カテゴリー別アーカイブ: 高橋陽子

【公開】急騰後でも利益を狙える方法!

2017.03.26
koushi_yoko01

From:高橋陽子
名古屋の会場にて、、、

トレードをしていて悔しい思いを
したことがある方。

手を上げてください。

そう言ったら、多分、全員の手が
上がることでしょう。

これはトレードをしていれば
必ず当たる壁ですし、

「ああ、この銘柄、監視してたのに

2~3日、目を話した隙に
ストップ高(大汗)
なんて事もあるでしょう。

でも、そんな銘柄でも
再度、チャレンジできる方法を
ご紹介しますね。

株価が動いてなかったものが、
一気にストップ高を繰り返し
急騰した銘柄ってありますね。

その銘柄のその後を監視して
欲しいのです。

その後の展開に注目するのです。

たとえば、その銘柄が急騰前まで
急落すれば、それは問題外チャートと
なります。

しかし、急騰した後に、急落した後
ある程度でストップがかかった銘柄。

これがチャンスなんですね。

たとえば、こちらのチャートです。

一旦急騰した後、下げ止まりした後
第二波が来ているのが分かりますか?

6254野村マイクロです。

野村マイクロだけでなく。

・3758 アエリア

・2438 アスカネット

・3932 アカツキ

どれも最初からの上昇を見逃しても
再度、チャレンジし、上昇を
取れる銘柄なんですね。

この第二派を取る方法。

かなり利益が見込めますが、
注意点があります。

必ず、下げ止まりを確認し、
再度上昇するところで
拾っていくこと。

下げ止まりの安値を割ったら
一旦逃げること。

この2つの注意点さえ守れば
良い銘柄選択になり。

かなり利益が取れるでしょう。

急騰銘柄を最初から狙うことは
むずかしいです。

しかし、次のチャンスを狙うこと。

これだったら、案外チャンスが
多いのです。

面白いトレード法ですので
注意事項を守りつつ、
利益を取っていきましょうね!!

再度言いますが、安値を
割ったら、潔く逃げましょう。

そのコツだけを守りつつ
利益を取っていきましょうね(^^♪

高橋陽子

<編集部のおすすめ>
チャートを読み解き、
安定的に高い利益を出し続ける。

それができたらと、心底悩んでいる方に、
あなたが本当は何をすべきかお伝えします。
→ http://japan-i-school.jp/jim/kei_170327/


適性をつぶしていませんか?

2017.03.24
koushi_yoko01

From:高橋陽子
都内の自宅にて、、、

先日の事ですが、セミナー帰りに
タクシーに乗り込んで運転手さん
からの第一声です。

「先日も実はご一緒しましたよね?」

「先日の東京マラソンの日です。」

まさかとは思ったけれど。

たしかに東京マラソン当日に同じ場所で
タクシーに乗車した事を思い出しました。

その運転手さんは私をどこで降ろしたか
まで、しっかり覚えていて。

「たしかここを曲がったところですね」

あんまりにも詳細まで覚えているので
びっくりしてしまったので
ここで書いているのだけれど。

私がタクシーに乗車したのは「秋葉原駅前」
東京のド真ん中ですよね。

なのに、この偶然。

まさかの運命の出会い???

と一瞬だけ思ったけれど、
一瞬で打ち消しました(笑)

降りた場所まで覚えているプロ根性には
脱帽の一言でした。

どんな職業の人にも、プロだなぁー
と思う人っていますね。

今回のタクシー運転手の方もしかり。

私の場合は、セミナーや授業を開催する
仕事もありますが、やっぱり本業は
トレーダーになります。

プロとして常に研究していますし、
それが大好きだから成り立っているのかな。

と感じています。

なんでもそうですが、好きでないと
研究どころではなく、それすらも
苦痛になってしまいます。

でも、この仕事に就くまでは

トレードの適性があるか?
トレードが好きになるか?

