カテゴリー別アーカイブ: ウルフ村田

【厳禁】二度買いしてしまう方へ

2017.05.20
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

毎月1度、大阪へ出張へ行くのですが、
東京とは違った、美味しいものがあり、

新幹線の駅弁とセットで
毎回楽しみにしています。(笑)

そんな折、この前串カツのお店に行って
面白いことに気が付きました。

テーブルに置いてあるソースの容器に
「二度漬け禁止」と書いてあったのです。

カツにソースをつけるのは最初の1回だけ、
あとは手を付けないというものですね。

多くのお客様がいらっしゃるところですし、
衛生的にももっともな決まりですよね。

冗談なしに人生で株のことしか考えていない私は
これを見てとっさに思い付いたのが、
「二度漬け」ではなく「二度買い」です。(笑)

今まで数々の急騰株をトレードし、
私の生徒さんもそれに乗って
大きな利益を実現してきた光景を
多々見てきました。

しかし、一方でそれと同じくらい多いのが、
天井で「二度買い」して下落に遭ってしまうケースです。

せっかく利益を出せた銘柄なのに、、、
輝かしい思い出が一気に
負けトレードになってしまいます。

この記事をご覧のあなたも、
もしかしたら同じような経験を
したことがあるかもしれません。

なぜ、このような事が起きるのか?

言ってしまえば、

利益確定に興奮してしまうことと、

銘柄執着をしてしまうことですね。

特に利益の金額が大きいほど
その銘柄に対する印象や思い入れも大きくなりますし、

結果として「また獲れるんじゃないか?」と
続けてエントリーしたくなるわけですね。

こういうのを私の言葉で
「二度買い」病と言います。(笑)

本当にもったいないことですし、
これを防ぐためには、、、

「資金は常に移り変わる」という事実を
忘れないようにしてください。

過去に、私の話を聞いたことがある方、
その時題材にしていた銘柄は
今も旬な銘柄でしょうか?

スクールや月刊ウルフなどで
継続的に聞いていただいている方は、

銘柄がスピード感をもって
移り変わっているのがお分かりに
なるかと思います。

当たり前のことですが、
私が狙っている短期急騰株は

「短期間」での急激な資金の流入が
背景にありますから、

ブームや思惑が過ぎると
それだけ速いスピードで資金が抜けて、
他の銘柄に入っていきます。

ですので、
急騰に便乗して利益が取れたからと言って
安易に追うのではなく、

資金が抜けるタイミングを
常に頭に入れて安くなるのを「待つ」
ことも忘れないでください。

それでは、今日はこの辺で(^-^

ウルフ村田


短期トレードの鍵はコレ

2017.05.13
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

今週の相場は「ふわふわ」
上がっていく様相でしたね。

利益を出された方も、
そうでない方も、

私にかかわる皆さんには
その後の転換まで見据え、

そこをしっかり捉える、
あるいは下がりきったところで
INしてほしいと願っています。

そのために、
初心者も経験者も誰もが出来る
取り組みを紹介します。

何かというと、
「頭のキレ」が大切ということです。

短期トレードでは「頭のキレ」が全て
と言っても過言ではありません。

特に最近の銘柄は
テーマ性があって強く上昇することも
あるのですが、

移り変わりがとにかく早くて、
エントリーや利益確定のタイミングが
ちょっと遅れただけで
一瞬で損失に変わってしまいます。

その時の判断の基準となるのに
株の知識は本当にわずかで、

圧倒的に「決断力」が重要になってきます。

どんな情報が入ってきたとしても
最後にトレードの判断を下すのは
皆さんですからね^^

なので、
株の技術を高めるのと同じくらい、

「頭のキレ」=トレードにおける決断力を
高めることは常に工夫してください。

そのためのアドバイスとして
以前の記事でも申し上げたかもしれませんが、

なるべく株のことだけを考えられるような
環境を作れるかがカギです。

例えば朝起きてから、

「今日の服はどうしよう?」とか

「あれやらなきゃな~」とか

「どこでランチしよっかな」とか

決めなければいけないことが多いと
「決断疲れ」を起こしてしまうからです。

もちろん、
皆さんそれぞれに事情があるとは思うので、

全部でなくても、
日常生活で決断しなければいけない場面を
少しずつ減らして行くようにしましょう。

あと、ネット証券口座を開いていない方は
必ず開いてくださいね。

過去、いろいろな人の話を聞いて
含み損を抱える原因になっていたのが、

「手数料が高くて・・・」ということ。

でも、一刻も早くロスカットして
逃げなければいけない時は

手数料なんかより自分の資産を守るのが
間違いなく大切です。

だからこそ、ためらいなく
売買できるように
ネット証券で口座を作ってほしいですね。

本当にお得ですし、
それも皆さんの決断力を高める
要因になります。

最後に、
私事ですが、大阪で講演をしてきます。
また近々そのことも報告しますね(^^
 
それでは。
 
 
 
ウルフ村田


イベントリスクを回避するには?

