カテゴリー別アーカイブ: ウルフ村田

情報をフルに活用するために。

2017.09.16
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内の自宅にて、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

週末。人によっては
もう何度もお聞きいただいている内容化と思いますが、

【週次値上がり率ランキング】は
必ずチェックしておいてください。

その目的ですが、、、

その1週間で上がった銘柄を把握し、
大きく始まりつつあるテーマを
掴むためです。

常に情報というものは
全体像を捉えることが非常に重要です。

私のスクールの生徒さんのなかには
私が発信する情報があまりに多すぎて

どれが重要な情報なのか分からない、と
おっしゃる方もいらっしゃいます。

しかし、私が発信する情報において
重要でないものなどありません。

100%吸収できなくとも
その情報の輪郭だけでもさらって
自分のものにしていく。

この積み重ねが
含み損に悩まされるか、そうでないかの差の
ひとつではないでしょうか。

また、週次値上がりランキングを
チェックする際には
テーマを掴むだけだけでなく、

なぜ、その銘柄が上がったのか
という理由を分析する視点を持つことが
非常に重要です。

情報をそのまま鵜呑みにしていては
いつまでも勝てるトレーダーの
考え方や頭のキレは手に入りません。

情報を吸収する前に
一度立ち止まって考えてみる、
ということは株に限らず
重要だといえると思います。

ちなみに、
週次値上がり率ランキングのなかでも
私は四季報オンラインの
前週比値上がり率ランキングを
おすすめしています。

なぜなら、
四季報オンラインの
週次値上がり率ランキングは
日ごとに更新が行われているから。

前日比ではなく
週ごとに情報を追うことができるため
リアルタイムな情報を
入手できます。

そして、今日は
個人投資家のみなさんに向けて

株取引をするうえで
重要な基本となるポイントも
簡単にお伝えしたいと思っております(^^♪

まずは、逆指値を必ず入れるということ。
これは本当に必須となる事項です。

そして、現金比率は多めに。

また、同じテーマの銘柄でも
移り変わりは常に激しいため、
テクニカルを使った
早めの利益確定も重要です。

実践できていましたでしょうか?

今日はいつもより
基本的な内容となってしまいましたが、
基本こそ侮ることなかれです。

それでは♪

ウルフ村田


ド真ん中銘柄の見極め方

2017.09.09
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます
ウルフ村田です。

北朝鮮の建国記念日を迎え、
市場はポジション軽減&様子見ムードですが、

毎年出てくる「テーマ株」を狙いながら
年間で見ればしっかり利が乗るようなトレードを
より強く意識してもらえればと思います。

2017年のテーマ株といえば、
VR・AR関係、人工知能、半導体、防衛関連など、
多くの分野に注目が集まってきましたね。

テーマ株だから飛びつくというのはNGですが、
そのテーマの中で中心となる銘柄さえ間違えなければ
大化け株は確実に出てきますので、
今回はそんな大化け株の特徴をお伝えしていきます。

先ほどテーマ株として挙げた人工知能関連。
確かに注目が集められてきましたが、
インターネットなどで今後有望という情報が
必要以上に飛び交っている典型のように感じます。

そのような影響で
人工知能関連の株価は一気に上がることはあっても、
結局のところ材料は思惑だけなので
すぐに落ちてしまうこともよく見られました。

あくまで、思惑が先行していることを忘れず
思惑に乗せられて高値掴みしてしまった!
ということのないよう注意してくださいね。

万が一、短期急騰した銘柄で
高値づかみしてしまった場合は、
基本的にはロウソク足の実体が
5日線を一回割ったらまずいと思って
逃げていただければと思います^^;

繰り返しになるかもしれませんが、
きちんと上がる株というのは、
思惑や宣言だけでなく、きちんと実体があります。

実体のある銘柄というのは、
事業内容や計画だけでなく、
現在進行形でその内容(テーマ)を実行し、稼働しています。

私はその企業が「事業を実際にちゃんとやっているか」
という視点で、きちんと分析された情報をもって
実体のある強い銘柄を発掘しています。

しかし、ポテンシャルの高さに気づいた投資家たちが
その銘柄をイチ早く買い込んでしまった場合、

本来の時期よりも早く急騰してしまい、
そこからエントリーしてしまうと高値づかみになってしまいますので、
その時はグッとこらえて、安値のところで拾うようにしましょう。

また、現時点でまだ株価が安く、
ポテンシャルが高い銘柄は沢山ありますので、
上がる前に買って値幅をとるためには
日々のチャートの監視が大切になります。

しかし、気になる銘柄はいくつもあるのに、
それらを忘れて1つの銘柄に集中しすぎて、
気づいたときには上がっていた!
なんてご経験はありませんか?

そんなもったいない結末にならないように、
チャートの管理の工夫は出来ているでしょうか?

