カテゴリー別アーカイブ: Mr.K

[注意]耳が痛くなるかもしれません

2018.05.22
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。
 
ここ数か月、相当なエネルギーをかけて
作り込んできた「CLEAR TRADEブートキャンプ」の
講義が終了しました。

参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!!

講義を通して私自身も
進化できたと思いますし、

昨日は少しやり切った感に
浸っていたところです。笑

ただ、ここからの実践と
フィードバックが最も重要なので、
気を引き締めていきたいと思います。

今日は、久しぶりに
あなたのトレードを向上させる上で
重要なマインドセットをお話しします。

人によっては耳が痛いかもしれませんが、
真剣に読み進めてください。

最近は比較的
具体的なトレードの技術
について書いてきましたが、
 
トレードで継続して利益を出すためには、
技術とマインドは両方必要です。
 
今日お話しするマインドは、
かなり重要なマインドセットになります。
 

■「運」や「偶然」はただの妄想ーーーーーーーーーーーーーーー 

私は、運や偶然というものを
そもそも信じていません。

すべては自分の行動によって導かれた結果であり、
必然であると思っています。

運や偶然と感じるのは、
原因と結果の結びつきが明確になっていないだけで、 
原因と結果は常に1対1である
という世界観をもっています。

例えば、コンビニのくじで
景品が当たるといったことを例にとると、 

くじを引く前のくじ箱の中のくじの配置は、
あなたがくじを引こうが引くまいが、
前の人が引いた後の状態になっています。 

丁度そのタイミングで、
あなたが物を買ってそのくじを引く
という行動をとると、
 
(箱の中のくじの配置が、
あなたが手を伸ばした先に当たりくじがある
という状態だったので)
 
”必然”としてくじが当たる、と考えます。 

運が良かったと感じるのは、
どんな配置でくじが箱に入っているかを
事前に知らなかっただけの話です。
 
つまり、
自分が認知しているかいないかに関わらず
「現在」は存在しているわけで、  

その「現在」の中で自分がとった行動によって
必然として未来が造られている
と考えるわけです。
 
ちょっと理屈っぽいですが。  

詰まるところ、、
今のあなたの現状は、すべてあなたの過去の行動によって
必然的につくられたものと言うことができます。

 
そこに、運や偶然は関係していません。 
 
ちょっと話を変えます。
 
あと1か月も経てば2018年も折り返しですね。
 
日々やることで頭がいっぱい
の方も多いと思いますが、
 
ちょっと先取りして
来年の元旦を想像してみましょう。 
 
あなたは、来年の初詣で
何をお祈りもしくは決意するでしょうか?
 
あなたは、来年の抱負や目標に
何を設定するでしょうか?
 
さて、その抱負や目標は
今年の1月に決めたものと比べて
大きく前進していますか。

 
 
ちょっと厳しい言い方ですが、
 
元旦の度に目標がどんどん前進していく人と
昨年とさほど変わらない目標を立てる人
の2パターンの人がいると思います。

 
問題は後者ですね。
 
世の中がこれだけ変わっているのに、
なぜ、自分の立てる目標が
一年前とさほど変わらないのでしょうか。
 
私はその理由を、
 
”変わらないように、
 毎日の行動を選択してきたから”

 
だと考えます。
 
もう少し具体的に言うと、
 
”常に自分の価値観に合ったものだけを
 選択して生きているから”

 
です。
 
例えて言うなら、
レストランのメニューはどんどん変わって
新メニューが出ているのに、
いつもお気に入りのスパゲッティだけを
頼み続けているからです。
 
今の現状が満足な方はそれでいいでしょう。
 
現状が満足ということは、

過去のあなたの選択が正しかった

ということを意味します。
 
そして、
その選択が正しかったということは、
判断基準である”あなたの価値観”が
正しかったということを意味します。
 
つまり、今後も自分の価値観を信じ、
自分が正しいと思うものを選択し続ければ
満足な状態が維持されるでしょう。
 
一方で、
 
もし、あなたが今の現状に不満があるなら、
過去のあなたの選択が間違っていた
ということです。
 
それはつまり、
行動を選択した”あなたの価値観”が
狂っていたということです。
 
これは大問題です。
 
自分が正しいと思うものを選択
し続けると、未来も”不満な現状”が
訪れることになるからです。
 
ではどうすればいいか?
 
