カテゴリー別アーカイブ: Mr.K

いつも「買ったら下がる」理由

2017.09.19
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

なんで、いつも自分が買ったときに限って
直後にチャートが逆に行くんだ・・・

誰かに後ろから覗かれているような、
奇妙な感覚になったことがある人は
決して少なくないはずです。

“エントリーしたときだけ逆に行く”

“むしろ、自分の意思と逆方向にエントリーした方が勝てるんじゃないか?

この感覚は、本当に多くの人が感じています。

なぜでしょうか?
気のせいでしょうか?

負けたときのほうが印象が強く残るから?

本当にそうでしょうか?

確率論から考えて、
偶然とは思えない頻度の現象には
必ず然るべき理屈が存在します。

つまり、

エントリーするとチャートが逆行する
「理由」が論理的に説明できるはずです。

「いやいや、気のせいでしょ。」

そう思う方、

もしも気のせいじゃないことが
論理的に説明できるとしたら、
どんなものか聞いてみたいですか?

・・・

エントリーすると逆に動く!

なぜだか本当に不思議に思う方は正直多いと思います。

私自身、かつては非常に奇妙に感じていました。

証券会社のシステムが仕組まれているんじゃないかと
本気で考えてみたこともあるくらいです。

ですが、

今となっては全く、不思議にすら思いません。

エントリーしたら逆に行くのは、
はっきり言って、当たり前です。

そうならないとおかしいくらいです。

なぜか?

それは、

あなたが後追い判断でエントリーをしているからです。

直近のローソク足数本を見て、
同じ方向にエントリーをしているからです。

出来上がったチャートをよく見たらわかることです。

チャートというのは、
短期的なアップダウンを繰り返しながら
徐々に大きく上昇したり下落したりしていくものです。

陽線と陰線の片方だけが連続するのは7本が限界
という経験則もあるくらいです。

例えば、

わかりやすくするために、
チャートが5日置きに上昇と下落を繰り返す
としましょう。

5日置きに上昇と下落を繰り返すのに、
3日間上昇したのを見て、

「よし、上がっているからもう一日上がったら買おう!」

と考えて4日目の上昇を確認してから
5日目に買いエントリーしたらどうなりますか?

翌日から下がり始めますよね。

だって、5日置きに上昇と下落が変わるんだから。

下落のときも同じです。
3日下落したのを見て、

「よし、下がってきたからもう一日下がったら空売りしよう!」

と考えたら・・・

「なんでエントリーした翌日に反対に行くんだ!!!」

ってなります。

みんなこれを繰り返してMAX損失を食らっていきます。

気づいてください。

・ある程度上がっていることを理由に買ったり、
・ある程度下がっていることを理由に売ったり、

それをしている限り、
すべて後手後手になります。

そりゃそうです。

じゃあ、どうすればいいと思いますか?

・・・

・・・

はい、その通りです。

上昇が5日続いたら売るとか、
下落が5日続いたら買うとか、

そういう逆張りなら後追いよりいいですよね。

しかし、実際のトレードでこの逆張りはリスクが高いです。

なぜなら、実際は5日で反発すると決まっているわけではないので。

じゃあどうすればいいか。

1日上昇したときに買いで入り、
1日下落したときに売りで入る。

そう、初動で乗るというのは
こういうことを言うのです。

ただ、それも具体的なチャートなしで
一概に語ることはできませんが、
でも、あながち的外れでもないです。

“然るべきとき”の初動に乗ることのみが
唯一の正しいエントリーだからです。

いつが“然るべきとき”かを解説する
紙面はありませんが、
今回の議論の結論としては、少なくとも、

短期的な値動きを理由にエントリーをすれば、
当然のように逆行する可能性が高くなる

ということに気づいていただければ幸いです。

相場が難しくなっています。
大局観を持ってトレードをしていきましょう。

GOOD TRADE!!

Mr.K

P.S.
9月27日のセミナーですが、
予想を上回る方にご参加いただき、
満席となりました!

追加でまた10月の後半に
開催したいと思いますので
JISさんからのご案内をお待ちください。


【科学】資金を分散する意味とは?

2017.09.12
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

今日はかなり実用的な話をします。

すぐに使える概念なので、しっかりと読むことをおすすめします。

あなたは、投資する資金をしっかりと分散させていますか?

