【2/12-相場まとめ】連日最高値更新の米国市場を好感し、反発

2020.2.12
Share:

From:JIS事務局
東京神田のオフィスより、、、

水曜日の株式相場が終わりました。
今日も一日、トレードお疲れ様でした。

本日の株式相場まとめをお送りいたします。

★本日の相場まとめ
└────────────────

本日の相場まとめ – 2020年2月12日(水)

2万3861円21銭(+175円23銭)

本日の日経平均は3営業ぶりに反発。

朝方から買いが先行。

寄付きは、小幅高から始まりましたが、
直後から大きく買われ、9時15分頃には
2万3867円99銭(前日比182円01銭)まで上昇。

その後は、利益確定に押され
150円近く売られる場面もありましたが、
押し目買いに支えられ水準を維持。

後場に入ってからは、2万3800円付近で
小幅に推移。

大引けにかけては、再び高値を更新し
買いが優勢のまま、取引を終えました。

日経平均株価は、前営業日比175円23銭高
の2万3861円21銭で終了。

値上がり銘柄数は588、
値下がり銘柄数1494、
変わらずは77でした。

11日の米国株式市場で、ナスダック総合指数が連日で
史上最高値を更新したことを好感し、
朝方の東京市場は買いが先行。

米連邦地裁が子会社の合併を容認したソフトバンクGが
大きく買われたことが日経平均株価を後押しし、
堅調な推移となりました。

コロナウィルスによる感染拡大が懸念されるも、
好業績銘柄は買われる傾向にあり、
決算通過後の値動きに注目が集まっていきそうです。

★2/12(水)のランキング (15:00現在)
└────────────────

□2/12(水)値上がり率

1位<3911>(株)Aiming(+27.92%)
2位<7183>あんしん保証(株)(+24.52%)
3位<2429>(株)ワールドホールディングス(+23.50%)
4位<7082>(株)ジモティー(+21.06%)
5位<4434>(株)サーバーワークス(+19.46%)

□2/12(水)値下がり率

1位<6677>(株)エスケーエレクトロニクス(-20.81%)
2位<1994>高橋カーテンウォール工業(株)(-20.46%)
3位<6553>ソウルドアウト(株)(-13.87%)
4位<3676>(株)デジタルハーツホールディングス(-12.97%)
5位<3291>飯田グループホールディングス(株)(-11.22%)

□2/12(水)寄与度上位

1位<9984>SBG(+11.89%)
2位<8035>東エレク(+3.49%)
3位<9983>ファストリ(+0.89%)
4位<6857>アドテスト(+4.32%)
5位<6762>TDK(+3.07%)

□2/12(水)寄与度下位

1位<4507>塩野義(-2.79%)
2位<4503>アステラス(-1.87%)
3位<4519>中外薬(-1.39%)
4位<4063>信越化(-1.22%)
5位<9613>NTTデータ(-2.04%)

※15時00分時点での速報データをもとに記載しています。
現時点でのデータと異なる可能性があることをご了承ください。

□2/13(木)重要経済指標

<日本>
(日) 1月 国内企業物価指数 [前月比](8:50)
(日) 1月 国内企業物価指数 [前年同月比](8:50)

<海外>
(英) 1月 英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)住宅価格指数(9:01)
(トルコ) 12月 鉱工業生産 [前月比](16:00)
(独) 1月 消費者物価指数(CPI、改定値) [前月比](16:00)
(独) 1月 消費者物価指数(CPI、改定値) [前年同月比](16:00)
(米) 1月 消費者物価指数(CPI) [前月比](22:30)
(米) 1月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比](22:30)
(米) 1月 消費者物価指数(CPIコア指数) [前月比](22:30)
(米) 1月 消費者物価指数(CPIコア指数) [前年同月比](22:30)
(米) 前週分 新規失業保険申請件数(22:30)
(米) 前週分 失業保険継続受給者数(22:30)
(メキシコ) メキシコ中銀、政策金利(4:00)

□2/13(木)の決算発表企業

<1384>ホクリヨウ
<1400>ルーデン・ホールディングス
<1431>LibWork
<1435>TATERU
<1446>キャンディル
<1491>中外鉱業
<1718>美樹工業
<1724>シンクレイヤ
<1805>飛島建設
<1815>鉄建
<1827>ナカノフドー建設
<1860>戸田建設
<1881>NIPPO
<1882>東亜道路工業
<1899>福田組
<他368件 >

<編集部のオススメ>
勝てるといわれている手法で
なぜか負け続けてしまう…

個人トレーダーが勝てない多くの原因が、
売買タイミングを判断する情報が
圧倒的に不足しているためです。

現役で年利3000%を達成している講師が
勝つために必要不可欠な情報と
実践的内容を包み隠さず公開します。

http://japan-i-school.jp/jim/kujira_200222/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です