 
答えは簡単です。
 
今の自分の価値観を疑い、
価値観に合わないこと、
「いいや違う」と思うことを
選択すればよいのです。

 
ただし、無作為に選ぶのではなく、
あなたの理想とする結果を残している人
のアドバイスを素直に聞いて選択しましょう。
 
 
■ 未来のために、新しい原因をつくるーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
いつもと同じ選択をしているから、
いつもと似たような未来がきます。
 
であれば、未来を変えるのは簡単で、
 「未来の新しい結果のために、
 新しい原因をつくっていけばいい」
 
のです。 
 
これは、日常の小さなことから
大きな目標までに当てはまります。
  
私は何かを選択したとき、
「ああ、今、未来がつくられたな」
と思っています。
 
ちょっと簡単な例をあげると、 
 
例えば、ふと、
明日京都に旅行に行きたいな、
と思ったとします。 
 
何もしなければ「明日」になっても
京都にいることはないでしょう。
 
しかし、京都に旅行に行くために
ホテルを予約して新幹線のチケットを
予約したらどうでしょうか?
 
おそらく、「明日」になると京都にいるでしょう。
当たり前だ!と思うかもしれません。
 
しかし「明日」京都にいるという未来は、
今日ホテルとチケットの予約をするという
行動によって【つくられる】のです。
 
なので、私は旅行の計画を立てるとき、
単に計画を立てているという意識ではなく、

「よし、未来をつくるぞ!」という感覚で
準備や計画を立てて実行していきます。
 
そして、実際に旅行先で思うのです。
 
「ああ、また思った方向に未来をつくれたな。」と。
  
この人は何を大げさに言っているんだ、
と思う方が大半だと思います。
 
しかし、この感覚が私の日常であり、
大きな目標を達成していくうえでも全く変わらない感覚です。
 
トレードで勝っている未来をイメージし、
その「原因」となる行動は何かを考え、実際に選択しましょう。  
 
すると、必然として
新しいトレード結果を「つくる」ことができます。
  
私には【つくりたい明確な未来】があります。
 
そのために、今日もまた「新しい原因」をつくっていきます。
 
私のブログを読んでいる人には
日中お仕事をしている方が多く
忙しいとは思いますが、
 
忙しい忙しいと言っていたのが
今までの自分なら、
 
ここはあえて、
1時間むりやり仕事を抜け出し
時間をとって今年を振り返ってみては
どうでしょうか。
 
今のあなたの常識では非常識だ!
と思える行動こそが、
来年のあなたを今と違った状態に
導いてくれます。  
 
GOOD TRADE!!
 

 
Mr.K

<編集部のおすすめ>
どれだけ勉強しても
銘柄選びを間違ってしまっては
なかなか利益は伸びないでしょう。

大きな損失を出す前に、
一度銘柄選びのプロから
アドバイスを受けてみませんか?

詳細はこちら


あなたのゴールは何ですか?

2018.05.15
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。
 
今日は、論理的目標と情緒的目標
という話をします。
 
トレードで勝ち残るために
実はもっとも重要な考え方かもしれません。

 
このメルマガが公開されるとき、
私のトライアスロン挑戦は
終わっているはずです。
 
こういう挑戦が人生を動かすと思っています。
 
自分の枠を外すって
とても大切なことです。
 
あなた自身の可能性は、
本来誰にもわからないほど
大きなはずですが、
 
いい歳になってくると
自分の可能性を自分で狭める、
そんな時期が来るものです。
 
幼稚園のときは、
「小学生になったら◯◯したい」
と思いますし、
 
小学生のときは、
「大人になったら◯◯になりたい」
と誰でも考えます。 
 
この思考の本質には、
現時点の自分は成長の過程で
未来にはもっと遠くに行ける、
という願望があると思います。
 
しかし、社会人になったり
家族を持ったりすると、
「今」の状態を「自分」と
決めつける人が多くなっていきます。

ですが今のあなたも、
あなたの人生の中の「まだ途中」に過ぎません。

 
未来の可能性を語らない人は、
私はカッコいいとは思えません。
 
どんなに出世していても、
どんなに財力があっても、
どんな偉業を成し遂げたとしても、
 
その結果として、
その後の未来に期待できなくなったなら、
その後の人生はつまらないだろうと
正直、思ってしまいます。
 
人間は、もともと何もできません。
 
生まれた瞬間、何かができる人は
皆無と言っていいでしょう。
 
しかし、これからできるようになる
可能性に満ちあふれているから、
今何もできなくても誰も悲観しませんし、

まして、本人(赤ちゃん)は、 
自分には何ができるか?という
思考自体を持っていません。
 
赤ちゃんは、
何ができるかを考えているのではなく、
何をしたいのかを考えて行動します。
だから、可能性が無限になる。

 
赤ちゃんに可能性があるという意味ではなく、
何をしたいかのみを考えて
何にでも挑戦する姿勢そのものに、
無限の可能性があるのではないでしょうか。
 
あなたは、何がしたいですか?
何を見てみたいですか?
何を感じてみたいですか?
 
