下落の方が速いのはなぜ?

2018.11.12
Share:

From:堀北晃生
丸の内のオフィスより、、、

おはようございます、堀北晃生です。

堀北式株価デトックス理論では、
特定の銘柄を空売りで利益を出す方法を
教えています。

空売りの魅力ななんと言っても、
利益確定までスピードが速いこと。

株価が上昇するときよりも、
株価が下落するときのスピードのほうが
圧倒的に速いのです。

これはファイナンスの理論ではなく、
群集心理から見ると明確にわかります。

株が上昇する時は、
未来に対する期待で「徐々に」上昇します

しかし、株が大きく下落する時は、
「もしかしたら大損するかもしれない」
という恐怖の感情から投げ売りしてきます。

人は危険を感じたときには、
今すぐその危険から回避したいという
生存本能
が反応します。

そのため、目先の利益よりも大損しない
という選択をするのです。

それが、上昇よりもはるかに速い
下落スピードをもたらすのです。

私達は、そういった一部の加熱した銘柄を
徹底的にマークして、ほぼ確実に下がるであろう
銘柄のみを空売りで利益を出しています。

この堀北式株価デトックス理論を
指導し始めてから半年以上たちましたが、

買い戦略をやめて
空売りのみにシフトされた方も
学んだ人の中にはたくさんいらっしゃいます。

正しい方法で空売りを利用すれば、
短期間で資産を増やすことができると思います。

なんといっても、長期間塩漬け株に悩むことが
なくなる
のがいいですね。

言い方は良くないかもしれませんが、
暴落が待ち遠しくもなります。

ストレスフリーで投資ができることは、
心も体もとても楽になります。

今年は大きな下落が2回起きていますが、
あなたも投資の1つとして
空売りを取り入れることをお勧めします。

堀北晃生

追伸1:

年末まであと1ヶ月ちょっとですね。

今年の運用パフォーマンスはいかがですか?
まだまだチャンスに満ち溢れた相場が
続くと思います。

いい結果報告をお待ちしております。

追伸2:

空売りを始めようにも
何から手を付けた方がいいか分からない人も
いるかかもしれません。

そんな方はこちらの
書籍から勉強してみると良いと思います。

http://japan-i-school.jp/jim/181022_hktdl/

The following two tabs change content below.
堀北晃生
堀北晃生
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・大衆心理の裏を突く「空売りの魔術師」 ・次世代金融システムのファシリテーター 全国トップ5%に入る富裕層向けの資産運用アドバイザーとして外資系のプライベートバンクで2004年より活動を開始。 資産運用や投資顧問会社へのコンサルティング、個人投資家向けのクローズドな情報発信に携わる。 そこで培った知識と経験が評価され、現在は個人投資家からプロトレーダーまで、投資のアドバイスや情報発信を行っている。 プロトレーダーと個人投資家の情報格差を埋めるために、シークレット勉強会を少人数で展開しながら、大学との共同研究で急騰株の天井から空売りを仕掛ける独自の手法を開発。 民間企業の資産運用コンテストで500万円を15億円まで増やして優勝したことも。 こうした活動を通して、日々変化する投資の世界においてナンバーワンであることにこだわり、株式市場の最先端をリードする活動に情熱を注いでいる。

関連記事

Pic Up!

下落の方が速いのはなぜ?へのコメント

  1. SBI口座開設出来て 空売りが出来るかやった見ると 非貸借銘柄で出来ず 何故ですか? 会員登録は間もなくする予定です

  2. カラ売りをどのようにしたらよいかわかりません。
    野村証券、楽天証券の口座を持っているが、順売りしかできません。
    教えてください

  3. 原油の値段が上がると全ての物の値段が上がる。アメリカのヘッジファンドが株の値段を下げるなら日本の政府側が買い支えるといい。株の経営者にお金が入り生活できる。井出博さんのマリ共和国の油田はイスラムゲリラに妨害されて掘れない。油田が売れたなら農業アルバイトを雇うと言っていた。

  4. 確かにストップ高近くまで上昇した株が下がり始めたら速いです。
    空売りは株トレードには必要ですね〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。