カテゴリー別アーカイブ: ウルフ村田

初動に迷わずINするために

2017.01.14
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

最近、新しくPCを買い替えました。
トレードはスピードが命っていうことと、
気持ち的な所から1番新しいモデルにです。

また、更に嬉しかったのが、
11月に大阪のスクールに入校された方から、
私に倣ってトレードの利益で
20数万円のPCを買いました!って報告が来ました。

こういう報告を聞くと本当に嬉しいし、
自然とパワーが湧いて来ます^_^

その方、昨年から株を始めて
スクールでも日が浅いのにもう成果が出てたとか。

その要因って何だろう?と考えてみると、、、
素直さと「適度に」考えないとことだと思いました。

株に限らず、
物事の上達に素直さが大切なのは
言うまでもありません。

資金の限られた個人投資家もいるので、
私はそういった方には、
「初動だけエントリーして」いえ、
「初動以外はやらないで!!」と強く言います。

これを素直に聞いてトレードされている方が
早く成果が上がっている事実があります。

一方で、この「適度に」考えないということですが、
なにも銘柄の盲信や飛びつき買いを推奨している訳ではありません。

初動が目の前にある時に、
考えて考えて考えてから入る方は、
いつも遅れて利も取れないのが常ですが、

初動に迷わずインするために
日々考えて検証することは必須です。

特に初動でなかったとしても
過去の銘柄のチャートを見て、

どこで下げ止まっているかを確認する。
それが大事なんですね。

一度大きく株価が上がった銘柄って、
半分くらい下落してから止まっていることが実は多いんです。

そして、そういう銘柄は再び上がってきたところで値幅が大きく取れるので、

下げ止まった所から上がり始めたら、
迷わずINしていけば利幅が狙えます。
その時は検証が出来ているので、余計なことを考える必要はありません。

ですが、それも日々検証をしていないと
動き始めたタイミングで素早くエントリーできません。

大相場というのは次々やってくるので、
焦らない事がまず第一ですが、

「慎重」という名の勉強不足にならないよう、
検証は常に重ねて下さいね。

ちなみに、私が初動の見極めで大切にしているのは、
「これ以上下がらないな」というラインを見定めて、確信を持つことです。

ぜひ、その視点でチャートを見てください♪

ウルフ村田

<編集部のおすすめ>
相場の世界には、一筋縄ではいかない、
理論だけでは導き出せない裏側の世界があります。

では、相場の裏側には、何があるのか?

本日ご紹介するセミナーではその、
一般の個人投資家が絶対に知り得ない
相場の隠された動きが語られます。
http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170119/


テーマ株の思わぬ罠

2017.01.07
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪へ向かう新幹線の中より、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