欲求に蓋をすると、
動く理由が消滅してしまいます。
 
一応、断っておきますが、
欲求と欲望は違うと思っておりまして、
欲望は誰かの犠牲の上に成り立つ独占欲で
欲求は、否定しようがなく純粋な欲です。
 
欲求は成長にとって不可欠です。
 
先程の赤ちゃんの例を
思い出せばそれがわかります。
 
赤ちゃんが現状に満足したら
もう絶望的ですね。
歩こうとすらしないわけですから・・・
 
今歩けるか?ではなく、
歩けるようになりたいか?
 
本心からあなたが何をしたいか?
それが、【情緒的目標】をつくります。

 
トライアスロンを完走したい!
というのは、情緒的目標です。
 
今の私がトライアスロンを完走する
論理的な理由など存在しません。
 
一人では絶対にこのタイミングで
トライアスロンなんて挑戦しませんし、
リスクを考えれば賢い選択と言えるかも怪しいです。
 
しかし、やってみたい。
 
仲良くしている社長に誘われ、
その場の感情として、
「ああ、みんなで挑戦して完走したら・・・
 最高だろうなぁ!」
 
と思ったので、
「いいですね!参加します!」
となりました。
 
できるかどうかなんて
ほとんど考えていません。
競技の内容すら知らなかったわけです。
 
その後、トライアスロンに参加する
と会う人会う人に話してきましたが、
 
「やめときなよ、危ないじゃん」
「トライアスロンで死んだ人いるみたいよ」
「そんな暇よくあるね」
 
みたいな、否定をしてくる人、
たっくさんいます。(いました)
 
はっきり言って、大きなお世話です。
 
論理的に考えて戦略的にやっているんじゃなく、
情緒的に「やりたい!」で動いているので。
 
「やりたい!」は大切にすべき感情です。
 
その感情を打ち消すアドバイスをするなら、
完走に役立つアドバイスがほしい。
 
しかし、悲しいかな。
大人って挑戦しないことに慣れてしまい、
自分の内なる声を他人にも言ってしまうんですね。
 
大人ぶっている人はいつも
論理的に考えて「挑戦すべきか」を
判断の基準にしています。
 
色々考えて、いろんなことを考えて、
「挑戦する理由」を探します。
何のためでしょうか・・・
 
あとで周りの人から、
「あいつバカだよね、あんなことして」
って言われたとき説明するためですね。
 
または、自分自身に弁解するためでしょう。
私は、そんな生き方だけは
死んでも絶対にしたくないと思っています。
 
自分の可能性を自分で信じれなければ、
いったいどこの誰が自分を信じるのか?

 
否定してくる人、
馬鹿にしてくる人、
放っておけばいいんです。
 
なぜって、自分の感情に
「かしこい」理由でフタをする、
つまらない習慣の人だからです。
 
そういうことを言ってくる人は
放っておきましょう。
 
何かに挑戦しようとしている人がいて、
自分が失敗した立場だったとしても、
 
「俺は◯◯でやって失敗した。
しかし、あなたはできると思うから、
俺の分まで成功してほしい」
くらい言える人でありたいです。

アドバイスを聞くときは、
アドバイスしている人がどんな人か
しっかりと見定めなくてはなりません。

どんなときも、いくつになっても
あなたの人生の主人公はあなたです。
 
かなり長くなってしまいましたが、
結局何が言いたいかというと、
 
あなたは何がしたくてトレードしていますか? 
ということです。
 
必要だから、ではなく、
心の声に耳を傾けて、
自分の欲求に向かう手段として
挑戦することをオススメします。
 
そうすることで、
継続力も、忍耐力も、
目先の利益に踊らされない賢さも
自然と生まれてきます。
 
人間なんだから、いくつになっても
感情を理由に挑戦していきたい。
 
感情を抑え込まない
CLEAR TRADEの投資理念の根幹です。
  
GOOD TRADE!!
 
