【12/02-相場まとめ】3日ぶり大幅反発、中国製造業PMI改善に好感

2019.12.2
Share:

From:JIS事務局
東京神田のオフィスより、、、

月曜日の株式相場が終わりました。
今日も一日、トレードお疲れ様でした。

本日の株式相場まとめをお送りいたします。

★本日の相場まとめ
└────────────────

本日の相場まとめ – 2019年12月2日(月)

2万3529円50銭(+235円59銭)

本日の日経平均は大幅反発。

11月12日の年初来高値(終値2万3520円01銭)を
ほぼ3週間ぶりに更新。

朝方は買いが先行。

後場早々には2万3562円05銭(前週末比268円14銭高)
まで上昇。

その後は、売買が交錯し、大引けにかけて
高値圏でもみ合い商状となりました。

日経平均株価は、前営業日比235円59銭高
の2万3529円50銭で終了。

値上がり銘柄数は856、
値下がり銘柄数は1184、
変わらずは117でした。

前週末の米国株式は下落したものの、30日発表の
中国11月製造業PMI(購買担当者景気指数)の改善を受け、
投資家心理が好転。円弱含みや時間外取引の
米株価指数先物高もあって、上げ幅を拡大。

市場からは「強い動きで雰囲気は変わってきた。
日経平均は取引時間中の年初来高値(2万3608円)を
明確に上抜けば、一段高が期待できる。

ただし、米中問題が頓挫せず、海外要因次第になる」
(準大手証券)との声が聞かれました。

★12/2(月)のランキング (15:00現在)
└────────────────

□12/2(月)値上がり率

1位<1689>WisdomTree 天然ガス上場投信(+50.0%)
2位<1840>(株)土屋ホールディングス(+38.10%)
3位<3223>(株)エスエルディー(+27.03%)
4位<6898>トミタ電機(株)(+25.42%)
5位<9272>ブティックス(株)(+21.47%)

□12/2(月)値下がり率

1位<4369>(株)トリケミカル研究所(-9.83%)
2位<4438>(株)Welby(-9.29%)
3位<3930>(株)はてな(-8.82%)
4位<4707>(株)キタック(-8.59%)
5位<1685>WisdomTree エネルギー上場投信(-8.49%)

□12/2(月)寄与度上位

1位<9983>ファストリ(+1.66%)
2位<6954>ファナック(+1.60%)
3位<4543>テルモ(+1.80%)
4位<4519>中外薬(+2.67%)
5位<4063>信越化(+1.67%)

□12/2(月)寄与度下位

1位<9984>SBG(-0.40%)
2位<7269>スズキ(-2.08%)
3位<6857>アドテスト(-0.56%)
4位<4523>エーザイ(-0.47%)
5位<8035>東エレク(-0.13%)

※15時00分時点での速報データをもとに記載しています。
現時点でのデータと異なる可能性があることをご了承ください。

□12/3(火)重要経済指標

<日本>
(日) 11月 マネタリーベース [前年同月比](8:50)

<海外>
(英) 11月 英小売連合(BRC)小売売上高調査 [前年同月比](9:01)
(豪) 7-9月期 経常収支(9:30)
(豪) 豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表(12:30)
(トルコ) 11月 消費者物価指数(CPI) [前月比](16:00)
(トルコ) 11月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比](16:00)
(スイス) 11月 消費者物価指数(CPI) [前月比](16:30)
(仏) 10月 財政収支(16:45)
(南ア) 7-9月期 四半期国内総生産(GDP) [前期比年率](18:30)
(南ア) 7-9月期 四半期国内総生産(GDP) [前年同期比](18:30)
(英) 11月 建設業購買担当者景気指数(PMI)(18:30)
(欧) 10月 卸売物価指数(PPI) [前月比](19:00)
(欧) 10月 卸売物価指数(PPI) [前年同月比](19:00)

□12/3(火)の決算発表企業

<9627>アインホールディングス

<編集部のオススメ>
なぜ、この手法は殆どのトレーダーが引っかかる
突然の急騰急落に予め対応できるのか?

相場の本質的な仕組みから利益に変える
ノウハウを少人数セミナーでお伝えします。

【12/11(水)大阪開催】
http://japan-i-school.jp/jim/seminarok1912/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。