事業投資における重要な基準

2019.1.29
Share:

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

こんにちは。
パリティです。

今回は少しFXから離れて、
事業投資について書いていこうと思います。

弊社では、トレーディング以外でも、
いくつかの事業への投資も行っています。

その一例が焼肉屋ですね。

弊社では現在3店舗の焼肉屋の
運営をしているのですが、

このような事業を行う場合、
最終的な投資の利回りを計算したうえで、
投資実行の是非を判断します。

もちろん現実世界の事業ですから、
様々な予期しないトラブルが
勃発します。

配管工事の業者が逃げたり、
当初想定以上に人件費がかかったり、
地震で思わぬ被害が発生する等、

日々、判断しなければいけない
ことが多いです。

しかし、発生する問題を対処する時に
際限なく資金を投じてしまうと、

投資案件としては失敗になってしまうので、
その判断が難しいところです。

とにかく重要な基準は、
費用対効果だと思っています。

どちらかというと、
これはFXのトレーダーというよりは、
不動産の投資家に近い観点なのかもしれませんね。

今後も投資家として、
金融商品の売買だけでなく、

色々なビジネスへの投資にも取り組み、
幅を広げていきたいと思います。

パリティ

PS.
FXを始める前に知っていただきたい、
利益を生み出すために押さえておくべき基本を、
こちらの書籍で詳しく解説しています。

お金の悩みから開放されるその秘訣を、
ぜひ手にとって読んでみてください。

http://japan-i-school.jp/jim/parity_book/

PPS.
2月23日(土)に、
私主催のFXセミナーを開催予定です。

詳細につきましては、
次回以降のブログでお伝えできると思いますので、
続報をお楽しみください。

The following two tabs change content below.
パリティ
パリティ
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・現役プロトレーダー ・専門分野:FX 高校卒業後、携帯電話販売会社に勤務し、1ヶ月で400件以上の契約を獲得しトップセールスとなる。サラリーマンの傍ら始めたFXでは何度も破産を経験するものの、必死の思いで相場を研究し、2009年独自の手法を開発する。その後は安定した利益を出し続け、勝ち組トレーダーの仲間入りを果たす。高校時代の同級生と共にFXトレーディング用の法人を設立し、以来6年間専業トレーダーとして生活を送っている。講師としても5年以上の経験があり、日本全国で多数の教え子を輩出している。生徒が相場の原理を理解し、自力で利益を出せるようになるまで教え続けるといった徹底した指導スタイルに定評がある。教え子とは、講師と生徒の関係を超えて、飲み仲間や釣り仲間になることも多い。現在も現役トレーダーとして、徹底的に生活リズムを為替相場に合わせる生活を送っており、「相場にボラティリティがある間は徹夜でもトレードし続ける」ことで貪欲に利益を追求している。
パリティ
最新記事 by パリティ (全て見る)

関連記事

Pic Up!