Mr.K

<編集部のおすすめ>
投資をする全ての人が、どれだけ勉強しても
必ず負ける時が訪れます。

この講座では大きな損失をする前に、
あらかじめ知っておいてほしいスキルです。

損失を最小限に抑え、
収益チャンスでしっかりと収益を
増やすことができる「正しい負け方」とは?

詳細はこちら


【新事実】あなたが薄利のままの理由

2018.05.08
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、
 
おはようございます。Mr.Kです。
 
私事ですが、
今週はハワイのトライアスロンに
人生初参加をしてきます!
 
オリンピック・ディスタンス
という、ハーフトライアスロンですが、
 
海を1500メートル泳ぎ
自転車で40キロメートル走り
最後にラン10キロ。
 
考えただけでフラフラしますが、
 
お世話になっている社長に誘われて、
YESかハイで参加となりました(笑
 
また報告しますね。
 
こういうチャレンジができるようになったのは、投資のお陰でもあります。
 
さて、
 
今回は、前回のブログに
いただいた質問コメントが
素晴らしかったので、
 
その解説に補足をつけて
お届けします!
 
かなり多くの人が
「ハッ!」とする内容に
なっているはずです。
 
ーーーーーーーーーー
こんな悩みを持っていませんか?
ーーーーーーーーーー
・いつも損大利小になる
・大きな上昇相場を取れたことがない
・20%を超える含み損の塩漬けの経験はあるが、20%を超える含み益の経験はない

 
そんなあなたの悩みを
解決する内容になっています。
 
↓↓↓↓↓
 
前回のブログでは、順張りでエントリーするとき、
 
「早く」エントリーしよう
「安く」買おう
と「しない」ほうがいい
 
ということを書きました。
 
(前回のブログを読んでいない方はこちら)
 
すると、そのブログに対して、
 
>>順張りでは早く入った方が、遅く入るより安く買えるので良いのではないでしょうか
 
というご質問をいただいのです。
 
きっと多くの方も同じように感じられたのではないでしょうか。
 
もっともで素晴らしい疑問ですね。
(ありがとうございます!)
 
この質問に対しての回答を書きます。
 
=========
 
わかりやすく考えるためには、
ずっと上がっていく銘柄をイメージしてください。
 
多くの人が、ずっと果てしなく上昇していく銘柄に
買いで乗りたいと思っているはずです。
 
仮に、結果論として3ヶ月上昇し続けた、としましょうか。
 
では、その銘柄に2ヶ月前に気づけて
買えていれば、莫大な利益になりますよね?
 
では、その「買うべきタイミング」では、その銘柄はどんな形に見えますか?
 
・・・
 
一ヶ月上昇し続けた形、ですよね。
 
結果論から言えば、「その時」に買って、
それから2カ月間の上昇を楽しめればいいわけですが、
 
まあ、「その時」には未来はわからないので、多くの人は買えないわけです。
 
でも、ごく少ない人数の賢い投資家は、「その時」に買っているんです。
 
もしも大きく上昇し続ける銘柄に乗りたい!ということであれば、
 
あなたも、「その時」に買わなければなりませんね。
 
では、どういう思考回路と判断ができればいいかと言えば、
 
 
STEP1「1ヶ月間上昇し続けているから、一ヶ月間の最高値だ」
 ↓
STEP2「でも、今後もこの銘柄が上昇していくなら、今は安値だ」
 ↓
STEP3「だったら、買いで乗るべきだ」

 
 
という風に考えなければいけないのがわかりますか?
 
そうです。
 
ずっと上昇していった銘柄というのは、

過去のどの時点を取って見ても

常に、最高値なんです。

 
でも、それは、
 
「過去からみた最高値」
 
であって、
 
「未来からみたら最安値」
 
なんですね。
 
 
こういう銘柄に、逆張りで入ると塩漬けができます。
 
「こんなに上がってきて、今、(過去から見て)最高値だから、そろそろ下がるだろう」
 
と考えて空売りした場合ですね。
 
そうすると、あっと言う間に塩漬けになります。
 
 
つまり、本物のトレンド相場というのは、
 
押し目なんかないんです。

 
常に「今」が一番安い。
過去に遡ることはできないわけですから、
今がそれこそ一番「早い」わけです。
 
でも、そのあとずっと上がっていくとしても、
それまでにずっと上がってきていれば、
「今はもう遅い」としか感じられないのです。
 
 
人生と同じです。
 
 
いつだって「今」が一番早いのに、
もう◯◯歳だし、今から動き出しても「もう遅い」

と思って行動しない。
 
結果、機会(利益)を取り逃します。
 
ですから、
 
いいんです、順張りに遅いということはありません。
 
入ってみて伸びなければエグジットする、くらいでちょうどいい。

 
本当に人生と同じですね。
 
やってみてダメなら、コストが小さいうちにやめればいい。
 
やってみる前に、できるかな?できないかな?
なんて考えていても何も起きません。
 
伸びているんだから、逆行する可能性はそれほど高くない、と思えばいいのです。
 
ただ、勿論、今回の話は仕手株には当てはまりませんよ! 
 
