【4/15-相場まとめ】4ヶ月ぶり最高値一時更新で強気相場

2019.4.15
Share:

From:JIS事務局
東京神田のオフィスより、、、

月曜日の株式相場が終わりました。
今日も一日、トレードお疲れ様でした。

本日の株式相場まとめをお送りいたします。

★本日の相場まとめ
└────────────────

本日の相場まとめ – 2019年4月15日(月)

2万2169円11銭(+298円55銭)

本日の日経平均は大幅に3日続伸。

朝方は、前週末の米国株高により
幅広い銘柄が買われ、全面高で推移しました。

昼頃まで価格の上昇は続き、
昨年12月4日以来およそ
4カ月ぶりに2万2000円を上回りました。

その後、若干の反発もありましたが、
大引けにかけて、高値圏で
推移していきました。

日経平均株価は前営業日比298円55銭高の
2万2169円11銭で取引を終了。

値上がり銘柄数は1910、
値下がり銘柄数は190、
変わらずは41でした。

為替が1ドル=112円前後で落ち着いていたことに加え、
中国・上海市場でも株価が上昇し、
東京市場の株高を後押ししました。

電機や銀行、情報通信など
時価総額の大きい主力業種に買いが入り、

株価指数先物にも短期売買を得意とする
海外投資ファンドの資金が流入したとみられ、

「市場全体として強気に傾いた」(国内運用会社)
という意見が出ております。

再び2万2000円の高値を更新するかどうかで
今後の相場の方向感が決まりそうです。

★4/15(月)のランキング (15:00現在)
└────────────────

□4/15(月)値上がり率

1位<7807>(株)幸和製作所(+22.99%)
2位<6182>(株)ロゼッタ(+21.12%)
3位<6532>(株)ベイカレント・コンサルティング(+20.35%)
4位<6064>(株)アクトコール(+18.99%)
5位<4585>(株)UMNファーマ(+18.39%)

□4/15(月)値下がり率

1位<6047>(株)Gunosy(-21.19%)
2位<3267>(株)フィル・カンパニー(-19.84%)
3位<2379>ディップ(株)(-17.80%)
4位<6578>(株)エヌリンクス(-15.44%)
5位<6044>(株)三機サービス(-15.13%)

□4/15(月)寄与度上位

1位<9984>SBG(+3.09%)
2位<9983>ファストリ(+0.95%)
3位<6954>ファナック(+2.52%)
4位<6971>京セラ(+2.52%)
5位<4543>テルモ(+2.25%)

□4/15(月)寄与度下位

1位<1925>大和ハウス(-3.80%)
2位<7269>スズキ(-2.34%)
3位<9433>KDDI(-0.73%)
4位<4507>塩野義(-0.91%)
5位<9735>セコム(-0.27%)

※15時00分時点での速報データをもとに記載しています。
現時点でのデータと異なる可能性があることをご了承ください。

□4/16(火)重要経済指標

<日本>
(日) 2月 第三次産業活動指数 [前月比](13:30)

<海外>
(豪) 豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表(10:30)
(トルコ) 2月 鉱工業生産 [前月比](16:00)
(英) 3月 失業保険申請件数(17:30)
(英) 3月 失業率(17:30)
(英) 2月 失業率(ILO方式)(17:30)
(欧) 2月 建設支出 [前月比](18:00)
(欧) 2月 建設支出 [前年同月比](18:00)
(独) 4月 ZEW景況感調査(期待指数)(18:00)
(欧) 4月 ZEW景況感調査(18:00)
(加) 2月 対カナダ証券投資額(21:30)
(加) 2月 製造業出荷 [前月比](21:30)
(米) 3月 鉱工業生産 [前月比](22:15)
(米) 3月 設備稼働率(22:15)
(米) 4月 NAHB住宅市場指数(23:00)

□4/16(火)の決算発表企業

<3091>ブロンコビリー

<編集部のオススメ>
世界の富裕層たちが使っている
お金を『守る』仕組みをご存知でしょうか?

この仕組みを使うことで、
お金が増えることはあっても
減ることはない状態を作ることができます。

この仕組の秘密を知りたい方は
こちらをご確認ください

http://japan-i-school.jp/jim/kihara190422/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。