40年相場から撤退しないワケ

2020.11.13
Share:

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

こんにちは。

最近、同年代や生徒さんの方から、
「元気ですね!」と感心の声をいただきます。

確かに、77歳になっても
相場の世界で頑張れているなと
自分でも思う時があります。

なぜここまで頑張れるのか
その理由は至ってシンプルで、

私は“好奇心旺盛”なんです。

皆が右に行くなら
左に行ってみたい。

他人がやらないことをやりたい。

これが私の根本にある性格で、
何歳になっても変わりません。

人と違う道を行くのは
勇気が要りますし、
プレッシャーも感じます。

ただ、この感覚は
トレードにおいても非常に重要です。

相場の流れ、大衆の向かう方向を
しっかりと理解した上で、

『大衆と違う行動をとる』

これがトレードで勝率を上げる大原則です。

9割の人が負ける相場の世界で、
残りの1割に入るには大衆心理と
逆の判断をしなければなりません。

大衆心理とは、
社会を構成する集団が合理的是非を判断せずに
特定の時流に流される事を指します。

合理的な判断が伴わずに動いた相場は
乱高下が激しくなる傾向にあります。

そのため、大衆心理を前もって予測し
逆を行くことで大きな利幅を得ることができます。

私たち個人投資家に加え、
実需筋や機関投資家など
様々な心理状況を読みとる必要があります。

大衆心理が働きやすいポイントは、

・注文が溜まっている場所
・サポートレジスタンス
・キリの良い数字

など、様々ありますので
注視してみてください。

もし、負けが続いている方は
他の人と同じ行動をしていないか
ご自身のトレードを疑ってみて下さい。

他の人たちがどのように予測しているかを
常に考えることが重要になってきます。

チャートは常に勝利の道を教えてくれます。

来週のトレードも
焦らず頑張っていきましょう。

りゅうじじ

追伸:
40年以上相場の世界にいますが、
生き残れる人はほんの一握りです。

私が長い歳月をかけ培い
利益を生み出してきた
至極のトレード手法…

あなたにお伝えしますので、
下記をクリックしてご確認ください。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar_onry11/

関連記事

Pick Up!