【10/06-相場まとめ】戻り売り優勢で8日続落

2021.10.6
Share:

From:JIS事務局
東京神田のオフィスより、、、

水曜日の株式相場が終わりました。

今日も一日、トレードお疲れ様でした。

本日の株式相場まとめをお送りいたします。

★本日の相場まとめ
└────────────────

本日の相場まとめ – 2021年10月6日(水)

2万7528円87銭(-293円25銭)

本日の日経平均は続落。

朝方は、5日の米国株高を受け、
買いが先行しました。

きのう大幅に7営業日続落した反動もあり、
前場の早い段階で2万8209円82銭(前日比387円70銭高)
まで上昇する場面がありました。

その後は先物主導で売られ、
下げに転じました。

時間外取引での米長期金利上昇に
米株価指数先物安が重しとなり、

下げ幅を拡大し、後場早々には
2万7293円62銭(同528円50銭安)
まで下押しました。

一巡後は、下げ渋ったが、
戻りは限定されました。

日経平均株価は、前営業日比293円25銭安の
2万7528円87銭で取引を終了。

値上がり銘柄数1073
値下がり銘柄数1015
変わらずは71でした。

中国不動産市場の混乱や
インフレへの警戒感から
投資家心理は悪化しており、

半導体関連などの値がさ株に
戻り売りが膨らみました。

市場からは
「米長期金利の上昇が懸念され、
日経平均は先物売り、
インデックス売りの影響が強い。

ただ、TOPIXは200日線で下げ止まり、
比較的しっかりしている。

値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を
やや上回る状況にあり、
短期的な調整一巡感が出つつある。

むろん、日経平均がデッドラインの
2万7000円を割り込めば、
さらに売りが広がる可能性もある」
(準大手証券)との声が聞かれました。

★10/6(水)のランキング (15:00現在)
└────────────────

□10/6(水)値上がり率

1位<1783>(株)アジアゲートホールディングス(+38.96%)
2位<6549>ディーエムソリューションズ(株)(+29.85%)
3位<7021>(株)ニッチツ(+21.55%)
4位<3346>21LADY(株)(+18.40%)
5位<6292>(株)カワタ(+16.61%)

□10/6(水)値下がり率

1位<9318>アジア開発キャピタル(株)(-12.50%)
2位<6469>(株)放電精密加工研究所(-12.39%)
3位<6186>(株)一蔵(-11.99%)
4位<4375>セーフィー(株)(-10.93%)
5位<4424>(株)Amazia(-9.46%)

□10/6(水)寄与度上位

1位<4063>信越化(+2.72%)
2位<6367>ダイキン(+1.87%)
3位<7974>任天堂(+2.70%)
4位<4503>アステラス(+1.20%)
5位<4911>資生堂(+1.27%)

□10/6(水)寄与度下位

1位<9983>ファストリ(-3.29%)
2位<8035>東エレク(-1.91%)
3位<9984>SBG(-1.91%)
4位<6857>アドテスト(-2.91%)
5位<4519>中外薬(-2.98%)

※15時00分時点での速報データをもとに記載しています。
現時点でのデータと異なる可能性があることをご了承ください。

□10/7(木)重要経済指標

<日本>
(日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)8:50
(日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)(8:50)
(日) 黒田東彦日銀総裁、発言(10:00)
(日) 8月 景気先行指数(CI)・速報値(14:00)
(日) 8月 景気一致指数(CI)・速報値(14:00)

<海外>
(中) 休場
(スイス) 9月 失業率(14:45)
(独) 8月 鉱工業生産 [前月比](15:00)
(独) 8月 鉱工業生産 [前年同月比](15:00)
(仏) 8月 貿易収支(15:45)
(仏) 8月 経常収支(15:45)
(メキシコ) 9月 消費者物価指数(CPI) [前月比](20:00)
(米) 9月 チャレンジャー人員削減数 [前年比](20:30)
(欧) 欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨(20:30)
(米) 前週分 新規失業保険申請件数(21:30)
(米) 前週分 失業保険継続受給者数(21:30)
(加) 9月 Ivey購買部協会指数(23:00)
(米) 8月 消費者信用残高 [前月比](4:00)

□10/7(木)の決算発表企業
<2303>ドーン
<2651>ローソン
<2918>わらべや日洋ホールディングス
<3083>シーズメン
<3382>セブン&アイ・ホールディングス
<4763>クリーク・アンド・リバー社
<4992>北興化学工業
<5993>知多鋼業
<6312>フロイント産業
<6432>竹内製作所
<6897>ツインバード工業
<7427>エコートレーディング
<7713>シグマ光機
<8011>三陽商会
<8016>オンワードホールディングス
<他5件>

<編集部のオススメ>
相場歴40年以上の玄人が
日経225先物でコツコツ値幅を
撮り続ける方法をお伝えしています。

利益を出し続ける本物の技術を
リアルタイムで見ることができます

一度、ご参加いただければこれからの
資産形成の参考となることでしょう。

https://trade-labo.jp/tl/ryu_onry2110/
※6名限定

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です