エントリーするときに、いきなり資産の半分とか投下したりしていませんか?

「いや、、資金が少ないので仕方なく、、、」

「ここから大きく動いたら機会損失になると思って、、、」

と色々な声が聞こえてきますね。

最近、私は行動心理学を以前よりさらに力を入れて勉強しているのですが、

人というのは、

・一発逆転
・起死回生
・V字回復

といったものに予想以上に価値を感じるということがわかりました。

プラスがさらにプラスより、
マイナスからの逆転でのプラスの方に感動する。

様々な事例を見て、あるいは、自分自身の経験を思い返して、

深くそう納得しました。

面白いことに、本質的に人間は、プラスよりもマイナスのほうが好きなのですね。

マイナスがあってはじめてドラマがある。

きっとあなたもそう感じてしまうことと思います。

しかし、トレードにおいては、それでは困りますね。

そこで、本心や欲望と逆行することは承知のうえで、

分散投資をオススメします。

今日は、その方法について、少しだけ紹介します。

・・・

まず、分散投資というのは、

あなたの投資資金をいくつかの投資対象、投資機会に分けて投資する

ということを言っています。

投資をする以上、誰だって、自分が投資する対象に8~9割の確信を持って投資します。

そうなると、本当は300万円投資できるのに、30万円しか投資するな!

と言われると、

「なんでだ!もしもこの投資が当たったら、俺の利益が10分の1になっちゃうんだぞ!」

と怒りたくなると思います。

人間は、機会損失を嫌う生き物ですから、

8~9割確信している機会をみすみす逃すということが耐えられれないのです。

さらには、大きな投資に踏み切ってリスクを取ることそのものが快感になります。

 

しかし、、、

8~9割当たるという確信そのものがそもそも間違いだとしたらどうでしょうか?

ここで、ランダムウォーク理論という理論を紹介します。

あなたは、ファンダメンタルズ分析にせよ、テクニカル分析にせよ、

しっかりと綿密に分析すれば、それなりに確度の高い予測が可能である

と信じていませんか?

日本人は特に、学校教育において「正解のある問題」を解く習慣がありますから、

・時間さえあれば
・知識さえあれば
・経験さえ積めば

かなり高い精度での未来予測ができると思っている人が多いです。

しかし、、、

ここからは意見が分かれるのですが、

実際のチャートというのは、

【ランダムな動き】と【意味のある動き】が混じっているものなのです。

例えば、ここ数日下落トレンドだな~と思っていたとして、

それはランダムな動きが重なった結果である可能性が結構あります。

つまり、下落「トレンド」というのは見かけ上のトレンドに「見える」だけ

であって、実はトレンドなどないフェーズである、

という可能性が結構ある、ということです。

 

他の側面から見ると、例えば、

あなたが過去2週間の合計約5回のスイングトレードで

勝率80%だったとしましょう。

5回の80%なので4回買って1回負けたということです。

一見、すごい実力が身についたように感じますね。

しかし、勝率が50%の実力だったとして、

5回中4回勝つ確率は、15.6%です。

決して大きくないですが、十分にあり得る数字です。

つまり、勝率が8割になったというのは、単なる思い込みにすぎないかもしれず、

実際は勝率50%で偶然が重なって5回中4回も勝ったかもしれないということです。

もしも単なる偶然だったとしたら、、、

この実績に自信を持って投資金額を増やしたら、、、悲惨な結果になりそうでうね。

同じように、

10回中8回勝つ確率は、4.4%
20回中16回勝つ確率は、0.5%

となります。

20回投資して16回勝ったとなると、さすがに偶然ではない可能性が高くなってきますね。

しかし、それでも、勝率が8割である保証にはなりません。

実際は勝率が65%程度である可能性が十分にあるのです。

このように、トレードの難しくかつ奥深いところは、

多少の実績は保証にならないという点です。

 

少し脱線しました。

話を戻すと、チャートの動きでトレンドがあるように見えても気のせいかもしれないし、

自分の理論が当てはまっていると感じはじめても、気のせいかもしれない、、、

ということです。

であれば、短期間の実績や過去チャートを元に大きなリスクを取ることは危険です。

そこで、より確実かつ着実に利益を積み重ねる方法として、
分散投資という概念を理解し利用すべきとオススメいたします。

 

