空売り戦略を推奨している理由

2019.12.16
Share:

From:堀北晃生
丸ノ内のオフィスより、、、

こんにちは、堀北晃生です。

株式投資で稼ぐ方法として、
私は「空売り」を推奨しています。

これはなぜかと言うと、
実は人間の脳の構造
その答えがあるからです。

人間の脳は様々な機能を持ちますが、
その中でも優れているのが、
危険を察知して瞬時に反応する機能なのです。

1,結晶型知性
2,流動型知性

■結晶形知性とは、
じっくり考えてから、行動をするというもの。

例えば、将棋をやっている時は結晶形の脳を使い、
さまざまな可能性とリスクを考えながら一手を打ちます。

投資の分野でいうと、
さまざまな情報を集め、
投資をするかしないのか、

するのだとしたら、
どのタイミングで利益確定売りするのかを
考えているときです。

結晶形知性は年齢に関係なく、
学べば学ぶほど進化していきます。

それに対して、

■流動型知性というのは、
人間が本来持っている
生命維持機能の装置です。

考えて行動するのではなく、
安全な方向へ瞬時に
体が動くというものです。

例えば、

・テーブルからスプーンが落ちそうになり、
瞬時に手を伸ばしてつかもうとした時。

・ドッジボールでボールが飛んできた際、
瞬時に体を避けて当たらないようにする時。

・寒いと感じた時に鳥肌を立てて、
体温を調整しようと体を動かした時。

こういった例は考えて行動しているのではなく、
瞬時に脳が反応して、体からホルモンを出し、
そして神経伝達を通じて行動させるというもの。

これが反射神経運動神経
言われるようなものです。

投資でいうと、持っている株がどんどん下がり、
「このまま保有していると想定外の損をしてしまう」と
感じた時に人はパニックになります。

そして、心臓の鼓動が早くなり、
全身の血が逆流するかのような緊張感が走り、
呼吸が苦しくなる状態。

その苦痛から今すぐ逃げ出したいがために、
持っている株を投げ売りしてしまう。

これが狼狽売りというものです。

あなたもこんな経験はありませんか?

空売りとは脳の反応のうち、
「流動型知性」が自動的に反応し、
安全になるための行動を瞬時に起こすというものです。

そのため、株価が上昇するときよりも、
下落するほうが圧倒的にスピードが早い原因は、
人間の脳の構造にあったのです。

期待するよりも「ヤバい」と思った時のほうが、
行動するスピードは早く、
そして強いエネルギーが出ます。

急落相場で売りが売りを呼び、
マーケットから悲鳴が聞こえてきそうなくらいの
下落になるのはこの原理です。

堀北式株価デトックス理論では、
こういった急落相場をあらかじめ想定し、
事前に準備することで利益に変えることができます。

人が焦って投げ売りする前に
空売りを仕掛けることで、

株価が下がれば下がるほど、
利益を出せるという方法です。

人間の脳の構造を知った上で
投資戦略を組み替えることができれば、
カンタンにパフォーマンスを出すことができます。

「空売りの魅力は脳の構造にあった」

ということです。

まだ空売り戦略を
マスターされていらっしゃらない方は、
ぜひこの理論を身に付けてください。

きっと、一生の資産になるはずです。

追伸:

大損したときと大きな利益を出した時は、
必ずクールダウンさせてください。

脳が興奮状態になっているのを冷ますために、
あえて投資をしない期間を
設けるということです。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
ウェブセミナーのテーマ:
「株式投資でやってはいけない7つの過ち」
「上昇株を見つける4つの方法」
参加費用:550円
お申込み:http://japan-i-school.jp/jim/26/
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です