カテゴリー別アーカイブ: ウルフ村田

銘柄探しに困ったら…

2018.09.22
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

今週の日経平均は根強いですよね。

8月は夏枯れ相場という感じで
相場はどことなく
活気がありませんでしたが、

9月になってから株価は回復してきて、
お会いする個人投資家の方達にも
笑顔が増えて来たかなと思います。

ただ、上り調子は
続かないのが相場なので、

これはもう危ないかなって
思ったポジションは、さっと利益確定して
次へ行く準備をしましょう。

一方で強い銘柄は上場来高値を更新して
継続しているものもあったりするので、

ポジションもそのまま継続して
値幅を取ろうと思えば
取れる環境ではあります。

次の銘柄を探す方は、
すでに上がりだした銘柄より
大底からの切り返しを狙いたいですよね。

なので、次の銘柄を探す際は、

「テクニカル分析が
通用しやすい銘柄を見つける」

ここがポイントになってきます。

テンバガーになるような銘柄は
テクニカルが通用しない場合もありますが、
なかには当てはまる銘柄があります。

自分のお気に入り銘柄も
テクニカルで分析する必要が
あるので必ず覚えてくださいね。

では、テクニカルで表示するべき指標は
過去にお話したこともありましたが、

・週足ローソク足
・RCI(日足+週足)
・MACD(週足)

この4つを組み合わせて見ること!

RCIは日足と週足両方見てください。

MACDだけだとピンポイントで
大底っていうのが分かりにくいし、
RCIだけだと相場の勢いが分かりにくい。

ということで、この4つは
必ず見ていただきたく。

なぜRCIは日足と週足両方見るべきなのか?
というと景色が全然違います。

週足は下落中なのに、
日足では値幅を取れたりする
ので、

日足と週足それぞれの底値で判断すると、
より銘柄を見つけやすいです。

底値が分かっていないと、
高値掴みで「ギャー」
ということになりますので、

必ず流れを見てトレードしてくださいね。

今の相場でなかなか勝てないという方も、
これらの指標をうまく使うと
大きなボラも拾えるようになりますよ(*^-^*)

ウルフ村田


私がトレードのために始めたこと

2018.09.15
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

昨日の日経平均は終値でついに
2万3000円を突破しました。

メジャーSQということもあり、
「日本の3連休前」という下落ジンクスも
解消されましたね。

ですが今週中ごろからの上昇も、
来週には終わるかもしれません。

油断せずしっかりご自身の銘柄もチェック
していきましょう♪

さて、最近気温が下がってきましたが、
皆さん風邪を引いたりしていませんか?

少しでも身体の調子が良くないと、
ぼーっとしたり、
なんだかネガティブ思考になったりと

心理状態や判断力に
影響が出ることも少なくありません。

トレーダーは
常に脳みそをフル回転させ、

チャンスの時に
びしっと判断できるかどうかが
利益に関係してきます。

適度な運動やストレス解消をして
体調を整えることが
非常に大切だと思います。

私も最近、
ジムに通いはじめました!

以前から岩盤浴などは
好きだったのですが、
鍛えて流す汗もいいですね~。

自分のやり方で
心と身体のリフレッシュができれば、
自然と自信もついてくると思います。

自信はトレードにも良い影響を
与えてくれるはずですので、

秋の大相場に備えてコンデションを整え、
強気に臨んでいきたいですね。

ところで今回
このようなことをお伝えしたのは
理由がありまして、

大多数の個人投資家は
自分の予想に反する相場展開により、
退場した事実があるためです。

突然の危険な相場から身を守るためには、
とっさの判断が本当に必要だからです。

チャートの規則性が乱れた時、
ガクッと崩れた時などは

状況がさらに悪化する前に
逃げきらなければなりません。

この行動は
弱気ゆえではありません。

むしろ弱気な人こそ
出来ないことのように思います。

そもそも弱気というのは
自分の判断に自信がないことなので、

スパッと「買う、売る、逃げる」の
行動に遅れが生じてしまい、
結果的に大きな損失へ繋がってしまいます。

強気だからこそ、
瞬時の判断で行動を起こせます。

精神面が安定していると、
リスク管理もしっかりできるということを
是非覚えておいてくださいね。

それでは週明けも
頑張って行きましょう(*^^*)