目の前の投資機会に自信があって、全財産を一気に突っ込みたくなる気持ちはわかります。

ですが、もしもあなたの実力が本物なのだとしたら、

焦らなくても5回に分散してエントリーをしたとしても、

投資回数は増えて、その分時間はかかるかもしれませんが、

あなたの資産は着実に増えていきます。

それだけではありません。

もしも、あなたの実力があなたの妄想であった場合には、

資産が減る速度を大幅に削減してくれます。

多少、不運が重なったくらいでは資産は大きく減りません。

5回に分散投資しているということは、一極集中投資をしている場合に比べて、

5倍の不運が重ならない限り、あなたの資産は防衛されるのです。

 

私たちの生きている世界は、確率という摂理に支配されています。

あなたの勝敗は、常に、実力の要素と運の要素が含まれているのです。

ですから、

勝ったからといって100%自分の実力のお陰と思うのは思い上がりで、

偶然に感謝するくらいの謙虚さがあって妥当だし、

負けたからといって100%自分の実力のなさと憂(うれ)うのは、

落ち込み過ぎというもので、運が悪かったということもあるわけです。

このことを深く深く理解し、

資産を分散投資するということを真に譜に落とした人だけが、

超長期にわかって勝ち続けることができると思っています。

 

収集がつかなくなってきたので結論としますが、

確率論としては、5~7回にあなたの資産を分けて投資すると、

あなたの実力どおりの結果が得られます。

ぜひ、この資産分散、資産管理ということに興味をもってください。

このところ、日経平均株価も為替も難しい局面を迎えていますが、

こういうときほど、分散投資です。

ロットを減らして長く持つ。

エントリーとエグジットを分散する。

ぜひ、やってみてください。

GOOD TRADE!!

Mr.K

<※お詫び JIS事務局より>
講師より予告させていただいた
資金管理のセミナーですが、
10月に予定を変更させて頂きました。

投資対象も投資時期も同じなのになぜ、
一部の個人投資家だけしか
最後は勝つことができないのか?

じっくりと準備していますので
お楽しみにお待ちください!


「 テクニカル VS ファンダ」の矛盾

2017.09.05
koushi_mrk01

From:Mr.K
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

今日の内容は、プロでも混同してしまう人が多い内容です。

トレードの勉強をしていると、対立する見解に数多く出会います。

A先生とB先生の言い分の矛盾を説明できますか?

A先生:「保有期間を長くすると、リスクが減りますよ~」

一方で、

B先生:「保有期間を長くすると、リスクが上がりますよ~」

と逆のことを言っています。

 

A先生の言い分としては、

「保有期間を長くすると、
短期的な売買が平均化されてノイズが減るので、
長く持った方が勝率は上がります、
だからリスクが低いです。」

まあ、そんな気がするし、

 

B先生の言い分は、

「いやいや、未来になればなるほど、
予測不可能な事態が発生する可能性が上がるので、
目先の将来よりも遠い将来を
当てようとしたほうがリスクは上がります。」

というのも、やっぱりもっともな感じがする。

 

いったい、どっちなんだ!!!?

と混乱している人は、非常に多いと思います。

 

実際、どうでしょうか?

A先生とB先生、どちらが正しいか堂々と説明できますか?

こういう話は、論理派のあなたにはとても面白いと思います。

 

では、説明しますね。

まず、この矛盾した内容を説明できる人は、結構少ないと思います。

なぜなら、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の
両方をよく知っていなければ答えられない
からです。

 

冒頭のA先生とB先生の言い分が矛盾しているのは、

A先生が、ファンダメンタルズ分析の論理で、
B先生が、テクニカル分析の論理で話しているからなんです。

そう、誰もこうやって説明しないので、私が提唱してしまいますが、

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の論理というのは、
多くの場合、対立構造にあるのです。

なぜか?

これを理解するためには、
ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析について、本質的に理解しなければなりません。

 

非常に簡単に言うと、

ファンダメンタルズ分析というのは、
【本来価値】を予想して、現在価値が割安であれば買い、
割高であれば売るという戦略
になります。

それに対して、

テクニカル分析というのは、
【勢い(トレンド)】の強さと持続時間を予想して、
トレンドの初期であれば順張りで乗り、
トレンドの末期であれば逆張りで仕掛けるという戦略
になります。

 

例えて言うと、

ビットコインの価格が目下急騰している!
⇒ この急騰は半年は続く勢いだから、買おう!