今日は私のオススメ管理ツールをお伝えしたいと思います。

「ハイパーSBI」というサイト、
既に使われている方もいるかもしれませんが、
1画面に沢山の銘柄を表示させることができます。
何が良いって、監視銘柄のチャートも
一気に表示させられるので、変化に気づきやすいんですね。
直近IPOを一気に監視することも可能です。

無理に買う必要はありませんが、
日々のチャートの監視は初動を捉えるうえで必須になりますので、
是非検索して活用してみて下さいね。

ではでは今日はこれにて。
見通し不透明な中ですが、
来週からも張りきっていきましょう(^^♪

ウルフ村田


暴騰への心構えとは

2017.09.02
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のセミナールームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

今日は月に一度の大阪出張です。
皆様にお会いできるのを楽しみにしています(^^♪

さて、今回は
これから暴騰する・暴騰している銘柄に対する
心構えをお伝えしたいと思います。

8月が終わり、秋にかけては
個別株の暴騰の「初動」を狙うのに絶好の時期で、

トレーダーが待ち望む
派手に値幅が取れる最高のチャンス!

しかし、そのお祭りで
利益を勝ち取って終えられれば
良いのですが、

すでにお祭り状態になった銘柄へ
あまりに興奮して高値づかみしてしまい、

その後、
損切りポイントに待ちくたびれる
事態にはなっていませんか?

私も、暴騰してお祭り騒ぎに
なっている銘柄を話題にすることがありますが、

これは
「上がるから買って!」と伝えたいのではなく、

「上がったから売ることも考えて!」
という解釈をしていただいた方が
いいかもしれません。

どんな話題の銘柄と言っても
わざわざ高値づかみして
値幅が取れないなら意味はないので、

「上がっているから買わなきゃ!」と
思わずに、

むしろ「買えなかったらどうでもいい!」と
心に決めちゃうくらいが良いと思います。

それよりも、
話題の銘柄について
「安いところがあればいいな」
という心持ちが大切です。

安いところがあったら拾う、という
スタンスでないと、
高値づかみして含み損を作ることに
なってしまいますし、

自分が買おうと思っていた銘柄が、
すでにお祭り状態になっているのなら、

値が落ち着いている別の銘柄を
探したほうが断然お得ということです。

一回高値を付けて下がっても、
これから上がる宣言があって
再度高値に向かう銘柄は沢山ありますから、

そういう銘柄のチャートが、
一度上がった後にだらしなく垂れていれば
安く拾えてラッキーですよね。

しっかり安値を拾えれば
上がり始めたどの地点で売ってしまっても
絶対に含み損になることはないので、

どこで売るべきかよりも
どこで買って持っているべきかを
重要視したいところです。

ちなみに、私は長期的に上がっていた
銘柄については、

初動の時点から実況中継しているので
どの地点が初動だったのかを
是非観察していただけると、

今後の参考にしていただけると思います。

では今日はこのへんで(^^♪

ウルフ村田


【大相場】初動で入るには、コレが外せない

2017.08.26
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内の自宅にて、、、
 
 
おはようございます。
ウルフ村田です。

トレーダーのみなさん、
PCにこだわりはありますか?

私は専業トレーダーというのもあり、
こだわりのPCを2台もっています。

2台ともマイクロソフトから出ている
Surface(サーフェス) のプロ仕様。

何で2台持ちなのかというと、

1台は株価チャートを見るため、
もう1台は情報収集用です。

読み込みスピードも速く、
とても気に入っています(^^♪

大相場を作る銘柄の初動に
素早く入るためには、
スピードが欠かせませんからね。

特に、今週の日本株は
ゲーム関連銘柄で少し持ちなおしましたね。

ゲーム関連の銘柄はもともと
大きく伸びるものが多く、

調整や暴落のタイミングに注意しながら、
ギリギリまでついて行くのもありかと思います。

ただ、去年のブランジスタのように、
ゲームはリリースされていないのに
「思惑」で先んじて上がり、リリース前に下がるという
ことも大いに考えられますので、

心配であれば、
途中でも早い段階で利確してください。

それにしても、、

つい2週間前までは
北朝鮮情勢が不安定になっていて

非常に難しい相場だったのに、
相場が様変わりしていくのも株の魅力です。

そして、いつも思うのが、

本当に簡単な相場にだけ、
大きな金額をつぎ込んでトレードするのが
一番結果が出るということです。

株は美人投票だから、
ほかの人がいいなと思っているものに資金が入り、
これは危ないなと思ったら資金が引く。

美人が強いうちは、
ちょっとやそっとじゃ崩れませんし、
極端な話、そういう相場だと大して勉強していなくても
勝ててしまいます。
(楽して儲かったお金は後で必ず失いますが)

なので、難しい相場で少しずつ稼ぐテクニックも
磨くべきですが、簡単な相場の見つけ方も大事です。

「今は地合いが悪いから」とか
「難しいな~」って思いだけで相場を見ないと、
いざ、良い相場になったときにチャンスを逃してしまいます。

仮に自分がトレードしていなかったとしても、
上手なトレーダーが何をしているか?
横目で観察しながら見るクセはつけておきましょう。

ただ、このとき注意してほしいのは、
自分がマークしている上手なトレーダーが
何か活動していると、

「自分も何かやらなきゃ」

って脅迫観念を味わうことがあります。

しかし、そこはじっくり様子を見て、
入れると確信を持ったところでトレードしてください。

お金を入れても入れなくても
相場は逃げていきません。

ちなみに具体名には言及しませんが、
相場の良し悪しを見分けるポイントの1つとして

上場廃止が決まっていたり、プラス材料のない銘柄が
値上がり率ランキング上位に来たりしてる時は要注意です。

これの多くは、やはり
マネーゲームの様相を呈しています。

資金が行き場をなくして
無理矢理上げた結果なんですよね。

なので、このような兆候を見逃さないためにも、
常に定点観測を心がけてみてください(^^♪
 
 
ウルフ村田


『予測』ってそんなに大事ですか?