2017年初めての記事ですねo(^-^)o

大発会からの相場は
多くの個別銘柄がぶっ飛んでて
幸先の良いスタートですが、

かといって、昨日とかにエントリーしちゃうと
ズコッと下がってしまって、、、
という方もいらっしゃるかもしれません。

2017年、皆さんがトレードで
成功していただくために、

AIとかVRを中心に
ポテンシャルの高いテーマ株が出てきましたので、
今日はそのような銘柄の売買について解説していきたいと思います。

ひとえに
「相場が良い」とか「このテーマ株が良い」といっても
個別銘柄によってその様相は大きく異なります。

例えば、同じAI関連でも、
企業がただそのカテゴリーに属すだけではなく
現在進行形で事業として成り立っている

= 実体があるかどうかで、
その後の継続的な上昇が変わってきます。

実体がないと、
一時的に値上がりしても
市場が「これ、本物かな~?」という見方をして
資金が引いてしまうことがあるんですね。

また、今度は実態があって
ファンダも良いのに上値が重い銘柄もあります。

しかし、そういった銘柄をよーく見てみると
チャートに規則性を見つけることが出来ます。

例えば、1回株価が上がっては横ばい、
また上がったかと思ったら横ばい、なんてパターン。

数週間下がっては吹き上がり、
また数週間下がっては吹き上がりといった銘柄も有ります。

このように、小型株・大型株に限らず
チャートに規則性が見られる銘柄は多々有りますので、

その規則性とご自身のトレードの相性が合うと、
面白いように利益が出るようになります。

逆に言うと、
ひとそれぞれ相性が良い銘柄がありますので、

ご自身の目でチャートを見て、
手に負えそうか?判断して、
手に負えそうでなければ、無理に売買しないことです。

何より確信が持てる銘柄。
これが大切です。

年初3日間ですでに色々な銘柄が値上がりしましたが、
全部トレードする必要はなく、

じっくり見極めをしていただければと思います。

あ、ただ、銘柄は横目で見ていないと気付かないので、
売買しなくても監視は続けて下さいね。

それでは(^^

ウルフ村田

<編集部のおすすめ>
「オーバーシュートした銘柄は必ず下がる」
のが相場の原理原則ですが、

そんな急落さえ収益チャンスに
変えてしまうスキルを
徹底的にお教えします。

詳細はこちらで紹介しておりますので
ぜひご覧になってください。

http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170120/


次の【大相場】を掴み取るために

2016.12.31
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪からの新幹線の車中より、、、
 
 
ウルフ村田です。
昨日は大納会でしたね。

皆さんも1年間、トレードお疲れ様でした。

私はギリギリまで相場を張って、
終わってからは大坂の生徒さんたちへ
株の補講をしていました。

年末なので
皆さんお忙しいかな〜?
と思っていましたが、

想像以上に多くの方にご参加いただき、
来年に向けて良い準備が出来たと思います(^-^)

年末年始は市場から資金も抜けがちですし、
ドッと大相場が来る時期でもないので、

1年の振り返りや勉強には
ぴったりな時期だと思います。

この振り返りや勉強が
言うまでもなく大切で、

相場が良くない時=あまり動かない時に
ボーッとしているのではなく
しっかり観察することを続けて初めて、
次の大相場の初動に入ることが出来ます。

観察というのは、
今の相場を見るのも良いですし、
過去チャートを眺めるのも良いでしょう。

上昇する銘柄はチャートの特徴や
パターンをつかめば、すぐに見抜くことができます。

特に、株価が数倍~10倍以上に急騰するような銘柄の「初動」は、
相場に動きが無い時にこそ発生します。

だからこそ、
お仕事をしながらという方も
実際にトレードはしなくても、

相場を常に見て「初動」の発生に
気付けるようになって頂きたいなと思います。

「初動」の特徴を知って、情報収集を欠かさずしていれば、
必ず株価が安い良い位置でエントリー出来ます。

初動で入れるメリットって、
利益が大きくなるだけでなく、
万が一暴落した際のリスクも小さくなるんですよね。

特に、億トレと呼ばれるくらい
大きく稼いでいる方ほどやっぱり勉強家ですし、
初動を大切にされています。

個人投資家でも勉強を重ねれば
それは十分可能なことなので、

今はこれまでの振り返りをしながら
2017年もはりきっていきましょう(^^♪
 
 
ウルフ村田
 
 
<編集部のオススメ>
トランプラリーで好調だった日経平均株価。
ですが、上がった株価は必ず下がります。

その時、「空売り」ができるようになっていれば
株価の下げで利益を出せるメリットがありますが、
実はそれだけではありません・・・

詳しくはこちら


この考え方、忘れていませんか?

2016.12.24
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内の自宅より、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