2017.05.06
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のセミナー会場より、、、
 
 
おはようございます。
ウルフ村田でございます。

ゴールデンウィークは
いかがお過ごしでしょうか?

5月に入って
初めての記事です(^-^

先月から決算発表が続々と出て、
さらにフランス大統領選挙も目前ですね。

今日はこんなイベント満載な時期に
私の周りのトレーダーがどんな行動を取っているのか、
ご紹介したいと思います(^^)

ところで、人は頭でわかっていても
なかなかルールを守れないものでして

トレードでも、基本的な流れを覆して
懸けてみてしまう人も多くいます。
 
 
自分の直感や想像力を
過信してしまうんですね。
 
 
皆さんはいかがでしょうか?
 
 
ダメですからね~。

そういう、
ギャンブル的な傾向に走ってしまったら
株式に参加している意味はありませんよね。

対照的に、本当に株で何億も稼いでいる人ほど
決してギャンブルはせず、
驚くほど慎重なんですね。

そこで今回、
とにかく皆さんに覚えておいてほしいこと。

それは

「イベント前はとにかく現金化」

よく言われている事ですが、
これに尽きます。

ちゃんときれいに上がっていて
利が乗っているから、
どうしてもまだ手放したくない!
という銘柄以外は

もたもたしていると何か事が起こったら
一気に下がってしまうこともあるので、

そこまでリスクリターンを煽る必要はありませんよね。

決算なんかもそうです。

決算またぎが本当に怖いという理由で

私の友人の億トレも
決算が出る前に売っちゃって、
(ネット証券の手数料なんか大したことはないので)

良い決算業績が出たら
再度買う人もいるぐらいですから。

わざわざ無駄なリスクって
取る必要無いじゃないですか?

悪かったら暴落してしまいますし。

大統領選挙だってそうですよ。

誰が当選したらこれ!とか
予想結果に掛ける必要はありません。

結果が出て、その様子をみてから
入っても、十分に間に合います。

そういう時に大損しないように
きちんと想定していただければと思います。

ということで、
「イベント前は現金化」というのは基本になると思います。

私は、相場の方向性が見えた時に
大きい金額を入れて突っ込むほうが好きですね。

ただ、常に
「まさか・・・・。」ということがないように。

イベントに左右されがちな
時期ではありますが、

無駄なリスクは回避して
基本に忠実に。

本日も頑張っていきましょう♪

ウルフ村田


「下げそうだから空売り」の落とし穴

2017.04.29
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内のカフェより、、、
 
おはようございます。
ウルフ村田です。

もう4月も残りわずかですね。

最近、よく聞かれる質問があるのですが、
「下げ相場になりそうだから、空売りするべきですか?」って。

私個人の意見としては
初心者がいきなり空売りで大金を突っ込むのは
危険なのであまりお勧めできません。

ただ、実際私が「空売りしろ」とか
「空売りするな」と言う権利もありませんので、
上手なトレーダーをしっかり
観察しながらやるのがいいと思います^^

ですが、1つだけ
空売りで気を付けて欲しいことが、、、

「空売りしていい銘柄」を見極めることです。

下げ相場だからって
盲目に空売りしていいわけではないんですね。

空売りで重要なのは、
ただ値下がりしている銘柄ではなく、

「資金が抜けながら下げていく銘柄」を
狙うということです。

資金が抜けていく銘柄でないと、
株価の一時的な調整や、上げトレンドの押し目
だったなんてことになりかねませんから。

つまり、「資金の需要と供給」に
注目することが肝になってきます。

あ、私の話を頻繁に
聞いていただいている方は
気付いたかもしれませんが、

資金の需給は空売りだけでなく、
現物の売買判断でも重要ですね(^^

突き詰めるところ、

現物で買いポジションを持つときは
「売り」の視点で、
空売りでポジションを持つときは
現物の「買い」の視点で。

今のような不安定な相場で
確実に生き残っていくには、

「現物」「空売り」一辺倒にこだわらず、
両面から見たトレードを
心掛けるといいと思います。

5月は「セルインメイ」と言われ、
例年であれば売り場とみられる時期だと思います。

昨年もマザーズ銘柄の大暴落が
発生していますので、
資金の流れとリスク要因に注意しながら
頑張ってまいりましょう。
 
 
 
ウルフ村田


そこを待つ姿勢、忍耐、必死さ。

2017.04.22
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内の自宅より、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

4月もすでに下旬に差し掛かり、
来週末からはゴールデンウィーク!

