【11/08-相場まとめ】米中間選挙後の急反発。先行きはいかに?

2018.11.9
Share:

From:JIS事務局
東京神田のオフィスより、、、

木曜日の株式相場が終わりました。
今日も一日、トレードお疲れ様でした。

本日の株式相場まとめをお送りいたします。

★本日の相場まとめ
└────────────────

本日の相場まとめ – 2018年11月8日(木)

2万2486円92銭(+401円12銭)

本日の日経平均株価は、寄り付きで
前営業日比360円21銭高の2万2446円01銭となり、
急反発で始まりました。

その後も米国株が大幅に上昇したことを支えに
上げ幅を400円超に拡大し、2万2500円台を回復。

大引けにかけて高値圏でのもみ合いを継続しました。

日経平均株価は前営業日比401円12銭高の
2万2486円92銭で取引を終了しました。

値上がり銘柄数は1733、
値下がり銘柄数は324、
変わらずは54でした。

米中間選挙後の米国株が
大幅に上昇したことを支えに
幅広く買いが先行したほか、

中国・上海株の堅調な値動きや、
外国為替市場での円安基調が
安心感を誘ったようです。

しかし、現状は10月の急落局面での
下げ幅に対する半値戻し水準であり、

市場ではトランプ米政権が強硬な通商政策を
続ける限り、相場の先行きは楽観できない
とする見方が強まっています。

売り圧力が強まりやすいなか、
今後の一段の上昇には
新たな手掛かりが必要になりそうです。

★11/8(木)のランキング (15:00現在)
└────────────────

□11/8(木)値上がり率

1位<3047>(株)TRUCK-ONE(+25.64%)
2位<4331>(株)テイクアンドギヴ・ニーズ(+23.58%)
3位<1783>(株)アジアゲートホールディングス(+23.53%)
4位<4241>(株)アテクト(+23.20%)
5位<6899>ASTI(株)(+22.04%)

□11/8(木)値下がり率

1位<6444>サンデンホールディングス(株)(-22.23%)
2位<9268>(株)オプティマスグループ(-15.56%)
3位<7280>(株)ミツバ(-15.04%)
4位<6869>シスメックス(株)(-14.79%)
5位<2164>(株)地域新聞社(-14.50%)

□11/8(木)寄与度上位

1位<6367>ダイキン(+6.82%)
2位<9984>ソフトバンク(+2.90%)
3位<9983>ファストリ(+1.03%)
4位<8028>ユニファミマ(+4.06%)
5位<4523>エーザイ(+5.47%)

□11/8(木)寄与度下位

1位<6954>ファナック(-1.49%)
2位<7269>スズキ(-1.97%)
3位<5108>ブリヂストン(-2.15%)
4位<6506>安川電(-1.72%)
5位<7270>SUBARU(-1.96%)

※15時00分時点での速報データをもとに記載しています。
現時点でのデータと異なる可能性があることをご了承ください。

□11/9(金)重要経済指標

<日本>
(日) 10月 マネーストックM2 [前年同月比](8:50)

<海外>
(豪) 豪準備銀行(中央銀行)、四半期金融政策報告(9:30)
(豪) 9月 住宅ローン件数 [前月比](9:30)
(中) 10月 生産者物価指数(PPI) [前年同月比](10:30)
(中) 10月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比](10:30)
(仏) 9月 鉱工業生産指数 [前月比](16:45)
(英) 9月 貿易収支(18:30)
(英) 9月 鉱工業生産指数 [前月比](18:30)
(英) 9月 製造業生産指数 [前月比](18:30)
(英) 9月 月次国内総生産(GDP) [前月比](18:30)
(英) 7-9月期 四半期国内総生産(GDP、速報値) [前期比](18:30)
(英) 7-9月期 四半期国内総生産(GDP、速報値) [前年同期比](18:30)
(米) 10月 卸売物価指数(PPI) [前月比](22:30)
(米) 10月 卸売物価指数(PPI) [前年同月比](22:30)
(米) 10月 卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く) [前月比](22:30)
(米) 10月 卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く) [前年同月比](22:30)
(米) 11月 ミシガン大学消費者態度指数・速報値(0:00)
(米) 9月 卸売売上高 [前月比](0:00)
(米) 9月 卸売在庫 [前月比](0:00)

□11/9(金)の決算発表企業
1382ホーブ
1414ショーボンドホールディングス
1518三井松島ホールディングス
1662石油資源開発
1739シード平和
1743コーアツ工業
1764工藤建設
1795マサル
1807佐藤渡辺
1808長谷工コーポレーション
1813不動テトラ
1827ナカノフドー建設
1852浅沼組
1853森組
1861熊谷組
<他471件>

<編集部のオススメ>
株式投資で中々結果を出せず、
本格的なトレードを学びたいとお考えの方へ…

不安定な相場で確実に利益を出すために
とるべき戦略を、現役プロトレーダーが伝授します。

11月10日(土)までのお申し込みで受講料がお得に!
ご受講希望の方はお急ぎください。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar181113_19/

 

関連記事

Pick Up!

One thought on “【11/08-相場まとめ】米中間選挙後の急反発。先行きはいかに?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です