衝動的なトレードは避ける

2018.11.28
Share:

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは。
秋田洋徳です。

私は普段トレードをするとき、
チャートに張り付いてチャンスが
来るのを待つということはせずに、

ほとんどIFO注文という
自動注文の仕組みを利用しています。

これは私が普段他の仕事で忙しいから
ということもありますが、
もう一つ理由があります。

それは、ずっとチャートを見ていると
関係のないところでエントリーを
したくなってしまうので、

その気持ちを抑えるために敢えて
長期間チャートを見ないようにしているのです。

私は自分が定めたルールに
沿ってトレードをしており、

ルールで定めたエントリーチャンスが
来ない限りはトレードをしません。

そのため、例え何時間チャートを見ていようと、
自分の定めたチャンスが来なければ
何もしないというルールなのです。

ただ、長時間チャンスが来ないまま、
チャートを見続けているうちに段々と、

今ある値動きでも利益がとれる
チャンスがあるのではないか、

試しにエントリーしてみようか、

などと考えてしまいがちなのです。

その結果、適当なギャンブル的トレードを
して失敗に終わったという経験は
過去に何度もありましたので、

今はこのようなトレードをしないように、
なるべくチャートは見続けないようにしています。

ちなみに、このようにトレードをしたくて
ウズウズしてしまう状態ポジポジ病
呼んでいます。

私の生徒さんの中にもたまに、

「チャンスを待っているのがじれったいので、
今すぐエントリーしていいですか?」

と聞いてくる方もいらっしゃいますが、
そのような場合は必ず、
チャンスまで待っていただくようお伝えしております。

ポジポジ病になってしまうと、
チャートを見ているのにトレードを
して
いないと寂しい気分になり、

それを紛らわすためにギャンブル的なトレード
走ってしまいがちです。

もしチャートを見ていて
ウズウズするようだと少し危険ですので、

IFO注文などの予約注文を
使ってトレードをすることもお勧めします。

本日はここまでです。
ありがとうございました。

秋田洋徳

PS.
FXで高い勝率を狙うには、

優れたトレードルールを定め、
それに従ってトレードすることが大切です。

秋田式のルール通りにトレードを行えば、
損失のリスクを最小限まで抑えながら
安定した結果を得ることができます。

あと3席と残りわずかですが、
正しいノウハウを習得して、

効率的に資産を築きましょう。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar181202/

The following two tabs change content below.
秋田洋徳
秋田洋徳
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・秋田式FX手法開発者 ・専門分野:FX 1969年生まれ。 初心者から証券会社社長まで多くの方々に支持されるFX業界の異端児。 9割が負け組と言われる、厳しいFXの世界で、2009年に、後発組かつ全くの未経験から、勝率の高いFXノウハウを開発し、勝率70%、月利20%という並外れたパフォーマンスを実現する。さらに秋田式のノウハウを学んだ教え子たちも同様に安定したパフォーマンスを出し、その再現性の高さを証明している。これまでのスクールでの指導者数は延べ700名を超える。
秋田洋徳
最新記事 by 秋田洋徳 (全て見る)

関連記事

Pic Up!