次の【大相場】を掴み取るために

2017.10.7
Share:

From:ウルフ村田
大阪のセミナー会場より、、、
 

ウルフ村田です。
昨日からスクールの授業で大阪に来ています。

引けギリギリまで相場を張って、
終わってからは大坂の生徒さんたちへ
株の講義をしていました。

年度が半分消化されるタイミングですので、
皆さんお忙しいかな〜?
と思っていましたが、

想像以上に多くの方にご参加いただき、
良い講義が出来たと思います(^-^)

例年10月は年末に市場が盛り返し資金も
入りやすいタイミングですが今は新興市場も鈍いですし、
兆候も見えづらいので、

大型銘柄を扱わない限りは
振り返りや勉強にぴったりな時期だと思います。

この振り返りや勉強が
言うまでもなく大切で、

相場が良くない時=あまり動かない時に
ボーッとしているのではなく
しっかり観察することを続けて初めて、
次の大相場の初動に入ることが出来ます。

観察というのは、
今の相場を見るのも良いですし、
過去チャートを眺めるのも良いでしょう。

上昇する銘柄はチャートの特徴や
パターンをつかめば、すぐに見抜くことができます。

特に、株価が数倍~10倍以上に急騰するような銘柄の「初動」は、
相場に動きが無い時にこそ発生します。

だからこそ、
お仕事をしながらという方も
実際にトレードはしなくても、

相場を常に見て「初動」の発生に
気付けるようになって頂きたいなと思います。

「初動」の特徴を知って、情報収集を欠かさずしていれば、
必ず株価が安い良い位置でエントリー出来ます。

初動で入れるメリットって、
利益が大きくなるだけでなく、
万が一暴落した際のリスクも小さくなるんですよね。

特に、億トレと呼ばれるくらい
大きく稼いでいる方ほどやっぱり勉強家ですし、
初動を大切にされています。

個人投資家でも勉強を重ねれば
それは十分可能なことなので、

これまでの振り返りをしながら
10月もはりきっていきましょう(^^♪
 
 
ウルフ村田
 
 

関連記事

Pick Up!

次の【大相場】を掴み取るためにへのコメント

  1. 村田さん、月刊ウルフのシンワアート見事的中でしたね。
    流石です。今回は登録が遅くて初動にのれじ、高値掴みになってしまいましたが、まだまだ相場は続く様子なので、利益が出たらご報告しますね。今後ともよろしくお願いします。同世代のトレーダーより(^^)

  2. 20年間大型株の盆栽投資家でしたが
    日経平均が上がってきたので含み損が消え微益撤退
    ほとんど現金化出来たのでこれからは
    ウルフさんを参考にします(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です