2021年のトレード前に…

2021.1.2
Share:

From:ウルフ村田
東京の自宅より、、、

明けましておめでとうございます、
ウルフ村田です。

晴れやかな新年の幕開けということで
皆さまが多くの利益を上げられるよう、

精一杯尽力させていただきますので、
今年もどうぞよろしくお願い致します。

2021年が始まり、
今年こそトレードで勝つぞ!と
精を入れたいところですが…

新年一発目のトレードを始める前に、
意識しておきたいことがあります。

それは、『リスクヘッジ』です。

利益を狙うのも大事ですが、
資金を守ることも重要です。

世界的に影響の大きい経済変動が起こる今、
膨大な損失を出すリスクは少なくありません。

ですので、分散投資で
資金を守ることが重要です。

闇雲に資金を分散するだけでは
意味がありませんので、

分散投資をする時に必須となる、
アセットアロケーション」を決めます。

アセットアロケーションとは、
アセット(資産)とアロケーション(配分)を
組み合わせた言葉です。

リスクヘッジを目的とした
資産配分の考え方で、

株をはじめとした他の投資商品へ
どれだけの資金を充てるかを指します。

資金を10とした場合、株には5、
投資信託には2、不動産には3…などです。

あくまでこれは一例ですが、
このように予め決めておくのです。

アセットアロケーションが、
やがて「ポートフォリオ」を組むことになります。

私たちに馴染みのあるポートフォリオは、
アセットアロケーションを
より具体的にしたものです。

投資先の詳細を
決めていくわけです。

株式投資でいえば「銘柄」、
投資信託でいえば「証券会社」、
不動産投資なら「エリア」となります。

資金量をどれだけ充てるか考えることで
リスクヘッジと将来の利回りを
大まかに計算することができます。

これをするかしないかだけで、
2021年の結果に大きく影響します。

ですので、分散投資を行うならば、
アセットアロケーションおよび
ポートフォリオを組みましょう。

それでは、2021年のトレードも
頑張っていきましょう!

ウルフ村田

関連記事

Pick Up!

2021年のトレード前に…へのコメント

  1. 本年より、第四次産業革命が本格的に世界に普及すると思いますが、先生はどのように観てますか?

  2. 2020年は中国武漢からの新型肺炎で感染者が世界中にマンエンし欧米インド等で今も猛威を奮って下りますが、2019年9月頃から既に医師から先のSARS似た細菌病を報告を受けたがデマだと医師を発病死させ予てより手懐けいてWHOのテドロス事務局長を忖度させて3月迄警戒を遅らせ約200万人の感染者を世界中に送り習近平氏と側近が世界中を撹乱させ中国だけが経済発展して下りますが今後も新型病源菌を開発し世界攻撃をして経済的ダメージを与える予定でしょうか、WHOの調査が1月より入る許可が出ましたが証拠隠滅をしたのではないでしょうか?

  3. 年が明けウルフ村田先生の、動画URLが見れる事になり、ホッとしております。
    昨年は全く見ることが出来ず、詐欺にでもあったような、きもちでおりました。
    2か月間棒にふりました。新年から今までの分を、取り戻せたらとおもっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です