【3/01-相場まとめ】大幅反発、米中摩擦緩和に好感

2019.3.1
Share:

From:JIS事務局
東京神田のオフィスより、、、

金曜日の株式相場が終わりました。
今週も一日、トレードお疲れ様でした。

本日の株式相場まとめをお送りいたします。

★本日の相場まとめ
└────────────────

本日の相場まとめ – 2019年3月1日(金)

2万1602円69銭(+217円53銭)

本日の日経平均は大幅反発。

朝方は、買い優勢で始まり、
いったん伸び悩む場面もありましたが、
後場の早い段階に一時2万1641円58銭まで上昇。

その後は一服商状となりつつも、
大引けにかけて高値圏を保った。

日経平均株価は前営業日比217円53銭高の
2万1602円69銭で取引を終了。

値上がり銘柄数は1180、
値下がり銘柄数は859、
変わらずは91でした。

終値として昨年12月中旬以来、
ほぼ2カ月半ぶりの高値水準となりました。

物別れに終わった米朝首脳会談は
「経済への影響はない」(銀行系証券)として、
市場の反応は限定的。

一方、米中通商協議の期限延長が正式に発表され、
貿易問題での緊張緩和が買い戻しを誘発。

とはいえ、売買代金を見る限り、
市場エネルギーの回復は確認できません。

日経平均の重要な節目となる2万1700円近辺で
控えている売りを吸収するには
新たな好材料が必要でしょう。

★3/1(金)のランキング (15:00現在)
└────────────────

□3/1(金)値上がり率

1位<1728>ミサワホーム中国(株)(+34.78%)
2位<3390>INEST(株)(+27.63%)
3位<3032>(株)ゴルフ・ドゥ(+26.32%)
4位<3849>日本テクノ・ラボ(株)(+24.45%)
5位<3772>ウェルス・マネジメント(株)(+23.17%)

□3/1(金)値下がり率

1位<3047>(株)TRUCK−ONE(-17.28%)
2位<3930>(株)はてな(-9.92%)
3位<7587>(株)PALTEK(-8.71%)
4位<9399>ビート・ホールディングス・リミテッド(-8.70%)
5位<9362>兵機海運(株)(-8.53%)

□3/1(金)寄与度上位

1位<9983>ファストリ(+2.13%)
2位<9984>SBG(+1.41%)
3位<6762>TDK(+4.25%)
4位<6954>ファナック(+1.93%)
5位<6367>ダイキン(+2.36%)

□3/1(金)寄与度下位

1位<9433>KDDI(-0.82%)
2位<4324>電通(-0.97%)
3位<7751>キヤノン(-0.72%)
4位<3405>クラレ(-2.07%)
5位<7731>ニコン(-1.84%)

現時点でのデータと異なる可能性があることをご了承ください。

□3/4(月)重要経済指標

<日本>
(日) 2月 マネタリーベース [前年同月比](8:50)

<海外>
(豪) 1月 住宅建設許可件数 [前月比](9:30)
(豪) 1月 住宅建設許可件数 [前年同月比](9:30)
(トルコ) 2月 消費者物価指数(CPI) [前月比](16:00)
(トルコ) 2月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比](16:00)
(英) 2月 建設業購買担当者景気指数(PMI)(18:30)
(欧) 1月 卸売物価指数(PPI) [前月比](19:00)
(欧) 1月 卸売物価指数(PPI) [前年同月比](19:00)
(米) 12月 建設支出 [前月比](0:00)

□3/4(月)の決算発表企業

<2590>ダイドーグループホールディングス
<3172>ティーライフ
<6267>ゼネラルパッカー
<7265>エイケン工業
<7590>タカショー
<7865>ピープル
<7956>ピジョン
<9824>泉州電業

<編集部のオススメ>
株式投資で思ったように利益が出せない…

という人が日経先物を始めて
わずか数ヶ月で年収1000万を達成。

加速度的に資産を増やす「相場の本質」を
あなたも手に入れたくありませんか?

http://japan-i-school.jp/jim/okuribito1903/
※7名限定

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。