次の暴落が狙い目?

2019.2.5
Share:

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

こんにちは。
パリティです。

ここ最近の為替相場ですが、
年末のドル相場の暴落以降、
緩やかに推移していますね。

私の見立てだと、
今のこの段階はちょうどエネルギーを
貯めているところ
です。

なので、次の暴落が始まった場合、
私はそれこそが
2回目の収益チャンスなのではないかと
考えています。

そのため、今は注意深く
相場状況をウォッチすることに
気が抜けません。

みなさんもぜひ、
いつもより少しだけ
相場の状況に強く意識を
傾けてみてください。
 
 
ところで、今年は
インフルエンザが例年以上の勢いで
流行しているようです。

私の周囲の人も
体調不良で休養をとられる方が
続出しています。

しかし、トレーダーも
やはり体が資本。

体調不良で休んでいる間に
相場が動いてしまい、
機会損失ということになれば
元も子もありません。

手洗いやマスクなど
体調管理には気を付けましょう。

ですが、もし高熱などの症状を
少しでも察知したら
すぐに自宅で休養をとるようにしてください。

相当つらいとはよく聞きますが、
感染していた場合、
無理をして外にでてしまうと
新たな患者を増やしてしまう恐れがあります。

もちろん、医療機関の受診もお忘れなく。

パリティ

<編集部からのオススメ>
なぜ、あなたの投資戦略は
利益を生まないのか?

「知らないだけで損失」する
日本の金融事情を、海外投資のプロが
【残り4名】に徹底解説。
http://japan-i-school.jp/jim/kihara190212/

The following two tabs change content below.
パリティ
パリティ
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・現役プロトレーダー ・専門分野:FX 高校卒業後、携帯電話販売会社に勤務し、1ヶ月で400件以上の契約を獲得しトップセールスとなる。サラリーマンの傍ら始めたFXでは何度も破産を経験するものの、必死の思いで相場を研究し、2009年独自の手法を開発する。その後は安定した利益を出し続け、勝ち組トレーダーの仲間入りを果たす。高校時代の同級生と共にFXトレーディング用の法人を設立し、以来6年間専業トレーダーとして生活を送っている。講師としても5年以上の経験があり、日本全国で多数の教え子を輩出している。生徒が相場の原理を理解し、自力で利益を出せるようになるまで教え続けるといった徹底した指導スタイルに定評がある。教え子とは、講師と生徒の関係を超えて、飲み仲間や釣り仲間になることも多い。現在も現役トレーダーとして、徹底的に生活リズムを為替相場に合わせる生活を送っており、「相場にボラティリティがある間は徹夜でもトレードし続ける」ことで貪欲に利益を追求している。
パリティ
最新記事 by パリティ (全て見る)

関連記事

Pic Up!