というのが、テクニカル分析。

ビットコインの利用用途は今後世界中に広がり、利用価値がどんどん上がっていくだろう
⇒ 価値があがるから、短期的な価格上下はあっても結局上がっていくから買おう!

というのが、ファンダメンタルズ分析です。
同じ「買う」という結論に達したとしても、根拠がまったく違うのです。

 

言葉を変えると、

テクニカル分析は、「過去」の分析によって、
未来への影響を予想する分析方法であり、
時間はつながっていて、
過去は未来に必ず何らかの影響を及ぼしますから、

これはこれで成り立っています。

決して、過去の「チャートパターン」を当てはめるだけの分析ではありません。

また、ファンダメンタルズ分析は、
「現在」と「未来」のギャップを狙う分析方法であり、
ギャップは時間の経過とともに埋まっていき、収束する
という数学的にも正しい理論で成り立っています。

チャートに表示できる様々なテクニカル指標にも、
テクニカル分析的な指標とファンダメンタルズ分析的な指標があります。

 

ですから、色々な手法の様々な理論や論理を使うときは、

それがテクニカル分析の論理なのか、
ファンダメンタルズ分析の論理なのかを
自分で認識し区別しなければなりません。

だって、両者は逆の結論を導きますから!

 

ちょっと難しいな、、、と思っている方は、これだけ覚えておきましょう。

テクニカル分析は、近い将来を予想するのが得意で、
ファンダメンタルズ分析は少し遠い将来を予想するのが得意。

だから、理想形は、両方使えることです。

ファンダメンタルズ分析で大きな方向性を判断し、テクニカル分析で直近の値動きが揃ったときにエントリーするのが一番堅実です。

 

ちなみに、私はニュースや企業業績などはまったく見ませんが、
しっかりとテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の
両方の要素を取り入れた売買判断をしています。

まずは、あなたの好きな方を勉強し、そのあと、もう一方も勉強して、

ぜひ【両刀使い】になってください!^^

 

それでは今日は、この辺で。

GOOD TRADE!!

 

Mr.K


行動心理学を逆手に取ると?

2017.08.29
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。
 
トレードは、常に自分との戦いです。
 
利益を伸ばしたいけれど、今の利益も失いたくない!
損失を失くしたいけれど、これ以上損を大きくしたくない!
 
というジレンマとの勝負です。
 
トレードというのは、
最初まっさらな気持ちでやっているときは
それなりに勝てる人もいるのですが、
 
一度、大きな損失を経験すると、
そこから先はうまくいかなくなります。
 
なぜかというと、
人間であれば持っている思考パターン
発動されてしまうからなのです。
 
もしも、
その悪魔のようないまいましい
思考パターンを攻略できたらどうでしょうか?
 
実は2002年に、
その思考パターンが理論として解明され
ノーベル経済学賞が与えられています。
 
その理論とは、、、
 
【プロスペクト理論】です。
 
以前、他の先生のブログでも取り上げられていましたが、
 
とても重要な要素、
ヒントになる理論なので
私の知見からもお話します。
 
・・・
 
プロスペクト理論の「プロスペクト」というのは、
 
prospect=見通し、予想
 
という意味です。
 
プロスペクト理論というのは、
結果が予想できる状況での選択の傾向です。
 
どういうことか?
 
こういうことです。
 
↓↓↓
 
===
 
質問1「以下の条件でお金を上げます。どちらを選びますか?」
(1) 無条件で100万円を手に入れられる。
(2) コイントスをし、表が出たら210万円。裏が出たらあげません。

 
さて、あなたはどちらを選びたいですか?
 
両方とも、選択によって得られるものはわかっていますね。
 
100%の確率で100万円が手に入るのか、
50%の確率で210万円だが、50%の確率で0円
 
確率もその結果も判明しています。
 
さあ、どちらを選びたいですか?
 
====
 
こういう状況で、人間はどちらを選ぶ傾向があるか?
 
これがプロスペクト理論です。
 
さて、実際に答えてください。
 
(1)? それとも(2)?
 
