トレードのイライラを消すための鍵とは

2017.2.4
Share:

From:ウルフ村田
大阪のカフェより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

今週末は大阪にセミナーで来ています。

先週のブログで、
「安いところは具体的にどこなのか」
というご質問にお答えしました。

そこで今回は
その「安いところ」をきちんと狙うことは
メンタル面においてもかなり
大切な役割があるということを
お話したいと思います。

株をやっていてイライラすること、
あると思います。

そのイライラの理由第一位は
「なかなか上がらない!」ってことですよね。

もっと噛みくだくと、

「さっさと売って他のトレードがしたい!」
「高値づかみしてしまった!」

など、なかなか上がらないことに
イライラする背景は様々です。

特に少資金の方は、
資金を回転させなければならないので

高値で売って逃げ切るまでは
身動きが取れずにもどかしい状態。

すぐに上がらないと
イライラしてしまうのは当然ですね。

ましてや、高値づかみの
ダブルコンボだと、もう、
イライラどころでは済みません(泣)

皆さんもそんな状態には
なりたくないですよね?^^;

そのイライラを防ぐためには、
はやりまずは安いところを
しっかりと拾って買うこと。

エレベーターのように
「上に参ります♪」と
きちんと上がる宣言が出ている
銘柄を選びましょう。

安いところで乗ってしまえば
あとは上に行くのみです。
これしか上に行かない!と慌てて
扉が閉まって昇り出したエレベーターを
わざわざ追いかける必要ってないんです。

市場には、沢山の
「上に参ります♪」サインのエレベーターが
扉を開けて待ってますから(^^♪

そして、利益が出せた後の
資金管理もお忘れなく。

儲けた分をすぐに投資資金にせず
いったん証券口座から避けておくと
いざというときのために便利です。

コツコツと働いて貯めたお金よりも
株でたまたま儲けたお金を使ったほうが
イライラせずにトレードできると思います。

少資金の方も、
こうして徐々に利益を生み出して
ゆとり資金を作ることができれば

「もう少し、上がるの待ってもいいかな」
と、思えるようなトレードも
出来るようになりますよ。

株の基本は
「買って売って逃げる」。

一つの銘柄に執着したり、
慌ててジャンピングキャッチせず、

安いところで買って、
高いところで売って逃げる!
というシンプルなトレードを
心がけていただきたいと思います(^^

ウルフ村田

《本日のおすすめ》

悲しいことに、
多くの個人投資家は相場を裏側で
操る存在を知らずに、
何も分からないまま、
「カモ」にされてしまっています。

しかし、そのカラクリを知るとこができれば、
逆にそれを利用して大きな利益を得ることができます。

興味のある方はこちらをクリックしてください。

https://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170216/

《アンケートのお願い》
あなたは“仮想通貨”に興味はありますか?

ジャパンインベストスクールの新企画開発のために
1クリックだけで終わる簡単なアンケートにご協力をお願いします。

https://j-i-s.info/j-i-s/enquate_170204/

関連記事

Pick Up!

トレードのイライラを消すための鍵とはへのコメント

  1. いつも貴重なご助言、有難うございます。今日も午後の心斎橋のセミナー、参加させて頂く予定です。よろしく。

  2. 一つの銘柄に執着してと、言う部分に関して言えば、自分は賛否両論有る様に見受けられます。
    先ずは『株に惚れ過ぎるな』と言う部分、これに関しては手放すタイミングを逸する事にも成りかねないため理解出来ますが、実際にトレードを行う際に『チャートを見ろ』とか『テクニカル分析』と訊きますが、それらの分析に頼り過ぎるのも如何な物かと言う気もします。
    自分は、資金その物は分割して取引は行ってる物の一つの銘柄に絞って、且つ、全てが同一方向でエントリーしない様にトレードを行って居ます(その方がトレードを行う上でその銘柄独特の癖が見えて来るのも有るからです)。
    『安く買って高く売る』は、確かに基本ですが、その点に拘り過ぎると却って冷静な取引が出来なくなるのでは無いのかとも感じましたね・・・。

  3. 効率良く資金を回転させないと無駄ですからね。安いところを拾うのも、慣れと練習が必要なので引き続き頑張ります!

  4. ウルフ姐さん、こんばんは。
    「上に参りまーす♪」サインの出ている銘柄に素早く乗って利が乗ったらパッと利確してちゃっと逃げる。
    心がけたいと思います。(^^)
    いつも元気はつらつなウルフさん、でもでもご自愛くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。