2017.08.19
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

相場も夏枯れ、
お盆も過ぎて夏バテの方もいらっしゃるかもしれませんね。

疲れていると知らぬ間に免疫力が下がって
病気にもかかりやすくなりますし、
トレードの判断にも影響が出てきます。

皆さんも体調管理には
気を付けてくださいね。

改めて思ったのですが、
相場も人間の体と似ていて、
「イレギュラーありき」なんですよね。

影響力のある人の発言や
突発的なイベントで年がら年中
日経平均が上がった・下がったと
世間では報じられていますし、

「相場は生きている」という名言は
まさにその通りだと思います。

なので、私のトレードスタイルは
常に『予測より対応力』を大切にしています。

特に、私がメインでトレードしている銘柄は
為替とか日経平均とは関係ない動きをすることが多いので、
イレギュラーへの対応は必須です。笑

ネットやニュースを見ていると、
株価に影響がありそうなイベントについて
色々な人がさまざまなことを言っていますが、

その内容を盲信するのではなく、
どう転んでもいいように準備しておくことです。

もちろん、
FOMCや日銀の政策決定会合、米国の雇用統計など

何のイベントがあるか?
信頼できる識者は何を言っているか?
○○が起こったらどうなるか?

常に知っておく必要はあります。

ですが、わざわざ精度の高い予測までするのは
あまり意味がありません。

よく「ウルフさん、日銀は金融緩和するんですか?」
みたいな質問をされるのですが、

私だって未来のことはわかりませんし、

それよりは今の自分の銘柄からしっかり
利を上げていくことに集中した方が良いと思います。
 
 
ただ、東証一部などの大型銘柄を保有している方は
日本や世界の動向についてのニュースも
常に頭に入れておきたいところでしょう。

そのような状況にいる方は、

ロイター・日経新聞等のほかに、
FXの専門家が出している情報や見方も
参考にしてみてください。

FXの専門家は
為替に影響がありそうなイベントには
神経を研ぎ澄ませていますし、
プロの目線で株にも活用できます。

また、仮にマイナス金利になったとしたら、
好調だった銀行株が下がるとか、

円高になって一瞬日経平均が上がっても
すぐに揺り戻すとか、

過去の金融緩和で何が起たか調べて
「こうなったらこうする」と対策もしておきましょう。

ポイントは、あくまで
二者択一の予想でポジションを取るのではなく、

起こり得るイレギュラーへの
「準備」をしておくことです。

本日もはりきっていきましょう(^^
 
 
 
ウルフ村田
 
 


転換時の身のこなし方

2017.08.12
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内の自宅より、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

暑い日々が続く中、
皆さんも暑さに負けずに
頑張ってトレードをされている中かと思いますが、

今週は相場に大きな変化がありましたね!

日経平均をはじめ
新興株の主戦場である
マザーズ指数も大きく下落。

苦戦を強いられている方も
いらっしゃる中かと思います。

世の中には個人投資家と、
まとまった資金を持った
大口投資家とが存在しますが、

大口投資家が戦っている銘柄を
一気に売り出したら
チャートも一気に売り方向に崩れます。

その場合、売りの力と買いの力、

どちらの力が強いかって言うと

圧倒的に売りの力です。

暴落の危険性は先週の
ブログ記事でも取り上げましたが、

その直前まで個別株は絶好調で、
まだまだ行けるぞ!となっていのたですが、

全体の地合いが下がった途端に
急にそのトレンドや事情が変わることもあります。

その時に頼りになるのが、
「自分で売る判断」です。

特定の情報や
自分の相場観にしがみついてばかりだと、
最悪のケースは強制ロスカット。
つまり、強制決済になってしまいます。

当たり前ですが、
特に大口投資家は組織でやっているので

一旦ロスカットでポジション崩して売ってから

またそのポジションで買うしかない。

一旦大きく下がりだすと
行くところまで行ってしまいます、、、

もちろん、一回落ちてから上がったりする
銘柄もありますので、冷静にチャートを見て、
テクニカル指標も使いながら

「あ!ここが天井で崩れてきたんだなと、」

自分で判断して、

テクニカルを見てダメだと思ったら

一旦利確・ロスカットしてください。

特に相場が大きく転換したときは要注意です。

私もマザーズ指数や全体観を日々確認して、

これどういう状況なんだろう?

って考えています。

私も短期集中のタイプですが、

相場に関しては全体を見て判断することが一番と、

強い自負心があるので

これからも状況に応じて発信できればと思います!

お盆休みの方もいるかと思いますが、

暑さに負けず、がんばりましょう(^^)/

ウルフ村田