カテゴリー別アーカイブ: ウルフ村田

上値が重いときには

2018.01.20
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

大発会は日経平均が500円幅を記録し、
出だし好評だった東京市場も

徐々に上値の重さが目立つようになりましたね。

今週に入ってからは、
新興株を中心に急騰が見られた後は、値が崩れ、

やや円高に動いていることもあり、
株価も上がりにくくなっています。

とは言え、
その分、内需の株が上がったりしますし、

何処に資金が入っているか
見極めるのが重要になりますので

日経平均が上がろうと下がろうと、
自分は必ず資金が入ってきたところで勝つ、
という強い意識でやっていきたいですね。

仮想通貨なんかもそうですが、

初動から持っている人間には
ちょっとした下げ幅は全然平気です。

ただ、エントリーの位置が悪いと、
いつもダメージを被ってしまい
ストレスだらけになってしまいますので、

下値不安の無いところ
いつも戦うという意識をして下さい。

まったく動きがなかったのに、
突然上がりはじめて、

規則性を持って上がっていくチャートでは
株価を上げようという意志が働いています。

この上げてくれる意志が抜けた後、
「まだ上がるかな」と思って持っていても

大きな力が働かないので、株価が上がっていくわけもなく、
売りが一気に加速します。

方向が決まると下がるのも早いです。

高値圏で短い足が何本も続いた後に
窓を開けて下放れた陰線が出現した状態のチャートを
団子天井といいますが、

高値でこの状態になると、
下に放れた場合には、大きく下がる可能性が高いです。

三角持ち合いと同じで、
上に行かない、と皆が思い始めると、
一気に売りが加速し、

利益が無くなってしまいますので、
皆さん、十分に気を付けて下さいね。

それでは。

ウルフ村田


もう3回くらい言ってます

2018.01.13
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

今さら年末年始の話になってしまいますが、
相場も休みだったので、
大阪の住吉大社と川崎大師に
お参りに行ってきました。

何でも早朝に行くのが良いみたいで、
早起きして御祓いも受けてきました。

昨年は本当に多くの方に
セミナーやスクールに参加して
いただきましたので、

皆さんのトレードでの成功も
祈念してきました(*^-^*)

ただ、つい普段の癖で
神聖な境内の中でもノートPCを開いて
終始株の情報を見ていたので
来年への反省としたいと思います(笑)。

それにしても、
朝って本当に気持ちよくて、
ちゃんと睡眠がとれていれば
頭はフル回転で臨めます。

朝は銘柄の気配値を見たり、
情報収集に使っている方が多いと思いますが、

その中で、私が朝に「絶対」やってはいけない
と思っている習慣についてお伝えします。
 
これ、因みに3度目くらいなので
「もう分かっているよ!(出来ているよ!)」
という人はごめんなさい(^-^;

特に今、含み損を抱えている人は
気をつけて欲しいのですが、
 
 
朝、含み損の計算をするのは
絶対にやめてください。

 
 
理由はいくつかありますが、

朝は1日のトレード戦略を立てたり、
最新の情報を収集したりするための
非常に重要な時間だからです。

人間の脳も、
朝が最も活性化します。

その貴重な時間を含み損の計算に
使っていて良いと思いますか?

次の大相場を作る銘柄やその情報を
掴みそこねてしまったら、
それこそ「もったいない」と思いませんか?
 
 
また、気持ち的な問題で
「さぁ、今日も一日頑張ろう!!」と
希望とエネルギーに溢れて
スタートするはずの朝に、

含み損の計算をしていたら
どうしてもテンションが下がってしまわないでしょうか?

人間とは不思議なもので、
「含み損」というネガティブな感情が、
更に頭の回転を鈍らせるんですね。。。

頭の回転が鈍ると
当然、次のトレードでも判断ミスにつながりますし、
本当に良いこと無しです。

なので、もし皆さんが含み損に悩んでいて、
朝、その計算から始まっていたら、
今すぐそれは止めてください。
 
 
そもそも株式投資をするという
本質的な理由は、

資産を現金で持つより
「株で持つ方が圧倒的に有利」だからです。

しかし、株で持っているほうが不利な
相場状況というのも存在します。
(1年以上やっている方ならお分かりですよね)

新興の株を優待銘柄と同じ感覚で
長くボーッと持っていると

ジリジリと株価は下がっていく
ということもあります。

上記の事実からも、
含み損を抱えている銘柄から
明らかに資金が抜けているなら、
もう回復する見通しがないなら、

早めのロスカットをして次にスパッと移るのもアリです。

もし持ち続けるにしても
明確な戦略を立てて、

毎日のはじまりに含み損の計算を
しなくて済むように
プランを立ててみてください^^
 
それを心がけるだけで
大きくパフォーマンスは改善します。

それでは。

 
ウルフ村田


重要な情報の集め方は?

