暴落前に売りサイン発見

2019.1.15
Share:

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

こんにちは。
パリティです。

2019年になったばかりですが、
為替相場は大荒れの状態と
なっていますね。

年末に発生したドル円の大暴落で、
大損された方も
多かったのではないでしょうか。

世間的には、
損失ばかりが取り沙汰されたり、
ネットの書き込みなどにも
数千万失った…などの衝撃的な
書き込みが多く存在します。

しかし、それと同じくらい利益を
出している人もいるわけです。

トレンドフォローを
メインとする私の手法でも、

もちろん暴落前に
売りエントリーのサインが出ていたので
大きな収益チャンスとなりました。

暴落を全て取りきったというわけでは
ありませんが、「お年玉」的に
利益を得ることができました。

相場を監視されていた
生徒さんの中にも
大きな利益を上げた方も
いらっしゃいました。

もちろん、こういった相場状況の時に
根拠もなくトレードするは自殺行為です。

だからこそ日頃の検証により
リスクを理解しながら、
挑戦できるだけの冷静さが必要になります。

激しい動きのときほど基本に忠実に
決して無理しないことです。

売りサインにしても、
基本のノウハウから外れて
何か特殊なことをするわけではありませんし、

そんな特例付きのノウハウであれば、
あまり質の良い手法とは言えないと思います。

となると、荒れ相場の時に
自信を持ってトレードできるかが
スキルの判断材料とも言えそうですね。

我々FXトレーダーからすれば、
上昇でも下落でも
収益チャンスがありますので、

下落相場が来るなら、
思いっきり下げてほしいところです。

荒れ相場はボーナスステージです。

私も稼げる時に稼げるだけ
利益を高めたいと思います。

みなさんも是非、
こういった時期に確信を持って
トレードできる手法と

それを実践し続けられる
メンタルを手に入れてください。

パリティ

PS.
1月のみ特別価格で募集している
パリティ式FXトレード速習セミナーですが、
好評に付き5席追加となりました。

年始というのは気合の入る時期ですし、
新たなトレードをスタートするのには
ぴったりのタイミングだと思います。

今後ますますトレードチャンスは
多くなりそうなので、パリティ式FXを使って
その利益をしっかりと自分のものにしてください。

https://japan-i-school.jp/sl/parity/190126_kujira/

The following two tabs change content below.
パリティ
パリティ
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・現役プロトレーダー ・専門分野:FX 高校卒業後、携帯電話販売会社に勤務し、1ヶ月で400件以上の契約を獲得しトップセールスとなる。サラリーマンの傍ら始めたFXでは何度も破産を経験するものの、必死の思いで相場を研究し、2009年独自の手法を開発する。その後は安定した利益を出し続け、勝ち組トレーダーの仲間入りを果たす。高校時代の同級生と共にFXトレーディング用の法人を設立し、以来6年間専業トレーダーとして生活を送っている。講師としても5年以上の経験があり、日本全国で多数の教え子を輩出している。生徒が相場の原理を理解し、自力で利益を出せるようになるまで教え続けるといった徹底した指導スタイルに定評がある。教え子とは、講師と生徒の関係を超えて、飲み仲間や釣り仲間になることも多い。現在も現役トレーダーとして、徹底的に生活リズムを為替相場に合わせる生活を送っており、「相場にボラティリティがある間は徹夜でもトレードし続ける」ことで貪欲に利益を追求している。
パリティ
最新記事 by パリティ (全て見る)

関連記事

Pic Up!