仕手株はそもそも、長期間上昇し続けないですからね。
 
 
今回のブログで、腑に落ちない人が、
もしかしたらいるかもしれませんが、

その場合は、デモトレードでもいいので、とにかく、やってみてください。
 
言っている真意が伝わることと思います。
 
素晴らしい質問をありがとうございました。
 
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K

<編集部のおすすめ>
よく言われる安定的なトレードとは
真逆なのになぜか利益が残る秘密…

勝ち方ではなく
正しい負け方がポイントです。

成果主義の組織で洗練された
「正真正銘のプロのノウハウ」を
具体的に知ることができます。

詳細はこちら


早すぎるより遅いが吉

2018.05.01
koushi_mrk01

From:Mr.K

都内のプライベートオフィスより、、、

 
おはようございます。Mr.Kです。
 
ゴールデン・ウィークですが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか。
 
私は、5月下旬の
ブートキャンプDAY2に向けて
資料づくりに缶詰になっております。
 
非常にやる気に燃えております!
 
というのも、
現在開催中のブートキャンプに
ご参加いただいた皆さんから
とても熱いメッセージをいただいたからです。
 
やはり、トレードは夢を叶える手段ですね。
 
単にお金を稼ぎたい、という思いより、
「◯◯のためにトレードをします!」
「トレードで勝てるようになって◯◯をしたいんです!」

 
という内に秘める思いを聞くと、
トレード技術の伝授を預かる身として
心の底から力が沸いてきます!
 
この思い絶対叶えさせたい!
と熱くなっております。
 
一昨日は、
東京ブートキャンプDAY1で、
福岡・名古屋に続き、
8時間という長時間のセミナーで
まさに「合宿」でした!
 
オンライン参加を含め、
60人超の方が参加してくださり、
非常に熱い時間となりました。
 
感動の声をメッセージでいただくたびに
より良い内容にしようと燃えます。
 
ご参加いただいた皆さん
感動を伝えてくださった皆さん
ありがとうございました。
 
さて、本題に入ります。
 
前回、前々回に引き続き、
【Mr.K流トレードの成功哲学】です。
 
3つ目のトレード成功哲学は、
『早すぎるより遅いが吉』です。
 
============
 
トレード成功のヒントは、
基本的に負けトレードの中に
隠されていると思います。
 
なぜかと言えば、
トレードでは、
負けないことが勝ちだからです。
 
負けたということは、
反対のポジションを持っていれば
勝てたということだからです。
 
そういう風に言うと、
 
“そりゃそうだけど、
買おうと思うときに売ったり、
売ろうろ思うときに買っても、
結局うまく行かないんだよ…”

 
という人がいます。
 
その通りですね。
 
単純にエントリーだけ逆にしても
結局は勝てません。
それは、私も実践済みです。
 
でも、それは、
エントリーだけ逆にしているからです。
 
エグジットも逆にすれば勝てます。
 
負けるパターンというのは、
以下の2つがあると思います。
 
最初は少し含み益で
利益を伸ばそうと思ったら逆行し
途中から含み損になって損切り

というパターンか、
 
最初から含み損で、
ゼロになるのを待っていたら、
だんだん含み損が広がって、
ついに耐えきれず損切り

 
というパターンですね。
 
あなたは、
どちらのパターンが多いでしょうか?
 
前者は、
エントリーが遅すぎるときに
起きやすく、
 
後者は、
エントリーが早すぎるときに
起きやすいです。
 
エントリーが遅すぎると
最初は少しだけ含み益に
なる期間があるのですが、
 
なかなか利益が伸びないな・・・
と思って長く持っていると
あるときいきなり含み損になります。
 
そこで損切りしないと
高値掴みのようになり、塩漬けに。
 
一方で、
 
エントリーが早すぎると、
逆張りエントリーになるので、
最初から含み損になり、
 
まあ、大丈夫だろうと思っていると
含み損が膨らみ、ナンピンしても止まらず、
さらに含み損が増えていく。
 
いかがでしょうか?
 