今日は午後からスクールの授業があり、
ちょうどその準備をしているところです。

昨日もある生徒さんから
今年のお礼と成果報告を頂いて、
本当に嬉しかったですね(^-^

この方もそうでしたが、
2016年の相場も手仕舞いという人も
多くなってきたかと思いますで、

株の技術的な話ではなく
改めて大切な「考え方」の話を
したいと思います。

私がトレードにおいて
一貫して大事にしていることをお伝えしたいのですが、

「勝ち気である」こと。

これは常々忘れないようにしています。

そして、これは私に限らず、
勝っているトレーダーの方は
少なからず持ち合わせている気がします。

以前のスクールにもゲストで来て頂いた
ある億トレーダーの方もまさに
勝ち気で向上心の高い方です。

勝ち気であることのメリットは
何より自分に自信が持てて
どんな時でも心が安定することですが、
株に対する研究心も高めてくれるんですね。

先ほど紹介した億トレの方も、
私が他の人のトレードの話をすると

必ずといっていいくらい
「それ、僕にもできますか?」「資金はいくら必要ですか?」
という質問が返ってくるんです。

もう十分自分のやり方を確立されているのに、
底知れない探求心ですよね。

勝ち気が強い方は
「他の人よりも~」という
負けず嫌いさを持っているものですが、

他の人が良いやり方を発見したら
自分も試して、自分はもっと上手くやってみよう!
という考え方なのだと思います。

その考え方ひとつで、
自然と株を上手くなろうというところに
フォーカスされるようになるので、

余計な思考やノイズも消えていきますし、
もっと株で勝っていきたいという方は、
ぜひ「勝ち気」であってほしいなと思います。

そして、「勝ち気」であるために、
以前もブログで申し上げたのですが、

朝、含み損銘柄の計算をするのは
絶対にやめてください。
 
 
以前はその理由として、

トレード戦略を立てたり、
良い銘柄を探すことに頭が回らなくなるから
とお伝えしました。

朝、一番頭の回転が良いときに
単純に含み損の計算をすることで
マイナスな部分に強くフォーカスしてしまうんですね。

今回の話に照らし合わせると
毎朝含み損の計算をすることで
「勝ち気」を打ち消してしまうんです。

「さぁ、今日も一日頑張ろう!」と
希望とエネルギーに溢れてて、
本来なら未来に向かって前進するはずの朝なのに、

含み損の計算をしていたら
自然とテンションが下がってしまいますよね。

「勝ち気」でいるということは
やはり気持ち的な問題が大きいので、

そういった部分にも注意しながら
来年に向けてトレード戦略を立てていきましょう(^^♪
 
 
ウルフ村田
 
 
<本日のおすすめ>
2016年、教わった人には
必ず結果を出させてきた
「りゅうじじ講師に学ぶ
 勝ち組みトレーダーの条件」

あなたのトレードの悩みに応じて
的確な解決策を提示させていただきます。

ご参加はこちら
http://j-i-s.info/j-i-s/ryujiji_170115/

 ※残り2名


押し目はコレで見分ける

2016.12.17
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内のセミナー会場より、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

今年も残り2週間となり、
JIS読者の皆様もお忙しくされている中かと思います。

私の場合は、
クリスマス・お正月に
浮かれてしまうようなイベントもなく、
幸いにも株に集中できる環境ですので、

年末年始も生徒さんの指導に
充てたいと思っています(^^

相場状況も長期で見れば
上向いているように見えますが、

今はまだ投資資金が少ない方も
いらっしゃいますので、
高値掴みだけは避けてほしいなと、
切に祈っています。泣

さて、そんな
個人投資家がとるべき行動として
よく言われるのが

「上昇中の銘柄の押し目を狙う」

ということですが、
押し目といっても目の前にすると
判断に困ってしまうことも多々あると思います。

押し目なのか?
それとも、単なる下落なのか?

見分けが付いていないのであれば、
強い資金の流入が続いていく銘柄か
判断することをオススメします。

もちろん、一筋縄ではなく
これを判断するためには、
“自分でチャートを目視すること”や、
“情報を得ること”が必要となります。

そもそも、わざわざ押し目を狙うということは、
「絶対的な自信がある」
ということが前提なんですね。

押し目買いする時は、
押し目があるとはっきりした
確信が必要なんです。

そのために、理由は様々ですが、
今この銘柄にどれくらい強い資金が入っているか?
が、重要になるのです。

押し目かどうかわからない状態で
買うことはNGです。

気を付けてくださいね。

少し話が変わりますが、、

最近よく、
「逆指値」に関する話しをよく聞きます。

逆指値はうまくいけば
暴落時のリスクを最小に抑えられるのですが、
気を付けてほしいこともあります。

それは、
「初動なところまで逆指値できってしまわないように
するということ」
です。

その日に切らされない範囲で
逆指値で抑えていくことを考えてください。

逆指値は
特に相場を見る時間があまり無い方で
値動きの大きい銘柄を狙うなら本当に必須です。。

なので、
時間がない方は銘柄を選ぶ際、
東証一部の銘柄を選ぶのも
ありだと思います。

変動率が小さいものが多いので、
「見てない間に…」
なんてことを避けられます。

業績の裏付けのあるジワジワ
上がっていく銘柄は
暴落で一瞬下がっても戻るので
安心してくださいね。

最初の押し目の話にもつながりますが、
これから上がっていくのか?
まだ持っていていいのか?

