ブラックジャックが教えてくれたこと

2018.05.07
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

先日、サイパンに行ってきました。

グアムより人が少なくてのんびりでき
本当に良いリゾート地です。

残念ながら今年5月で
日本からの直行便がなくなるということで
忙しいさなか、行って参りました。

ご存知の通りサイパンには
オープンしたばかりのカジノがあります。

いろいろなゲームがあるのですが、
さほどギャンブルに詳しくない私は
ブラックジャック一本です。

200ドルをチップに変えて、さあ参戦!

大して賭けてないのですが、
多少なりとも勝った時の快感は
それはそれは嬉しいものです。

ディーラーや、横に座った中国や韓国、
アメリカの方と軽いジョークを交わしながら
とても楽しい時間でした。

でもやっぱりなれてないせいか、
3時間ほどプレイしたくらいで

頭がフラフラ、疲れてしまったので
フィニッシュにしました。

結果は200ドルが半分に減って
100ドルでエクスチェンジ。

当初の資金が半分になってしまいました。

100ドルの負けでした。

勝つことよりも楽しむことを目的にやりましたが、
それでも負けた悔しさは後から
ひしひしとこみあげてきます。

なぜ私は負けたのか…?

ホテルで飲みながらぼんやり考えてみると
こんな答えに達しました。

ブラックジャックというゲームは足して21に近い方が勝ち。

ということは、ディーラーもこっちも勝負の確率は1/2のはず。

ところが、終わってみるとじわじわとした負け。

経験値の高いディーラーのほうが、少しずつ

とっていって、最終的にはこちらが負けるシステムなんです。

では、どうしたら勝てるか…?

それは、、、

勝負どころで、掛け金を増やすしかない!

という結論に達しました。

ブラックジャックでは、最初に2枚のカードがこちらに配られます。

手配のカードによってはディーラーがカードをめくる前に、
こちらに掛け金を増やす権利があります。

最初のカードで、いけると踏んだ時に
”勝負”で掛け金を増やしていくしか勝つ方法はないのです。

わずかなチャンスに、大きく賭けて勝つしか、
ブラックジャックでディーラーに勝つ方法はないのです。

はずれたときのリスクはありますが、
いける!とふんだときに勝負するしか、
ブラックジャックで勝つ方法はないのです!

なんだか、もしかしたら、株も同じかな〜・・・と

思ってしまいました。

もちろん、、、
株はギャンブルでやってはいけませんし
ルール通りにやるのは大事!

資金も管理して損のないようにやるのも大事!

でも、ある程度の上級者になったら
勝負どころでは”賭け金”を増やすくらいのほうが
いいのではないだろうか…

ふとそんなことを思ってしまいました。

では、勝負どころとはどこか…?

政局的な場面を読むことでしょうか…

決算発表を見越すことでしょうか…

チャートの節目を抜けた瞬間でしょうか…

そればかりは、これという答えがあるのではなく、

あなたの経験で答えを出すしかありません!

ふたつ隣に座っていたアメリカ人が、最初の2枚のカードを見て
うーんと少しじっくりと考えて、掛け金を増やして、
ドーンと勝って、ガッツポーズする姿を覚えています。

積みあがった小さいチップを
大きなチップに交換してもらって
テーブルから去っていく姿に、私は

「So Cool!(めちゃかっこいいぜ!)」と声をかけました。

さてさて、あなたには勝負どころを見抜く眼力がありますか?

勝負どころでドーンと賭ける勇気がありますか?

ガチガチのセオリーに押し倒されていませんか?

チャンスの女神には前髪しかない…

気が付いた時には女神はいなくなっている。。。

私も含めて同じ経験をしているなら
チャンスで掛け金を増やして
次はつかまえたいものですね(^^♪

藤井百七郎

<編集部のおすすめ>
急騰株にお金を入れる
恐怖感はありますか?

全市場から急騰株候補を導き出す
プロがセミナーを開催します。
無料で参加できます。

銘柄選びに失敗しない方法:
http://japan-i-school.jp/jim/seminar180511_12/


コメント

ブラックジャックが教えてくれたこと」への3件のフィードバック

  1. ともあけ

    空売り完全マスタープログラム
    拝見しました

    質問があるんですが、ここに書くことは
    可能でしょうか?

    返信
  2. アクアマリン

    なんだか
    楽しいおはなしで
    ためになるはなし
    ありがとうございました❗
    サイパンあまり日本人に
    人気がないのですね

    返信
    1. 藤井百七郎

      アクアマリンさん

      ありがとうございます。
      たまには勝負が必要かもしれません(^^♪

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.