2018.01.06
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のホテルより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

新年明けましておめでとうございます。

2018年、
相場は素晴らしいスタートダッシュをきって
期待感が膨らんでいますね。

市場のトレンドをしっかりと見極めて、

去年よりさらに成果を出せるように、
一緒に頑張っていきましょう。

では、今日は、
トレンドを見極めるために
大切な話をしていきます。

皆さんは、「株の情報」を
どこから収集していますか?

私の場合、情報収集のルートと
スピードには特にこだわっています。

知り合いのトレーダー・新聞・ラジオ・ネットなど
収集元は多岐にわたっていて、
気づいたら、膨大な量を処理しています。

様々なルートから情報を集めることで、
市場を多角的に見ることができ、
急な変化にも対応しやすくなりますし、

沢山の情報を見ることで、
質の良い情報を選ぶ事ができるんです。

そんな膨大な情報の中から、
重要なものを選んで発信していますが、

次から次へと新しい情報が入ってきますから、
のんびりとした時間の使い方はせず、
頭はいつもフル回転です。

もちろん、市場が動いている前後まで
1秒たりともニュースを聞き逃したくないですし、

たったその理由だけで、電車ではなく
タクシー移動を選ぶこともあります。

タクシーなら座ってスマホの画面をじっくり見れますし、
ラジオもノイズが少なく聴けますからね(^^

それぐらい、情報収集には
時間もお金もかけています。

情報集収がなぜ大切か、
それには重要な理由があります。

株が上手い人が何をやっているか?
横目で見ながら参考にするためです。

もちろん、株の売買判断を
最後にするのは自分ですが、

「独りよがりにならない」
ことを大切にしています。

話が少しそれますが、
私は高校時代、数学が苦手でした。

しかし、それでも東大に入れたのも、
東大数学科にトップで合格してしまうような子が
高校のクラスで隣の席だったからです。

そして、彼女のノートのまとめ方や
計算の仕方を真似すると、驚くほど上達しました。

できる人は情報をまとめることがとても上手です。

余計な部分が完全に削ぎ落とされており、
その分、中身が充実しているんですね。

これは、勉強だけではなく、
トレードでも全く同じことが言えます。

結果を出している人のノウハウを取り入れる。

まずは、そのまま真似して、
同じ方法でトレードする内に
その人の感覚が分かってきます。

それと同時に、自分が分かっていないことや、
今の自分に必要な情報が見えてくるんです。

そうすると、1人でやっていた時よりも
効率的に「重要な情報」を
集める事ができるようになります。

今は、インターネットが発達し、
株についても情報元に溢れています。

溢れているからこそ、
情報の取捨選択が大変だと思いますが、

一度良い情報元を見つけると、
あなたのトレードの大きな後押しになります。

質の良い情報集収は、
トレードの判断材料になるだけでなく、

自分の実力に自信をつけ、
迅速で適確な判断が出来る様になる、
とてもいい栄養剤にもなります。

資金が集まっている銘柄に
早いタイミングで乗るために、

トレードをしない日でも
情報収集だけは欠かさず
行ってください(^^♪

私の方からも、今まで以上に、
休まず質のいい情報を発信し続けていきます。

うまく活用して、

皆で大きな目標を目指して突き進んでいきましょう♪

ウルフ村田


年末年始に勉強するポイント

2017.12.30
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内の自宅より、、、

こんにちは、
ウルフ村田です。

昨日は大納会でしたね。
皆さんも1年間、トレードお疲れ様でした。

今年最後のブログになります。

今日は、
年末年始の過ごし方について
少しお話ししますね。

2018年は大相場になると思います。

そこで皆さんには、
年末年始の空いている時間に
勉強していただき、

その大相場に上手く乗っかっていただきたいです。

では何を勉強するか、

一番のおすすめは

「株ドラゴン」の
「年初来安値からの値上がり率ランキング」

こちらになります。

上位の方は 既に大口の手が入って
もうチャートが崩れています。

色んな銘柄を見ていく意識で、
300銘柄くらい見ていくと、

下の方から、
じわじわ上がって来ている
銘柄が分かってきます。

猫の頭をなでながらでも
見れますので、

このぐらいの手間は
惜しまないようにしたいですね。

銘柄マーカーと使いながら見ていると、
「ああ、なるほどな」と分かります。

要領よく、
プールの監視員のように、
色んな銘柄を見つめて頂ければと思います。

調整中の銘柄にも
気がつくと思いますので、

自信があったら
底値を狙うのもいいですね。

私はアベノミクスになってから
一日も休んでいません。

相場が大好きなんですね。

皆さんもどんどん
株を好きになっていただければ
と思っています。

そうすると、
チャートの芸術性に気が付いて、

狙うポイントが分かってきて、
楽しくなりますよ。

来年からも引き続き、
2018年、2019年と
一年を大切にしながら、

2020年のオリンピックに向けて、
一緒に頑張ってまいりましょう!