ウルフ村田


相場回復待ちの今、やるべきこと

2018.09.08
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

9月に入ったことですし、そろそろ
地合いが回復してほしいところですね。

今後は大統領の中間選挙やFOMCなど
重要イベントも控えていますから、

相場には何かしらのエフェクトが
かかるだろうと期待しています。

そういったイベントまで
「何をすべきかわからない」と、

現在のポジショニングにお悩みの方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん、資金量と相談しながら
お気に入り銘柄を売買するも良し、

地合いが回復するまでは
ポジションを一切持たないも良しですが、

やはり、「相場の観察」に関しては
どんなトレード状況でも
継続して行うべきだと考えています。

ポジションを持っていても持っていなくても、
相場の転換に気づかなければ
次に起こすべきアクションで失敗しかねません。

今のような時期こそ油断せず、
虎視眈々とチャンスを掴む努力が
重要となってきます。

そのための観察とは、
日経平均やマザーズ指数などの
推移を確認することだけにとどまらず、

売買代金ランキングで活況銘柄を把握したり、
どんな関連業種が強いのか
常にアンテナを張ったりする
ことも含まれます。

毎日花に水やりをすると
「明日花が咲く」ということが
自然とわかってくるように、

チャートやランキングを毎日観察することで
出るべき・入るべき相場の転換ポイントを
知ることができるのです。

兼業投資家の方など、
1日にかけられる時間が限られている場合も、

ツイッターなどでまとめられた情報を
上手に活用するなど、効率の良いやり方を
いくらでも選ぶことができます。

毎日やるべきことは、
「できない」と諦める前に、

工夫して「できる」ようにする
時期と言えるでしょう。

そうした努力や積み重ねは
裏切らないものですよ(*^^*)

ウルフ村田


だれでもできる相場の見極め方

2018.09.01
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

日経平均は2万3000円を超えたところで
やはり下がってきました。

実はこの流れ、去年と一緒なんです!

去年のこの時期も上昇一辺倒だったんですが、

北朝鮮のミサイル報道で日経平均、
マザーズ指数ともに急落して
マザーズはこの時去年最大の下げ幅になりました。

今年はトランプさんの米中貿易摩擦で
日経平均は下がりましたが、マザーズ指数は
まだ下がっていません。

日経平均とマザーズの相関性はあまりありませんが、
「ぐんと下げてきてから上がる」
動きがまた9月に起こるのでは?と思ったりします。

こういう局面のポジション管理ってとても重要で、
1000万一気に突っ込んじゃう人とか
いたりするんですけど、

この急落に退場なんて方が
去年は多い印象でした。

もし買いで入って下がった時、
「こんな大金で損切なんてできない!」

と身動きが取れなくなる前に、
地合いの悪い時は少額で
取引するようにしてください。

本当に簡単な相場だけ、
大きな金額を投入するのが
一番結果が出ると私は思います。

強い銘柄はちょっとやそっとじゃ崩れませんし、
地合いが良い時期だと大して勉強していなくても
勝ててしまいます。

そこで勉強不足のまま続けていると、
結局負けちゃうんですけどね。

なので、地合いが悪くても少しずつ
稼ぐテクニックを磨くべきですが、
簡単な相場の見つけ方も大事です。

仮に今トレードしていなかったとしても、
上手なトレーダーが何をしているか?
横目で観察しながら見るクセはつけておきましょう。

「今は地合いが悪いから」なんて
放りっぱなしにしていると、
いざ地合いが良くなった時に乗り遅れてしまいます。

ただ、上手なトレーダーが
やっているからといって自分も無理に
トレードする必要はありません。

自分の見ている銘柄をしっかり分析してから、
確信を持ったところでトレードしてください。

ちなみに、相場の良し悪しを
見極めるための情報源ですが、

ロイター通信や日経新聞等のほかに、
FXの専門家が出している情報やSNSも
参考にしてみてください。

だれでもできる情報収集のやり方ですが、
案外ちゃんと見ている人って少ないんですよね。

毎日こういった情報を見ていると、
今の相場状況がだんだん分かってきます。

すると、これから起こり得る
イレギュラーへの「準備」を
しておくことができますよ(^^

ウルフ村田


今の相場でも大化けする銘柄パターン

2018.08.25
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

日経平均はようやく
夏枯れも終わったかな?