せっかくの連休中ですから
色々な形でリフレッシュする方も多いと思います。

私も今でこそ休みの日も
仕事の予定を入れていますが、

以前はその日の相場を終えて
時間が出来たときに

岩盤浴でデトックスしまくることが
最高のリフレッシュ方法でした。

たっぷりと汗をかいた翌日って、
元気と集中力がハンパないので
さらにお仕事が楽しくなるんです。

最近行けていなかったのですが
また時間を見つけて行こうかな。
岩盤浴おススメです(*^^*)

忙しいときって
目の前ことに視線が行きがちですが、

だからこそ、
普段できないことをして
チャージをする期間は必要ですよね。

岩盤浴で元気が得られるように、
チャージすることでその後に
プラスになることも多いものです。

私の場合は結局その場でも
株のことを考えてしまうのですが笑、

実際、今の安定しない相場状況では、
ポジションを持たず、

今こそトレードの
充電期間なのかもしれません。

簡単な相場が来たときに
良いタイミングで再びポジションを持つべく、

日経平均やマザーズ指数の日足などを
じっくりと観察することはもちろん、

他にも相場状況を表す指数は
数多く存在するので、

この機会に新たな参考指数を
取り入れておいて損はないはずです。

例えば、「恐怖指数」は、
市場のファンダメンタルを数値化して
チャートの天井圏を推測できるように
利用されていますので、

特に初心者の方でご存じでなかった方は
是非調べてみてくださいね。

普段は銘柄のチャートを見るので
精一杯な方も多いと思いますが、

初心者の方も上級者の方も、
ノーポジションの時こそ

新しいことを勉強・検証することで
大相場が来た時に生かせますので

お仕事のチャージ期間も
トレードのチャージ期間も

たっぷり有意義と過ごしましょう(*^^*)

ウルフ村田


「相場が悪い」から・・?

2017.04.15
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

この前、知り合いのトレーダーと飲んでいたら
話が弾みに弾み、なんと
半日近く時間が経っていたことがありました。

普段は元気過ぎると
周りの方に止められる私もさすがに疲れてしまし、
翌日はグッスリでしたね。(笑)

ただ、現物株でのトレードをしている方は
なかなか苦戦する相場なので、

生徒さん初め周りの方が
心配なせいか私も今週は
テンションを抑え気味だったのですが、

今のような時こそテンション高く行こう!
大切なことを伝えよう!と決心した次第です。

相場状況が決して良いとは言えない時の
考え方として、改めて
あるトレーダーが仰っていたことを
お伝えしたいと思います。

その方は、
ただの「億トレ」ならぬ
「ビリオン(10億)」トレーダーです。
 
彼の話の中で特に印象的だったのが、
「簡単な相場しか手を出さない」という戦略。
 
実力のあるトレーダーであっても
相場には逆らえませんから、

漁師が、海が大シケの日には漁に出ないように、
 
相場が良くない時は、
無理に乗り出さないことだと仰っていました。
 
(資産の)マーケット滞在時間=リスク
ですからね。
 

人によってはついつちポジションを持っていないと
落ち着かなくて、、、

となりがちですが、
気持ち的にも・結果的にも

簡単な相場だけ見定めてやっていた方が
効率よく資産が築けます^^
 
 
ビリオントレーダーの彼は
 
チャートや業績を見ながら
中長期で良いと思う銘柄を仕込んでいく
という、

短期投資の私とは真逆のスタイルなのですが、

共通して言えるのは、
彼が相場の良くない時も
マメな情報収集を欠かしていないこと。

これ以上言うと
彼のノウハウをバラしてしまうので、
具体的には言いませんが、
 
 
「相場が悪いから・・・」と
思考停止してしまっては、
大きな利益を得る事は出来ません。

なぜなら、
株価が倍増るような
急騰銘柄の「初動」は、
 
相場が難しい時にこそ発生するからです。
 
 
「初動」の特徴を知って、
情報収集を欠かさずしていれば、
 
周りが気付く前に
急騰銘柄するにインすることが出来ます。
 
 
ビリオントレーダーの彼も、
短期で必要な瞬発力が足りないからこそ
 (※実際はそんなこと無いと思うのですが(^-^; )
 
「初動」を見つけることを
大切にされています。
 
相場が良くない時は
無理にトレードする必要はありませんが、

常に「次の大相場の予兆」を見つける意識で
アンテナを張っていると、
 
必ず大きなチャンスが舞い込んできます。
 
 
大きく稼いでいるトレーダーほど
やっぱり勉強家です。
 
 
「相場が悪いから」と後ろ向きにならず、
本日もはりきっていきましょう(^^♪
 
 
 
ウルフ村田