ウルフ村田


晴れやかに年を越すための準備

2017.12.23
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内の自宅より、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

クリスマスに大晦日、

年末のイベントが押し寄せてきて、
あっという間に2018年がやってきます。

2018年は今年以上に良い相場
になると思いますので、
皆さん、しっかりと、
来年の相場へ備えていただきたいと思います。

さて、「来年の相場への備え」ですが、

短期トレードの株は、
月内を目安に決済してしまうことを
おすすめします。

12月のピークで一旦 売って、
また落ちたら拾うという淡々とした気持ちです。

一番怖いことは、
含み損で資金がロックされてしまうことです。

そうなると、憂鬱な気持ちになり、
そんな状態で年を越さなければならなくなります。

年が明けても、
晴れやかな気持ちになれませんよね。

最近の相場状況は、あまり動きがなく、
材料不足感もあります。

世界情勢も、
未だ不穏な空気が漂っています。

バイ・アンド・ホールドの感覚で
ずっと持っていると、

万が一相場が崩れた時に、
巻き込まれるて、動けなくなってしまいます。

また、買う場合は、
どんどん回転していく意識が重要です。

回転していく際にも、
大切なポイントがあります。

それは、
押し目からの切り返しを
よく見極めてから買うようにする、

ということです。

下げトレンドでは、騙し上げがあるので、
よく見極めずに飛びついてしまうと、

また、すぐに下げ始めて、
身動きが取れない状況に
陥ってしまう可能性が高いです。

中途半端に下げた状態で買うと
痛い目をみるということですね。

一度落とした株は、
大きく下げた後に
大口がまた上げますから、

上げトレンドか、下げトレンドか、
しっかり、切り返しを見極めて、
値幅を獲りに行きましょう。

ただし、
肝に銘じていただきたいのですが、

必ず現金余力を持つように、
注意して下さいね。

嫌な気持ちで年明けを迎えないように、
今年の残りわずか、
しっかり備えていきましょう!

ウルフ村田


四季報の○○を見てます

2017.12.16
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内の自宅より、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

実は私、今年1年株に集中しすぎて
気づいたら服を1枚も買っていませんでした…(笑)

24時間、頭の中は常に株のことだけ。
それ以外は極力排除しています。

私は何でも器用にこなせるタイプではないので、
一点集中で根詰めてやらないと
いけないと意識していますが、
株に集中できる環境作りは欠かせません。

外出した時でも、
私はよく書店に立ち寄ります。

目的はといえば、
やっぱり株の本を眺めることなのですが、

昨日は新春版の会社四季報が発売されましたね!

私も一番に買いましたし、
週明けはそれも影響した値動きが見られるでしょう。

株本の発売数もやはり地合いに
影響されるようで、好況の時はやはり
書店にズラッと書籍が並んでいます。

出版社からしたらまず
本棚から手に取ってもらいたいでしょうから、
魅力的なタイトルがこれでもかと並んでいて、
ちょっとした情報氾濫ですね。

ただ、大量の情報の中からでも
情報を選んで収集する力は大切で、
これも日々の習慣や環境作りがモノを言います。

たとえば、私はAmazonのキンドル
読み放題プランに入っていて、
過去の日経マネーはすべて見ています。

その他、日経新聞や株探の有料プランにも入っていて、
情報収集のスピードアップには
いつも気を付けています。

「私はそんなお金ないから・・・」という方も、
今ではインターネットで
「2017年 テンバガー」「2016年 テンバガー」と検索すれば

その年10倍以上になった株をまとめて
調べることが出来ます。

その値上がり理由やチャートまで幾らでも出ていますので、
ぜひ見てみて下さい。

そして、四季報発売のタイミングなので言うのですが、
四季報ページにある「大株主」に注目してください。

大きく上昇する新興株には、
バックに大企業や強力な人物が大株主として
入っている場合がよく見られます。

たとえば、先月話題になった
3993 PKSHAのような優秀なベンチャー企業には
トヨタのような大企業も目をつけています。

これは四季報を開けば直ぐに見られます。

大化け株候補の判断材料として、
必ずチェックする習慣をつけましょう。

年末年始も休むことなく、

皆のやる気スイッチを入れて勝てるように
いろいろ試していきますので、
よろしくお願いします(*^-^*)

ウルフ村田

P.S.
お金が無くて苦しんでいる人こそ
来ていただきたいです。

能力や環境に関係なく、
制約がある方でも株で
資産を作る方法を真剣にお話します。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar_171223/