明確にわからないものは
精神衛生上よろしくないの
でやめておきましょう。。

年末でお忙しい中だとは思いますが、
投資の面だけではなく、
メンタル面のほうも気を付けてくださいね。

投資とメンタルはつながっている
部分がありますので、、、

気持ちも穏やかに、
投資も上手くいくように、
残りわずかの
今年を乗り切っていきましょう(^^♪
 
 
ウルフ村田
 
 
<本日のおすすめ>

株式、先物、為替に関わらず、
すべての相場の動きは、
資金の流れで決まっています。

そんな資金の流れを
裏で操る存在について
あなたも知りたくありませんか?

残り3名となりましたので、
今すぐご確認ください

http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_161224/


【残り3週間】師走相場における傾向と対策

2016.12.10
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内の自宅より、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

年末に向けて皆さんお忙しくなる時期かと思いますが、
相場には「クリスマスまでにひと稼ぎ」という
言葉があるくらいの時期なので、

今年も残りわずか、
駆け抜けていきましょう^^

さて、
年末にむけた相場の展望ですが、
昨日の日経平均はMSQの中、
1年ぶりに一時19000円台を回復しましたね。

12月に入ってからは
少し調整色が強い日も見られるようになりましたが、

東証一部を中心に下値が
堅く切り上がってきているため、
上昇の力はまだまだ強いと見ています。

引き続き上昇が続くと思うので
個別銘柄ではいったん下げた日の
押し目を狙い、入っていくのも
1つの手としてありかもしれません。。

私は強い銘柄
(周りが弱くても逆に上がっていくような銘柄)
だけをやるのが好きなので
調整色が強い日には入るポイントを注視しています。

とはいうものの、、

リスク管理が重要ということを
忘れてはいけません。

調整色が強い時に
わざわざフルポジションで
もっててギャップダウンなんてことは
最悪なので、、

特にそのようなときは
値上がりしきった
空中戦の銘柄は
持っておかないほうが良いです。

重要なポイントなのですが、、

とにかく初動で入れる銘柄を
大事にするということを意識してほしいです!

初動で入れなければ
あきらめてもいいくらい。。

資金が一気に流れ込む銘柄は
高値掴みしても戻るまで時間がかかるので
どれが意志を持って上がる銘柄の初動なのか
しっかり判断していきましょう^^

トランプ氏当選により、
銀行株や証券株は
トランプラディのメイン銘柄として
注目されていますが、、

トランプ氏は
まだ着任していないので、
それ以上に上がる銘柄があれば
そちらを選択してもよいですね。

自分で配当をもらえる
銀行株などを安いところで
拾い、値幅をとるということも
ありだと思います^^

そして、
昨日はMSQを終えましたが、
クリスマス前にかけて
前向きな値段動きが期待できそうですね。

個別銘柄については
11月と同様“広く浅く”
上昇している状況です。
銘柄の乗り換えは
常に意識しながら値幅を取っていきましょう。

少し前のことになりますが、
10月末頃に「ロシア関連は上がりますよ」
私が言ったのを覚えていますか?

去年とは違い
今年はきれいにじわじわ
上がるということはなく、
急激にあがっていく激しい動きをしています^^;

このような上がり方は
癖はあるのですが、
その中でも
“自分の投資スタイル”
に合った銘柄は必ずあるので
焦らずに見極めていきましょう。

”焦らずに初動で入ること”
これを意識していれば年末相場は
大きなチャンスになるはずです(^^)

それでは今日はこの辺で♪

ウルフ村田

<本日のおすすめ>

デイトレはお金と時間のある人
でなければできない・・・

そんな常識を覆す
オンラインプログラムを公開しています。

本当に必要なデイトレの環境づくりは
驚くほどシンプルでした…
詳しくはこちら

http://j-i-s.info/j-i-s/day_master_on/
※30日間返金保証付き