この質問を非常に多くの人に答えてもらった結果、
 
多くの人が(1)を選ぶことがわかりました。
 
期待値で見れば、当然(2)の方がちょっと大きいのです。
 
でも、人間は確実な100万円の方に価値を感じるようです。
 
ではもう一つ。
 
===
 
質問2 「あなたが抱える200万円の借金を、次の条件で軽減します」
(1) 無条件で、借金を110万円減らします。残りの借金は90万円になります。
(2) コイントスをし、表が出たら借金はチャラ。裏が出たら200万円のままです。

 
===
 
さあ、どちらを選びたいですか?
 
この質問2では、多くの人が(2)を選ぶのです。
 
これも、期待値で言えば(1)が有利ですが、
 
人間は、運が良くても90万円借金が残るより、
運が良ければ全部チャラになるほうに魅力を感じるそうです。
 
 
まとめると、こういうことです。
 
人間は、
 
お金を得る場合:確実にもらえる選択
損失を減らす場合:イチかバチかチャラになる選択
 
をしていると言えます。
 
言い換えると、
 
「目の前の利益は早く確定」させ、
「損失は損失そのものを回避」する

 
という傾向があるのです。
 
 
これをトレードに置き換えると、
 
「含み益が出ているときは、少なくてもいいから利益確定」し、
 
「含み損が出ているときは、少なくとも半値戻し、できれば建値まで耐える」
 
という行動になることを意味します。
 
 
なるほど、、、
 
 
納得いただけましたか?
 
 
私たち人間の脳は、
 
利益が出ているのであれば、
それが100万円だろうと110万円だろうと
同じように感じるくせに、
 
5万円のマイナスと
5万円のプラスでは、
非常に大きな差を感じるのです。
 
どちらも同じく「プラス10万円」
なのにもかかわらず、です。
 
 
面白いですね。
 
 
ですから、普通にトレードをすると
損大利小になるのです。
 
それは、あなたが悪いのではなく、
人間である証拠なのです。
 
さて、それでは、
このメカニズムがわかった上で
損小利大にするにはどうすればいいのか・・・?
 
 
その解決策については、
ちょっとブログでは紙面が足りなすぎるので
9月末にセミナーでお話します。
 
日程の都合が合えばお越しください。
 
ちょっとスッキリしない終わり方かもしれませんが、
今週も頑張りましょう!
 

GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K


投資業界の罠を暴露しておきます

2017.08.22
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。
 
日経平均、下落していますね!
 
この下落ですが、地政学リスクとかなんちゃらリスクとか、
 
いくらでも後付で「◯◯だから下落した」と言うのは簡単。
 
でも、この暴落は、技術が本当にあるトレーダーは皆、
暴落する前から予想できていたんです。
 
私の友人の億トレーダーも、暴落する前からかなり空売りを入れていました。
 
私のコミュニティでも然りです。
 
「どう見ても、暴落する形をしていた」
 
なぜなんでしょうね、3.11のときもそうでした。
 
チャートが織り込んでいるのか、チャートを世界が反映しているのか・・・
 
なんだか怪しい論調に踏み込みそうなのでやめておきますが、
 
なんにしろ、チャートだけ見ても今回の暴落は予想できていてほしいです。
 
さて、今日は、投資業界の罠について書いてみようと思います。
 
特に最近は、暗号通過なども加わって、様々な投資案件・投資情報が氾濫しています。
 
まさに玉石混交で、騙されてしまう人も多いと思うので、
  
だまされないために、何をどう考えればいいのかということを私なりにお話していきます。
 
・・・
 
投資情報で昔から多いのは、高額なインジケータシステムです。
 
バックテストといって、過去のチャートデータで検証して年利◯◯%出ました!
 
みたいなやつですね。
 
最近は「AI(人工知能)搭載!」みたいなキャッチフレーズのものが横行しています。
 
まず、こういったもので本当に稼げている人は見たことがありません。
 
私も投資システムの開発をやったことがあるのでわかるのですが、
 
本物の人工知能でもない限り、長期間に渡って高利益率を出すシステムをつくることはできません。
 
これは、論理的にも説明できますが、作ってみればわかります。
 
年利10%を超えようと思うと、どうしてもある一定期間の値動きの癖に合わせなければならなくなります。
 
わかりやすく言えば、2016年に年利プラス100%出すシステムはつくれますが、

そのシステムは、2015年とか2017年の相場では大負けしたりするということです。
 
75日移動平均線が機能するとか60日移動平均線が機能するとか思っているのと、本質は同じです。
 
どの期間の移動平均線を表示しても、機能して見える箇所が必ずあります。(やってみてください)
 
