ちょっと待ってちょっと待ってお兄さん〜♪

2018.05.14
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
東京から帰る新幹線の中、、、

いつもパソコンで相場を見ながら
テレビの経済番組を
点けっぱなしにしているのですが、

先日、「あれっ!?」と
思うことがありました。

それは、ある企業の決算発表を受けて、
アナリストが言った言葉でした…

「えーっこの企業ですが、今期は昨年とほぼ同じ。
 ただし、来期に関しては30%増の営業利益を予測。
 恐らく株価も上がるのではないでしょうか」

ん、ん、ん…?
な、なんと…?

恐らく株価も上がるのではないでしょうか〜?だと〜!?

私の頭の中に
あの懐かしいフレーズが
蘇ってきました。

(ちょっと待ってちょっと待ってお兄さん〜♪)

「業績が上がるから株価が上がる〜…???」

ちょっとアナリストさん、
大事なフレーズが抜けていませんかー!!!
思わず、そう問いかけてしまいたくなりました。

さて、あなたは
何が抜けていたのかわかりますか?

それは…

「恐らく株価も上がるのではないでしょうか」
の中に入らないといけないフレーズです。

正しくは、
「恐らく『多くの人が買うので』
株価も上がるのではないでしょうか」です。

これはあなたも
多くのトレーダーさんたちも
知っていることですが

業績がいいから
株価が上がるわけではありません!

業績がいいから、
買いたいという人が増える。

だから、株価が上がるのです。

ですから、
我々は見るべきものは
企業の業績ではなく、

その業績を見ている
投資家たちの頭の中なんです。

何度も言いますが、
業績がいいからといって
株価は上がりません。

また、業績のいい企業の株を
買って儲かるほど
株は簡単ではありません。

その企業を買いたい投資家たちが
どれだけいるのか。

もしくは、
この業績のいい会社を
自分の後にどれくらい買ってきてくれるのか…

これらを見越して
判断をしないといけません。

つまり、株で勝っていくには
正直にいい企業を探しながらも

それをアマノジャクのような目線で
見ていく「嗅覚」も必要なのです。

お金を稼ぐには
いろんな方法があります。

お勤めで給料をもらうのであれば、
正直な人は賞賛されます。

その一方で、
株の世界は正直さだけでは
勝てない部分もあるように思えます。

悲しきかなこのトレード業界に
憧れる多くの方は、

お勤めしている正直でいい方ばかりです。

株で稼ぐときには
どこかで心を捻じ曲げて、
この卑しき世界に
心を準じていただきたいと願っております。

藤井百七郎

<編集部のおすすめ>
FXのトレードに自信を無くしました。

あなたもこんな状況に陥っていませんか?
それは全てのトレーダーに必須のスキル
が足りていません。

勝つことより負けた時の事を考えると、
結果的に大きな利益を生むのです。

その仕組みの詳細はこちらから↓
https://japan-i-school.jp/sl/parity/180602_kujira/


コメント

ちょっと待ってちょっと待ってお兄さん〜♪」への4件のフィードバック

  1. MARO

    心を捻じ曲げて、心を準じなさいとは、難しいです。 具体的にどうすれば良いのですか          業績の良い会社は悪い会社より株は上がるは間違いですか?株を買うひとつの判断材料にしております。

    返信
    1. 藤井百七郎

      MAROさん

      業績をダイレクトに見るのではなくて、
      業績を見ている「投資家」を見てください(^^♪

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.