想定外の損失を防ぐには?

2018.12.5
Share:

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは。
秋田洋徳です。

「FXは失敗するとあっという間に
資産をなくしてしまったり、
想定していないような大きな損失が
突然出るようなイメージがあるので怖い」

このような話を、
FX未経験の方からよく聞きます。

ただ、このような事態に陥るのは、
きちんと損切りをしなかったり、

資金管理や1回1回のトレード損益の
把握ができていないだけであって、

ほとんどは勉強不足が原因です。

FXは、取引量であるLOT数と、
取得pips数が分かれば、
その時点で損益額を計算できます。

損益額の計算は、

損益額(円)=LOT数 × 10,000 × pips数 × 0.01

このようになります。

(これは1LOT=1万通貨の証券会社でクロス円の
通貨の取引をした場合です。
1LOT=1,000通貨の証券会社の場合は「×10,000」
部分を「×1,000」に変更してください)

例えば、
25LOTの取引で20pipsの利益が取れた場合は、
25×10,000×20×0.01=50,000円の利益となりますし、

36LOTの取引で13pipsの損失が発生した場合は、
36×10,000×13×0.01=46,800円の損失となります。

予め何LOTで取引するかを決めていて、
何pipsで利確もしくは損切りをするかを
きっちり決めていれば、

利益や損失が出たとき、
具体的に何円の損益が発生するのかを
把握したうえでトレードすることが可能です。

突発的な大事件や震災などで相場が
突然大荒れした場合は別ですが、

それ以外の平時のトレードで損失が出たときに、

「まさかこんなに損失が出るなんて!」

とびっくりしてしまっている人は、
FXに取り組む準備が足りていません。

そのような状態で現金を使った
リアルトレードをしてしまうと、
本当に資金がすっからかんに
なりかねませんので、

そのような場合はデモ口座などを使って、
架空のお金で実際に取引をしながら、

LOT数・pips数・損益額の関係性を
きちんと確認することをお勧めします。

FXはリスクの管理をきちんと行いながら
取引ができる投資方法です。

私も1日の損益額は証拠金額の
プラスマイナス2%~3%以内に収まるように
調整しながらトレードをしています。

管理ができていない投資は
ただのギャンブルです。

カジノへルーレットをしに行くのと
何ら変わりありません。

皆さんもFXを始めるときは、

「ギャンブル」ではなく
「投資」をしているということを、

常に意識していただければと思います。

本日はここまでです。
ありがとうございました。

秋田洋徳

PS.
「FXは大きな損失が出そうだから怖い」
という声をよく聞くということを
最初にお話ししましたが、これは大きな誤解です。

リスク管理を徹底してトレードを行えば、
受ける損失は最小限に抑えつつ、
安定して利益を得ることができます。

FXは怖いと思っている方にこそ、
まずはデモトレードを体験することで
その誤解を解いていただきたいのです。

秋田式のトレード手法をマスターして、
是非とも良い成績を出してください。

【12/12 東京】
http://akita-fx.info/akita-fx/tokyo_hl/

【12/14 大阪】
http://akita-fx.info/akita-fx/osaka_hl/

【12/16 福岡】
http://akita-fx.info/akita-fx/fukuoka_hl/

【12/19 名古屋】
http://akita-fx.info/akita-fx/nagoya_hl/

The following two tabs change content below.
秋田洋徳
秋田洋徳
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・秋田式FX手法開発者 ・専門分野:FX 1969年生まれ。 初心者から証券会社社長まで多くの方々に支持されるFX業界の異端児。 9割が負け組と言われる、厳しいFXの世界で、2009年に、後発組かつ全くの未経験から、勝率の高いFXノウハウを開発し、勝率70%、月利20%という並外れたパフォーマンスを実現する。さらに秋田式のノウハウを学んだ教え子たちも同様に安定したパフォーマンスを出し、その再現性の高さを証明している。これまでのスクールでの指導者数は延べ700名を超える。
秋田洋徳
最新記事 by 秋田洋徳 (全て見る)

関連記事

Pic Up!