なんて分かりませんでした。

どちらかと言うと、ダメかも。
ぐらいに思っていたのです。

何も行動せずに適性がある。
なんて思う人っていませんよね?

実際にやってみて、ようやく分かるのです。

やってみてからです。

トレードが楽しく、面白く
大好きであること!!

「苦痛の種」ではなかった事も
分かるのです。

だからこそ、好き嫌いせずに
投資をチャレンジしてみて欲しい。

常にそう思っています。

投資には特別な才能が必要。

そう感じている人が多いことは
知っています。

しかし、投資をやらずに自分には
可能性がないと言うのは早すぎると
思いませんか?

タクシーの運転手の才能。

これは、私にはありません。

断言できる理由は、
運転をした経験もありますが、
どうやっても、運転を仕事にするほどの
適性はないと判断できたから。

と、しっかり理由を言うことができます。

でも、まだやったことがない仕事
ついては適性があるか、ないか?
は判断できないですよね。

それと一緒なんです。
トレーダーもひとつの職業なだけです。

あまり、そこだけ「特別な才能」と
思わずにチャレンジしてもらいたい。

強く思うところであり、
力説したい部分でもあります。

自分の投資のチャンスを自分で
消さないでくださいね。

チャンレンジした分、しっかり
結果が出るかもしれませんよ(^^♪

高橋陽子


見て見ぬフリをしていませんか?

2017.03.19
koushi_yoko01

From:高橋陽子
都内の自宅にて、、、

現在、私には困った事態が
目の前で起こっています。

それはなぜかと言うと。

ずっと見て見ぬふりをしていた
「大量の領収書の山」が
ありまして。

それがどんどん膨らみ、
3ヶ月間放置して極限に達していたのです。

つまり、会社の領収書を3ヶ月
山積みにしたあげくの放置プレイ。。。

税理士さんからの催促で
ようやく「山積みの領収書」を
3ヶ月×3つの山に分割して

今日は終了(爆)

人はそれぞれ得意分野と不得意分野が
ありますね。

これはまさしく「不得意分野」なので
苦手意識が強く。

目の前にあっても、3ヶ月も
見えないフリが出来たのです。

でも、ちゃんと分かっているのです。

頭の片隅には、いつも領収書の山が
存在しました。

「いつかやらなくっちゃ」

といつも思うのですね。


これって、株で言えば、塩漬け株を
持つ人の心理に似ていませんか?

上がると思って買ったのに。
わずかに上がったものの。

今は買った時の株価の1/3
売るに売れずに買っていないフリ。

まさしくそれと一緒ではないですか!!

株ではやりませんが、しかしやっている事は
同じ事です。

やらなくちゃいけない事をただただ
先延ばしにしている。

ですよね。

それに気付いた途端、テーブルの
一番分かる所に書類の山を置き。

あえて食事の時も。
仕事の時も、
書類の山が見えるようにしました。

そうなると。
ちょっと気分が違ってきます。

気持ちも上がってきて。
とうとう、「明日の午前中は領収書整理の日」
と、手帳にまで書いています。

とは言え、今日ではなく明日なんですが(汗)

これと同じ現象が生徒さんにも
あります。

今まで、ずっと頭の片隅にあった
塩漬けコレクション。

私と出会ったのを機に、
コレクションの整理を始める人が
多くいるんですね。

それは株を強く意識した結果かと
考えています。

人生でも、案外見てみぬフリをしていた

「モノ」
「事柄」
「思い」

なんてありますね。

これを機会に整理するチャレンジに
良いかもしれません。

3月は1年の中で一番、人生が
動く時ですね。

新学期や、転勤などもこの時期です。

しっかりリセットして、素敵な
人生を過ごしましょうね(*^_^*)

高橋陽子

<編集部のオススメ>
トレーダーとして成長したい方必見!

プロのコーチングで
勝てるトレーダーへの
ステップアップを目指しませんか?

