は、人の気分次第で株価は動く。

理論よりも感情が勝つのです。

人間の気分は天気と同じで
予測不能、操作不能です。

これを理解することから始めると
株式の値動きの前提も理解できる、
と思っています。

例えば、良い人だと思っていた人も
裏切る人は裏切ります。

悪い奴だと思っている人が
最後に味方になることもあります。

株式も絶対上がると思っていた銘柄が
ストップ安を付けて期待を裏切ったりします。

上がらないだろうと思っていた銘柄が
爆上げすることもあります。

株価も他人と同じように
どんな要因で変化するか
わからないのに予測したがる、
それが人間です。

「あの人は大丈夫」
「あの銘柄は大丈夫」

『信じたい』のです。

でも、この考え自体が
実は身勝手なのだ

ということを心得なければいけません。

人は環境や思想により意見を変える、
株価だって変化します。

信じるという気持ちは、
損が出ても離せないで大損や
塩漬け株の原因になります。

しまいには、会社経営のせいにしたり、
アナリストやその情報の提供者のせい
にしたりします。

今もたくさんの人が感情に任せて
売買している株式投資。

こんな株価を信じすぎることは、
とても危険なことだと思いませんか?

株価とは、『確率』です。

この確率に資金を投じていきます。

勉強をして精度を高めることや、
ロスカットを適正に入れることは
もちろん大事ですが、

「当たれば儲け」

という精神は持っていないと
外れた時に自分の先入観から
抜け出せなくなってしまいます。

状況の変化を客観的に捉え、
お天気のように移ろいやすい
市場の流れを掴まなくてはいけません。

まとめますと、

・人の気分次第で株価は動く
・信じすぎることは危険
・株価とは確率によってできている

ということを念頭に、
明日の天気は100%晴れ
だと確信を持てるくらい、

確信が持てるエントリーをしましょう。

谷口洋章

<編集部のオススメ>
会社で働きながらザラ場も見ずに
月利10%を堅実に狙う株式メソッド…

お金と時間の両方を同時に手にする
技術を期間限定で公開中です。

http://japan-i-school.jp/jim/ost_opt01/
※まもなくページを閉じます

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です