エントリーというのは、
早すぎても、遅すぎても
いい結果にはなりません。

 
しかし、どちらがより最悪か?
と考えてみると、
 
それは、
「早すぎるエントリー」です。
 
なぜなら、
遅すぎても塩漬けにはなりにくいが、
早すぎると塩漬けになり得るからです。
 
しかし、より重要なことは、
 
早すぎて塩漬けになるということは、
その時に逆にエントリーしていれば
利益漬けを作れる可能性がある

 
ということです。
 
早すぎるエントリーというのは、
 
「これだけ下落したから、
 もうそろそろ上昇反発するだろう…」
 
というような憶測で行動したときに
起こりやすいです。
 
実際に上昇反発するのは、
まだまだずっと先だった、
というパターンですね。
 
で、そういうときというのは、
 
「もうこれだけ下落したから
 今から下落で入るのは遅いだろう。
 
 あーあ、下落を取り逃したな。。。
 よし、じゃあ上昇で取り返してやろう!」
 
というような思考回路
なのではないでしょうか?
 
だとしたら、
あなたが大きな利益を伸ばす機会は、
「もう遅いな」
と思うときにこそ隠れている!
ということになりませんか?
 
もちろん、遅すぎたらそれはダメです。
 
しかし、
 
「もう遅いな」と思うくらいが
ちょうどいい、ということです。
 
もう遅いな、で順張りエントリーし
あとは、含み損になるまで
長期間放っておけば、
爆益のできあがりです(利益漬け)
 
  
ちょっと遠回りした説明に
なってしまったかもしれませんが、
 
以上の論理から、
 
「早すぎるなら遅いが吉」
 
と言えるわけです。
 
このマインドで
ぜひ、チャートを見てみてください。
 
これまで取れなかった
大きな利益機会に乗ることが
できるようになっているはずです。
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K

<編集部のおすすめ>
4月もたくんさんの急騰株がありました。
みなさん、きちんと利益にできましたか?

乗り遅れた…という方は、
この急騰株の基本パターンを学び
今月こそはモノにしていきましょう!

http://japan-i-school.jp/jim/seminar_180512/


高値で買え!?

2018.04.24
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

日経平均株価が22,000円を抜けた
ということですが、

依然として伸び悩んでいますね。

前々回のブログでも書きましたが、

トレンドフォロー(順張り)戦略は、
レンジ相場が大敵
となりますので、

レンジを抜けたかどうかの判定は
非常に慎重に行わなければなりません。

レンジを抜けたと思ったのに
実際はレンジを抜けていなかった場合、

当たり前ですが、最悪の場所で
ポジションを持つことになるからです。

レンジを上抜けしたと思って買って、
もしもまだレンジが続いていたら、
ここが上限ということになりますね。

それは最悪なわけです。

一方で、本当にレンジを抜けたなら
もちろん絶好の買いポイントです。

さて、どっちか、、、

こういうわからないときは、
休むに尽きます。

私のコミュニティメンバーには、
1ヶ月前から、

「日経平均株価と似た形の銘柄はやるな」
とお伝えしています。

さて、そんなことにも関連している
本日の本題ですが、、、

============

前回に引き続き、
【Mr.K流トレードの成功哲学】です。

2つ目のトレード成功哲学は、

『高値で買って安値で売る』です。
(1つ目は前回のブログを参照)

書き間違いではありませんよ。

「高値で買って、安値で売る」です。

世の中では、どうやら、

株は安値で買って高値で売る、
と言われているようです。

数十回セミナーをやってきて、
セミナーのたびに聞いてきましたが
どうやらそう教えられているようです。

うーん、、、

180度とまではいかないまでも、
どちらかというと逆だと、私は思うのです。

安いということは、
売られたということでしょう。

ならば、もっと下がるのではないでしょうか?

高いということは、
資金が集まってきたということでしょう。

ならば、少なくとも

下がる可能性より上げる可能性の方が
高いのではないでしょうか?

ここで、

「いやいやいや、高値掴みをさせられて
塩漬けができているんです!」

と言う人が出てくると思います。

なので、一応、前提条件をつけておきますと、

「安値で買うより、高値で買った方が
塩漬けはできにくい」

という比較論の話です。

必ずしも、高値で買えば大丈夫!
みたいな議論をしていませんので
ご注意ください。

そうすると、やはり

高値で買って安値で売るという意識の方が
成功確率が高いと思います。

どういうことかといいますと、

安値や高値を何と比較するか?
ということなんです。

過去1年間のチャートを見て、

「今は、過去1年間の安値圏にいる」

というのは、

あくまで、
過去と比較して安い
ということですよね?

