移動平均線の「日数」次第で勝てる!?

2021.1.17
Share:

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます、谷口です。

ファンダメンタル
テクニカル

いろいろ分析方法があります。

僕はテクニカル重視です。

ファンダメンタルでは分かりにくい
「需給」が分かるからです。

テクニカルと言えば

「ローソク足」
「ダウ理論」
「移動平均線」

が有名ですね。

テクニカルトレードは
「移動平均線に始まって移動平均線に終わる」
と言われるほど重要な指標とされていますが、

歴史的に言うと

「価格」「出来高」が

最初に来てその後に移動平均線です。

価格と出来高が市場を
作り出しているにも関わらず、

理解しにくいためか
「移動平均線」や「ボリンジャーバンド」
RSI,RCIなどなどの指標を勉強しがちです。

そうすると、指標の中でも移動平均線の日数を変更したり
調整したり、パラメーターを変更して〜なんてことをしますよね。

例えば一般的な移動平均線は

5日、25日、75日、、、

これだと上手くいかない!

だから、5日、20日、60日にする!

それでも上手くいかないから

8日、13日、21日にする!!

どうだ!

フィボナッチだ!

自然係数が最高だ!

いやいやギャン理論だ!

サークルだ!ペンタゴンだ!占星術だ!

50日、100日、300日にする!!!

???????

どれも、ローソク足に影響していますよ(笑)

それもそのはず、さまざまな人達が

好きなように使っているからです!

ですから、これが「正解」。

この日数なら、このパラメータなら勝てる!
なんて幻にしがみついてはいけません。

トレードの勝率は50%

負けるのが半分
勝つのが半分

このパラメーターで上手くいかないのに
他のパラメータにしたって無理ですね!

単純に平均価格が形を作っていて
それが何を意味しているのかが
分からないければ
一生やっても使えません。

相場は参加者の人数と価格で成り立っている事を
理解することが最重要なんですね〜

と言うことで

今週はこの辺で、、、

谷口洋章

関連記事

Pick Up!

One thought on “移動平均線の「日数」次第で勝てる!?

  1. 移動平均線の日数設定で勝てるようになれる位、日数設定は大切なんですね~。
    結果的には、勝てる日数の3つの数字を教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です