「トレードしない」選択が最善であるタイミング

2020.11.15
Share:

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます、谷口です。

全世界が注目する4年に1度の
米大統領選挙。

どこまでトランプはごねるのか?
バイデンに頭を下げるのはいつの日か?

と思うところですが、
こんな時に“山を張る”
トレードは正しいのでしょうか?

間違いなのでしょうか?

このような大イベントや業績発表などの
サプライズニュースは、株価が大きく
動きますので上に行くか、下に行くか
誰も予想がつきません。

予想が当たれば“大儲け”です。

その利益をとりたくて
多くの人が”山を張る”。

もう一つの考え方は、
予想を外したら”大損”です。

どちらを選ぶかは人それぞれです。

トレードをリスクと考えるか?
もしくは儲け話と理解するか?

時々、習い始めの生徒さんからの質問で、

「絶対に損しない方法はありますか?」

と聞かれることがあります。
また、トレードを習う気もない人から多いのは、

「100%儲かる方法を教えて」

残念ながら、それは絶対にありません。

そう言う人ほど詐欺的な商法に
騙されて大損するものです。

投資はリスクを伴います。

リスクが大きいと思う時は
トレードをしない。

平常時になったらトレードを再開する。

リスクを避けて
安定的なトレードを心がけていきましょう。

谷口洋章

追伸:
12月のIPO市場は1年の中で
最も盛り上がるシーズンです。

そこで、正しいIPOの戦略を
お伝えするために特別WEBセミナーを
開催します。

無料ですが有料セミナーと遜色ない
内容なので聞かないほうが損です。

チャンスの掴み方をぜひ
学び取ってください。

http://japan-i-school.jp/jim/ipo_online201123/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です