でも、一度でいいので
冷静に考えてみてほしいのです。

もしも、未来がわかっていたとして
エントリーするとき、

あなたが本当に取ってみたい、
長い長い上昇や、
深い深い下落の始まりというのは、
「過去から見た安値(高値)」でしょうか?

・・・

どうですか?

どちらかと言えば、

エントリーするその時は、
過去から見て「高値」で、
その後、高値をぐんぐん更新して
大きな上昇を描く、、、

のではないでしょうか。

エントリーするときに安値で、
エグジットするときに高値のチャートって
本当にそんなにありますか?

、、、

そうなんです。

安値で買って高値で売りたいと
思っているあなた、

あなたが探すべきは、
「未来から見て安い銘柄」
であって、

過去から見て安い銘柄の中をどれだ探しても、
あなたの探しているものは、
実際にはほぼ存在しません。

存在しないものを探しているのですから、
見つからなくて当然です。

そもそも、
高値を付けている銘柄の中にしか
高値をぐんぐん更新していく銘柄は
存在しないのです。

下落も同じで、

安値を更新していく銘柄は、
その瞬間瞬間で、常に「安値」ですね。

それはそうです。

・・・

しかし、わかります。

頭で理解しても、やるのは怖いですね。

なぜか、わかりますか?

それは、プロスペクト理論として
証明されている人間の心理の動きが原因です。

人間は、目標が見えないと
行動を起こす気が起きないのです。

高値を更新している銘柄は、
いったいどこまで更新するのか
一見、わかりません。

でも、

安値をつけている銘柄は、
「戻る値段」という意味で、
上昇目標(多くの場合妄想ですが)の
価格が見えますよね。

だから、人は安値で買いたくなります。

すぐ近くに目標がある方が
人は行動に移しやすいのです。

下落の場合も、上下が逆なだけで
大きくはまったく同じ心理です。

・・・

というわけで、

新たな格言を提示しておきますと、

「高値で買って、もっと高値で売る。
安値で売って、もっと安値で買う。」

ということです。

この発想を持つだけで、
結構、実績は改善します。

ぜひ、やってみてください。

GOOD TRADE!!

Mr.K

<編集部のおすすめ>
もう見ましたか??

FX業界の異端児が発見した
初心者でもわかるFX成功する人と
失敗する人の違いとは…??

http://japan-i-school.jp/jim/akita_180511/


圧倒的有利な投資法

2018.04.17
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

先週の日曜日は、名古屋で
ブートキャンプDAY1を開催してきました。

京都からいらした方(Tさん)が
八つ橋をお土産でくださったので、
食べながらこのブログを書いています。

福岡のときの4倍近い人数でしたので
時間が伸びてしまいましたが、

アンケートを拝見する限り
「大変満足」にチェックをしていただいている方が
非常に多く、とても嬉しかったです。

トレードそのものは機械的なビジネスですが、
こうして仲間と出会う機会と捉えると
私にとってはとても楽しいものです。

最近いつもコメントをしてくれる
藤井さん(イケメン好青年でした)にお会い出来たのも
とても嬉しかったです!

ご参加頂いた皆さん、
長時間集中して取り組んでくださって
ありがとうございました!

再来週はいよいよ東京です。

人数が最大ですので、少し資料を修正して
万全の体制で私も望みます。

さて、本題に入ります。

今日のテーマは
【Mr.K流トレードの成功哲学】です。

最近、チャートが面白くて仕方ありません。

思えば4年前は、
まったく訳の分からなかったチャートが、

今はこんなにもストーリーを持って感じられ、
値動きに対しても論理的な説明ができます。

約定ルールから逆算すると、
人間の行動心理がそのまま値動きに表れている
ということは手に取るようにわかりますし、

自信のあるポイントでは9割以上の確率で
思った通りにチャートが動くようになりました。

利用方法が解明されていないとされる
プロスペクト理論も使い方がわかってきたし、

ランダムウォーク理論も、その意味が
だいぶしっくりと腑に落ちてきました。

こうなると、本当の意味で
戦略を立てる楽しさが出てきます。

相手の動きが読めるから、
複数の戦略を「考える」ことが出来ます。
(悩む、ではなく)

