こういう時はトレードしない

2018.5.14
Share:

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
パリティです。

先週もドル円相場は若干の
上昇を見せる形となりましたね。

しっかりと相場を監視しつつ、
ルール通りエントリーしていれば
50pips程度の利益が出た局面でした。

ただし、相場が大きくブレイクして
いないので、若干トレードしにくいですね。

一方で、逆張りがトレードしやすい
相場でもないので、
トレーダー泣かせの中途半端な
ブレイク相場でした。

こういう時は、むしろトレード
しないで良いトレンドが来るのを待つか、

別の通貨ペアでトレードする方が
良い結果になりやすいです。

何をもって良いトレンドと判断するかは
トレーダーの裁量ですが、
私は週足、日足、4時間足の動きを見ながら
判断するようにしています。

読者の皆様もぜひ独自の観点で
相場の状態を分析し、
トレードに生かすようにしましょう。

パリティ

PS.
私のトレード法は、
普段見ているチャートの動きを
少しだけ見方を変えるだけで、
驚異的に利益が増えた方もいらっしゃいます。

じつは誰でもできる方法なので、
こちらから詳細をお話ししています。

ぜひ大切なポイントを知って、
今までとは違う結果を得てほしいと思います。

http://japan-i-school.jp/jim/180602_kujira/

The following two tabs change content below.
パリティ
パリティ
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・現役プロトレーダー ・専門分野:FX 高校卒業後、携帯電話販売会社に勤務し、1ヶ月で400件以上の契約を獲得しトップセールスとなる。サラリーマンの傍ら始めたFXでは何度も破産を経験するものの、必死の思いで相場を研究し、2009年独自の手法を開発する。その後は安定した利益を出し続け、勝ち組トレーダーの仲間入りを果たす。高校時代の同級生と共にFXトレーディング用の法人を設立し、以来6年間専業トレーダーとして生活を送っている。講師としても5年以上の経験があり、日本全国で多数の教え子を輩出している。生徒が相場の原理を理解し、自力で利益を出せるようになるまで教え続けるといった徹底した指導スタイルに定評がある。教え子とは、講師と生徒の関係を超えて、飲み仲間や釣り仲間になることも多い。現在も現役トレーダーとして、徹底的に生活リズムを為替相場に合わせる生活を送っており、「相場にボラティリティがある間は徹夜でもトレードし続ける」ことで貪欲に利益を追求している。

関連記事

Pic Up!