ということは、機能すると思っていること自体が気のせいであって、
 
「今は機能している」「今は機能していない」という判断を

人間が見極めながら使わなければいけないということです。
 
ある期間、機能するロジックをつくると、別の期間ではまったく機能しなくなります。
 
このイタチごっこになるんです。
 
これがどんな形で世の中に現われるかというと、
 
・◯月◯日~◯月◯日の実績が△△%!!というシステムを買ったのに全然勝てない
 
・月利30%で回るという投資案件に投資したら、最初は良かったが1年経たずに倒産
 
というような感じです。
 
ちなみに、「AIシステム」というのは殆どが名前だけだと思った方がいいです。
 
なぜかというと、AIというのは定義がないので、何でもAIと言えてしまうんですね。
 
しかし、本当の意味のAI、つまりディープラーニングを使ったものはおそらくまだ存在しないと思います。
 
まあ、あったとして、本当に勝つシステムができたら、

怪しいサイトで誰もが買える状況で売ったりするはずがありませんね、証券会社に使ってもらったほうが遥かに稼げます。
 
投資案件の場合は、仕掛ける側に悪意がない場合もあるかもしれません。
 
本当に直近半年でのパフォーマンスが良いからという理由で投資案件を作っている人もいるかもしれません。
 
でも、ディープラーニングでもない以上、勝ち続けるシステムをつくることは

論理的に不可能ですので、そう遠くないうちに破綻してしまうのです。
 
勝っている人でも、自分がなぜ勝てているのか説明できない業界だということを覚えておきましょう。
 
 
次に、暗号通過トレードについてです。
 
これは、暗号通過だと思うからわけがわからなくなりますが、

普通にIPOとか公開したての銘柄だと思ってトレードをすればいいと思います。
 
需給バランスで価格が決まる点では、株やFXと同じですからチャートや情報を見てトレードすることができます。
 
暗号通過自体は、広がっていくことはほぼ確実だと私は思っていて、

リクルートやビックカメラでもビットコインが正式に使えるようになったりしていますから、

中長期で見れば価格は上がっていくと考えるのが妥当でしょう。
 
ここで、「投資」と「トレード」の違いを理解しておくことが大切です。
 
同じだと捉えてもいいのですが、私は分けて考えています。
 
投資というのは、あくまで価値の変動を狙うものです。
 
企業価値が上がっていくと思えば買えばいいし、価値が下がっていくと思えば売ればいい。
 
中長期で見れば、価値の上下と株価の上下は一致します。
 
一方で、トレードというのは、価値が一定の状態での需給バランスによる株価上下動を狙うものです。
 
例えば、大型銘柄で価値が安定している銘柄も、株価は毎日変動していますね。
 
ということは、企業の業績や業界情勢に関わらず価格が変動するということです。
 
あくまで私の意見ですが、
 
投資にはファンダメンタルズ分析が、トレードにはテクニカル分析が向いています。
 
で、市場規模の比較的大きな暗号通過トレードは、ファンダメンタルズ分析要素が強いですよね。
 
本来の価値自体がどんどん上昇していくわけですから、

目先の受給の上下はあまり気にしなくてもいいという性質のものが多いと思います。
 
投資をやる場合には、保有期間が長いほうが有利だし勝率も上がります。
 
トレードをやる場合は、保有期間が短いほうが勝率が上がります。
 
あなたの投資スタイルが、投資型かトレード型かというのを一度考えてみることは重要です。
 
 
まとめますと、
 
システムやAIインジケータでは勝てないことを知ってください
 
投資案件は、利率が高いものは長期間続かないので注意したほうがいいです
 
暗号通過トレードは、IPO株のトレードに近いのでやってみてもいいと思います
 
ということです。
 
ご参考までに。
 
色んな新しい情報というのは次々に出てきますが、
 
投資、トレードの本質というのはずっと変わりませんから、
 
損小利大エントリー、資金管理、分散投資、などの基本をしっかりと押さえて

着実に資産を増やしていきましょう。
 
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K

<編集部より>

あなたがチャートを見ている
その真横でトレードの稼ぎ方を知っている人が
逐一アドバイスをしてくれるとしたら…

まだまだ始まったばかり
『夏の特別体験授業』はこれからが本番です!

http://japan-i-school.jp/jim/1708_t_op2/


これから手法を確立するあなたへ

2017.08.15
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

トレードというのは、奥が深いものです。

同時に、とても面白い世界です。

何が正しくて、何が間違っていて、

誰が本当に勝っていて、誰が本当は勝てていないのか?