人生を変えるトレードテクニックをあなたに。
詳しくはこちらをクリック↓
http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170325/


長生きリスク意識していますか?

2017.03.17
koushi_yoko01

From:高橋陽子
都内の自宅にて、、、

先日、久々にいわゆる「昭和の喫茶店」に
入った時のことです。

隣に、2人のおじいさんが座りました。

見るからに仲が良さそうで
楽しそうに会話がはずんでいます。

ついつい聞いてみると。
2人とも90歳近いとのこと。

「この辺に来たのは昭和30年の時以来かな」

なんて会話に歴史を感じました。

自分のひ孫の事や奥さんのグチに始まり
いろんな話題に事欠かず。

最後には「株」の話になりました。

このぐらいの歳の方の株式投資って
どうなの???

と、私的には興味津々です。

なかなか聞けませんからね(笑)

2人とも、基本的には長期投資がメイン。

そろそろ、ずっと持っていた株を処分し
それを子供へのプレゼント費用に。

などと話をしていました。

しかし、保有期間がすごいのです。

「あの会社が出来た当時は株価が
200円だったのに、今では2万円だもんな。
株ってすごいよなぁ」

なんて言っているのですが、創業からの
ウン十年の長期投資です(汗)

2人に共通していたのが、
「投資信託はやらない」
知らない人間が選んだ銘柄を
持つより、自分で選んだ方が良い。

と言っていたので、さすが!!

と聞いていて安心しました。

多くの株をお持ちのようで。

「そろそろ処分しないとなぁー」
と余裕の構えなのですが。。。

根がブラックな私は。

ついつい言いたくなっちゃいます。
「早く売らないと、お迎えがきちゃいますよ」と(汗)

不動産も何件か持っているらしいのですが。

それもまだ自分名義で、たまに東京に
来たとき用のマンションに。

自宅に別宅と。

30代の時に買った値段とは
桁違いの値につりあがっているようです。

「不動産業者が聞きつけて売ってくれって
うるさいんだよね」

なんて言っていますが、
やっぱり言いたくなります。

「お迎えが来る前に相続税対策をー」

お2人共、まだまだ元気で、病気知らず。

しかし、リスク管理がなっていません。

株も不動産もそうですが、
常に先手を打ってリスク管理を
しなければならないのです。

これを読んでいる方のほとんどは
このおじいちゃん2人より年下でしょう。

こんなに長生きするリスクもありますし(笑)

何かを保有するリスク

どちらもしっかり持っておかなければ
いけませんよね~。

90歳でまだまだ元気で奥さん、子供
孫、ひ孫に囲まれてとっても幸せそうな
お2人でしたが。

色々と考えさせられる出会いとなりました。

皆さんも是非、
長生きリスク
株や不動産の保有リスク

の管理をしてくださいね(^^♪

ところで。

2人の長生きの秘訣は「色恋」との事です。
90歳目前で。です。

すごいですねぇー(笑)

高橋陽子

<編集部のオススメ>
未経験でもFXができる。
安定して稼げる。
そのための設計図をあなたにお渡しします。

実践的なスキルとはどのように学ぶのか、
知りたい方のみお越しください。
→ http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170325/
※残り3名です


一番の買い場とは?

2017.03.12
koushi_yoko01

From:高橋陽子
都内の自宅にて、、、

人も動物も危機回避能力って
ありますね?