この境地に達したのは本当に
つい半年前くらいのことです。

人工知能を開発したのがきっかけだったと思います。

最初はまったくの素人から始めて、
負けまくり、悔しい思いをした時期から
今、ここまで来た身としては、

トレードには成功哲学があると思います。

今回から1つずつ書いていくつもりです。

1つ目のトレード成功哲学は、

『消極投資は積極投資に勝る』です。

思うに、トレードで意識するべきは、
利益ではなくリスクの方だと思います。

少し語弊があるかもしれませんが、
積極投資より消極投資のほうが
圧倒的に有利であるということです。

ハイリスク・スーパーハイリターンより、
ローリスク・ミドルリターンの戦略の方が、
結果的には高利益になる、とも言いかえられます。

消極的な方が、トータル利益が増えるなんて、
意味がわからないと感じる人が多いかもしれません。

でも、論理的にも事実です。

大元をたどれば、それは、
プラスは無限に取ることができるが、
マイナスは取れる限度がある、

という原理からきます。

積極投資というのは、
1回の勝負で取るリスクが高い投資です。

例えば、一回でマイナス10%となるリスクを取って
プラス20%を狙いに行くのが積極投資とすると、

一回でマイナス1%となるリスクに抑えて
プラス2%を小さく狙いに行くのが消極投資です。

一見、積極投資の方が、利益が伸びそうな
感覚になるかもしれませんが、

勝率が70%くらいで止まることを考えると、
何十回、何百回とトレードするうちには、
すごく運の悪いときが1回は来る可能性が高いのです。

そうすると、積極投資の人は
このたった1回の運が悪いときに
それまでの利益が全部吹き飛び退場になります。

しかし、消極投資では、積極投資に比べて
退場するほどにマイナスになるには
相当数の連敗を繰り返す天文学的な運の悪さが
必要になりますから、ほぼ退場がなくなる。

でも、リスクを抑えると利益も小さくなる。
そんな気がすると思うのですが、
実はそうではないんです。

例えば、10連敗する確率が1%だとしましょう。

そのとき、勝率が50%以上あると、
10連勝する確率は1%よりも高くなりますが、
話を簡単にするために、同じ1%としましょうか。

積極投資をすると、10連敗で退場で終わりですが、
消極投資だと、10連敗でも余裕で生き残れます。

積極投資の人は、1%の10連敗のリスクをとって、
1%の10連勝以上のリターンを狙うわけですから、

10連勝が先に起こればラッキー
10連敗が先に起こればアンラッキーなわけです。

でも、消極投資の人は、

100連敗のリスクを取って、
100連勝以上の利益を狙うことになるわけです。

そうすると、まず、消極投資の人のほうが
長く続けることができます。

長く続けることができると、
10連勝より先に10連敗が起きたとしても、

11連勝の方が11連敗よりも早く起きる可能性に
再挑戦することができ、

11連勝より先に11連敗が起きたとしても、
12連勝の方が12連敗よりも早く起きる可能性に
再挑戦することが出来…

99連勝より先に99連敗が起きたとしても、
100連勝の方が100連敗よりも早く起きる可能性に
再挑戦することができる

となり、
トータルで勝ち逃げできる可能性が
格段に大きくなることがひとつ。

それだけではないのです。

勝率は50%以上の手法で期待値がプラスの手法ですから、

回数が多ければ多いほど、
プラスとマイナス両方に複利がかかりますが、

プラスにかかる複利の方がどんどん大きくなっていく
という現象が起きます。

これが2つ目の効果です。

そして、3つ目は少し定性的要素が入りますが、

相場とは大きく見れば見るほど、
レンジ相場としての性質が強くなります。

ということは、
連勝(連敗)の許容度を
広く取れば取るほど、

結局プラスになる確率は比例以上に
急上昇していくことになります。

以上3点の理由で、
消極投資が積極投資に勝る
と私は思っています。

これは、実際のトレードに置き換えると
分散エントリー・分散エグジット
ということになります。

ブートキャンプにご参加の皆さんは、
DAY2でこのあたりの具体的手法まで
解説していきます。

どうぞご期待ください!

それでは今日はこの辺で。
コメントお待ちしています!

GOOD TRADE!!

Mr.K

<編集のオススメ>
今別のスクールに通っているけど、
いまいち結果が出ない…でも長期的に
通えばいつか勝てる。

本当にそれで満足ですか?

わずか3か月で安定的に勝てる手法が
あるとすれば、

あなたは大切な時間を、
スクールに通う時間に使うか、
資金を増やすことに使うか、

どちらを選びますか?

http://japan-i-school.jp/jim/kujira-180428/