ポジティブ思考に潜む罠

2021.6.8
Share:

From:堀北晃生
丸ノ内のオフィスより、、、

こんにちは、堀北晃生です。

成功哲学を読むと、ネガティブな思考よりも
ポジティブな思考が大切だということが
さまざまな本で紹介されています。

確かに世の中を悲観して考えていたり、
愚痴や批判的な言葉を口にしている人は、
成功しないと思います。

セールスの世界では特に、
ポジティブ思考が大切だと言われますね。

「100年断られても101件目で、奇跡の顧客と出会える」

このようなメッセージです。

こういったマインドを刷り込むことで、
売れない営業マンが売れるようになるというのも
一理あります。

しかし、株式投資家にとって過度な
ポジティブ思考は危険になります。

学ぶことや感謝する気持ちはとても重要ですが、
根拠のないポジティブ思考でエントリーすると、
取り返しのつかない損切りに繋がります。

あなたも過去に、
そのような経験はありませんか?

投資家にとって必要なものは、
リスク管理思考です。

これはネガティブに考えるのとは異なり、
最悪を想定して、最善の対策を
常に講じるということです。

投資は未来を予測して行動するものですが、
もちろん想像を超える予定外の変動は
頻繁に起こります。

想定していなかった値動きになることは
よくあるケースであり、投資をする以上、
これは避けられないと思います。

その時に、予め予測できる範囲内の
リスクコントロールができていれば、
損切りも最小限で留めることができます。

買付の時に、ポジティブ思考になりすぎて、
損切りラインを決めずに投資するなどは、
あまりにも愚かな行為としか言えません。

投資における損失を最小限にするために、
予想外の動きになった場合にどうするかを
予め考えておくということはとても重要なことです。

ポジティブ思考は控えめにして、
リスク管理思考で最悪を想定して、
最善をプランする。

これが重要です。

私たちは、こういった投資をする前に、
必ず損切りラインや最悪の想定になることを、
紙のノートに書くことをおすすめしています。

パソコンのデジタルデータですと、
後日にいくらでも編集ができるため、
思考のログとしては弱いと考えられるためです。

ぜひ投資する前のリスク管理思考を、
紙のノートに書いていただくことをおすすめします。

堀北晃生

追伸:
プロトレーダーの中にも、
大損した時には精神的なダメージを負って、
冷静さを失う人が少なからず存在します。

心のダメージは体にも大きな影響を
与えますので、くれぐれも無理のない投資で
進めるように心がけてください。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
■堀北晃生(ほりきたあきお)プロフィール

大暴落相場で大損・・・と悔しい思いをしてきた投資家を、最短6ヶ月で「勝率8割・平均10%以上のスキルをマスター」させる投資コンサルタント堀北晃生です。「割安株を見つけるためにいろんな情報を集めたが、思ったように利益を出せなかった」・・・と悩んでいる投資家に、3年間毎月のように成功実績が上がっている実績を元に、「4つのチャートテンプレート」を見るだけで、面白いように利益を出せるようになる「魔法の投資戦略」をお伝えしています。「株式投資で利益を出したいが結果が出ない」や、「塩漬け株から脱却したい」などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ無料WEBセミナーに参加してください。

▼掘北式株価デトックス理論 無料WEBセミナー(空売りが学べます)
http://japan-i-school.jp/jim/hkd_form/

▼ブレイクスルー銘柄コンプリートWEBセミナー
http://japan-i-school.jp/jim/26/
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です