たとえば、一度怖い思いをしたりすると。
もう二度とあんな思いはしたくない。
と、回避するものです。

自己防衛ですから仕方がないし、
日常生活では必要なスキルでしょう。

しかし、株式投資、または
投資全般においては、それが
あだになってしまう事があります。

株式投資で一番投資家が怖がっているのは
「暴落」でしょう。

できれば暴落を回避したいと
望むものです。

でも、本物の投資家は「暴落」を
待ち望んでいます。

なぜなら暴落が一番儲けられる

と、分かっているからです。

株式投資においては、暴落時の
空売りが有効なのはご存知の通り。

また、暴落がひと段落し、株価が
低迷している時は、株の買い増しの
最大のチャンスです。

サブプライムローンでアメリカの
中古戸建物件が売りに出されて
放置されていても、誰も目を
向けませんでした。

あまりにもサブプライムの影響が
世の中にうずまいていたので、
怖くて手出しできなかったのです。

しかし、”ある業者”だけは違いました。

中古の戸建で、夜逃げしたような
劣悪な物件を買って買って買いまくったのです。

業者いわく

「今のうちに買って、リフォームすれば
 あと数年で価格は高騰して売れるからね」

業者の言うとおりでした。

不動産価格は息を吹き返し、中古の物件を
欲しがる人が続出したのです。

業者がかなりの財を成したのは
言うまでもありません。

株式投資もそうです。

皆が恐怖で震えている時に、
恐怖に臆することなく、適正価格で買う。

皆が株だ!!と高揚している時は「売り」です。

これは、昔からのセオリーですが、
財を成す一番のチャンスは

「世の中が恐怖でうずまいている時」

ここで、億万長者が生まれるのです。

株の暴落はありがたいことに、
しょっちゅう起こります。

株を数年やっていれば、一度は
経験していますね?

その経験を生かし、一番の買い場
逃さないでくださいね(*^_^*)

高橋陽子

<編集部のオススメ>
勝ち続けられる人と
そうでない人。
その差はこれを知っているかだけでした!

これまで「真の相場」を知らずに
トレードし続けてきたあなたへ
→ http://japan-i-school.jp/jim/nikkei225_170324/
※残席あとわずかです!


トレードに潜む魔物

2017.03.10
koushi_yoko01

From:高橋陽子
都内のカフェにて、、、

先日のことですが、信号を渡っていた
時の出来事です。

こちらは青信号ですから、安心して
渡っていましたが、乱暴に右折
してきた車にあやうく接触しかけ。

なんとか機転を利かせて回避した。
そんな事がありました。

びっくりしたのと同時に「恐怖」で
足がすくんだのを覚えています。

世の中には、あらゆる所に恐怖が
待ちかまえています。

相場の世界もそうです。

恐怖との戦いです。

「欲と恐怖との戦い」

と言っても良いでしょう。

たとえば。

かなり利益が乗っているにも
関わらず。

欲をかいてしまい、あっという間に
利益が吹き飛び。

あれよあれよと言う間に株価が
暴落。

欲から恐怖のどん底に叩きおとされる。
そんな事態もあるのです。

日常より、よっぽど恐怖、つまり
怖い思いをする可能性が高いのが
相場なんですね。

だからといって、恐怖に捕らわれすぎて
利益を乗せられないのも本末転倒です。

程よい欲と恐怖のバランスを取って
相場に臨まなければなりません。

欲と恐怖
これと上手く付き合って共存していく。

これが相場での立ち振る舞いでしょう。

とは言え、これがいきなり出来ない。
そんなにコントロール出来ない。
という意見もあるでしょう。

だからこそ、まずは少額での
トレードをして、欲と恐怖の
バランスの取り方を実地訓練
していくのが望ましいでしょう。

また、分析に磨きをかけるのも
良い手立てですね。

分析がしっかりしているからこそ、
欲も恐怖もコントロール可能なのです。

とは言え、投資家とは
この「欲と恐怖」と常に戦っていく。

これは常に付きまといます。
常に戦いなんですね。

だからこそ。

自分の中に存在する、この2種類の
魔物達をしっかりコントロールし
相場で生き残れる投資家に
なって頂きたいですね(*^_^*)

高橋陽子

<編集部のおすすめ>
あなたが勝ていないなら、
ある存在が常にあなたの先手を読み
あなたの動きをコントロールしている
可能性があります。

その正体を知りたい方はコチラをクリック

http://japan-i-school.jp/jim/nikkei225_170324/
※【東京開催】少人数限定での募集です。