何を信じ、何を疑えばよいのか?

そもそも、トレードをやるべきか?

この方法は長く通用するのか、今うまく行っているだけなのか?

・・・

先の読めない未来を常に相手にして、

大切なお金をかけて勝負し続けるので

疑心暗鬼になったり、不安と希望が交互に押し寄せたり

そんな経験をしている方も多いと思います。

・・・

でも、大丈夫です。

私も本当に悩み、苦しみ、夢にまでチャートが出てきて

チャートが気になりすぎて仕事が手に負えないので

会社でもトイレでちょこちょこ確認したり

平日が休みの日に一日中デイトレをやってマイナスになって

徒労感に押しつぶされそうになったり、

何やってんだか・・・

みたいなことも、嫌というほど経験しました。

それでも、2年前に突き抜けられたのは、

絶対に勝てるようになるという強い決意を持っていたから

だと思います。

考えてもみてください。

別にトレードに限った話ではありません。

トレードとは、【技術の習得】なのです。

これは勘違いしている人がもしかしたら多いのかもしれませんが、

義務教育でのデスク学習とは違います。

覚えたり、理解したりすることが目的ではなく、

実際に手を動かして実践できることが目的なのです。

それを、学校や資格取得のための勉強と混同すると大変なことが起きます。

まず、大きな違いは、正解が1つではないということです。

それから、人や本から学ぶことが100%正しいとは限らないということも重要です。

スポーツや料理に例えるとわかりやすいと思います。

同じスポーツでも、色々なプロ選手がいて、色々な教え方がありますね。

どんなに優れたコーチにも、選手との相性もあります。

そんなイメージを持ってください。

トレードで勝つためには、知識を100%にする必要はありません

なんでもいいから、自分にあった方法を確立することです。

もうひとつ、とても大切なことは、

ころころとコーチを変えて成功することはありえないということです。

なんせ技術ですから、

一定期間言われた通りにやり続けてみなくては、

そもそも、頭でわかったことを実際に行動できるまでに時間がかかります。

あとは、言われた通りにやるだけでいいという性格のものでもありません

試行錯誤が必要なのです。

もちろん、言われた通りやることは大切です。
 
でも、それだけで十分のはずがありません。

大前提として、できている人が自分の技術をすべて言語化できているわけではないのです。

背中を見ながら学ぶ、やってみてアドバイスをもらう、

その過程も含めて、徐々に伝えていけるもの、と思った方がいいです。

ですから、

・情報収集ばかりで自分でやってみない人
・うまくいかなかったことを報告&相談しない人
・自分で試行錯誤をしない人
・自分の頭で考えて研究できない人

こういうタイプの人は、絶対に大成しません。

もちろん、教える側の責任として、可能な限り言語化を極め、

常により良い教え方を模索し続けますが、

完全に言語化し尽くすことは難しいと思います。

それは、あいまいなルールや手法でやっているということではなく、

やらないとわからないことをすべて言語化していたら、

情報量が膨大になって、学ぶ方としても非効率だし、

そもそもやったらわかることを言語化する必要がないと思います。

・・・

つらつらと書いて参りましたが、

とにかくできるようになるまで継続すること

技術習得には一定の時間がかかることを想定しておくこと

そのため、大きなリスクを取りすぎないこと

やると決めたら、月1練習とかではなく、集中して取り組むこと

こういったことを意識して練習に励むことが大切だと思います。

自分の可能性は、自分が信じなければ誰も信じてくれません。

通る道は誰しも同じです。

不確実な未来を信じて行動を起こす積み重ねがトレードです。

とても奥が深く、興味深く、得るものが多い世界です。

応援しています。

GOOD TRADE!!

Mr.K

<本日のおすすめ>

ここでお伝えすることは決して
小手先の投資手法ではありません。

ほとんどの個人投資家が知らない

相場のプロとともいえる存在が
残酷すぎる現実を暴露します。

http://japan-i-school.jp/jim/nikkei225_170825/