と思うような上昇を見せてきましたね。

ですが、貿易摩擦の懸念も
まだ残っているのか、

圧倒的な王者と言える銘柄が
出てこない状況です。

こんな不安定な相場で
「この銘柄いいなー」
と決めつけてしまうのは非常に危険です。

秋口から良い銘柄がぞくぞく出てくる
気配もありますので、

今は意中の銘柄を決めつけず、
でも観察は続けるという
スタンスが良いかと思います。

ただ、こんな相場でも
強い銘柄はちゃんとある
ので、

今日はそういった強い銘柄から
利益を取るお話をします。

こういう相場に強い銘柄は
ずばり、ゆっくり上げてくるタイプです。

これからゆっくり上がるかも?
という銘柄には、実は初動を捉える
パターンがあるんです。

まず見るポイントは、

その銘柄が上場後5倍や10倍近くまで
株価が上がったのか。

次に上がった後、底値まで下がって
中長期調整しているか。

こういった銘柄を観察していると、
調整していた株価がぽんと
跳ねるタイミングが来ます。

ここから注目したいのは、
ぽんと跳ねた後、また少し下がるんですね。

ここで押し目を拾います。

一旦下がった株価はそこから
ゆっくり上がっていきます。

こういうパターンで株価が何倍にも
なる銘柄が多いので覚えておいてください。

なぜこのようなパターンになるのか、
その根拠はまた機会があればお話ししますね♪

ただし、ゆっくり上がっていく途中で
変な押し目が出た時は、
すぐに逃げないと危険です。

そこだけは注意して頂きたいと思います。

一回跳ねて落ちるので、
「株価が上下していて怖い」
と思うかもしれませんが、

怖がらず安いところで拾ってみてください。

このように大化けする銘柄のパターンを
覚えておいたら、
案外どんな相場でも戦えますよ(*^^*)

ウルフ村田

PS.
今日お話したような
強い銘柄をもっと具体的に
知りたい方に向けた、

私の黄金ルールを特別に
公開します。

今日で募集を閉め切っちゃうので、
ぜひお早めに参加してくださいね(*^^*)

http://japan-i-school.jp/jim/goldenrule_1808/


無駄に負ける人の特徴

2018.08.18
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

お盆明けの土曜日となりましたが、
この一週間で日経平均もマザーズ指数も
ズルズルと下がりました。

来週以降も
「夏枯れ相場」をキーワードにして
気をつけていきたいところですね。

個人資産の推移が
マザーズ指数と同じ動きをしている方も
少なくないようで、

地合いの悪さとトレードの難しさが
比例していることを
まさに示している状況でしょう。

特に資産がズルズルと
減ってしまう人の特徴として

強い根拠がないにも関わらず、
なんとなく中長期投資をしている
ことが
挙げられます。

私はこれを「ぼんやりホールド」
呼んでいまして、

日経平均が右肩上がりだった昔なら
それでも良かったのですが、

今の時代の値動きは本当に繊細なので
ぼんやりホールドは非常にリスキーです。

プロトレーダーは
常にいくつもの銘柄を
保有していると思われがちですが、

私は自分の信じている強い株だけを
ひたすら取引して稼ぐ
というやり方を
好んでいます。

結局は
「強い時期に強い銘柄」だけやっていれば
資産を一気に増やすことができるので、

ぼんやりホールドで
資産を減らしてしまうよりも

強い銘柄を徹底的にリサーチし、
機敏に乗り換えるほうが吉です。

それでは今日はこの辺で。
来週もがんばりましょう♪

ウルフ村田