【教えその47】効率的にリターンを得たいなら

2019.10.31
Share:

From:大富豪の弟子チーム
都内某所より、、、

こんにちは、
大富豪の弟子チームです。

10月が今日で終わります。

昨年から、
「毎月3つ初体験をしていこう」
と決めて、それを記録しているのですが、

こうした習慣があるせいか、
時の流れの早さをまざまざと実感します。

残り二ヶ月、悔いなく駆け抜けたいものです。

さて、前回のブログで
「良好な人間関係を持つための方法」について
お話ししましたが、今日はそれをさらに進化させた、

「他人に溺愛される方法」について、
私が見てきた事例を紐解きながらシェアしていきたいと思います。

「なぜ他人に溺愛される方法?」

と思った人もいるかもしれませんが、
これを極めることが最も効率的にリターン(ここでは成功などの結果)
を得ることができる方法だからです。

・・・

今年のはじめ頃に、メンターの
還暦パーティに行きました。

何千億の上場会社の社長から
有名ミュージシャンまで来られていて、
それは壮大なパーティでした。

この手の類のパーティは
たくさんありますが、
とにかく内容がすごいと言うか

「本当にみんなから愛されているな~」

と思いました。

主催者の企画の力の入れようから
参加者の笑顔、お礼のメッセージなど

「全員が嫌な気持ちゼロで
心から喜んでお祝いしている」

というのが伝わりました。

本当に素晴らしいパーティで
私自身も

「年齢を重ねたらこうなりたいな~」

と改めて思いました。

パーティの挨拶で上場会社の社長さんが
そのメンターの凄さをたくさん語ってくださったのですが、

その中でも特に、

1.見返りを求めない価値提供
2.弱みをさらけ出す勇気

の2つが心に残りました。

確かに、私自身がその方をメンターと仰ぎ
ついていっている強い理由でもあります。

たしかに、他の人を見てみても、
教祖レベルで人を惹きつけている人たちには、

・正直
・気遣いが凄い
・弱みをさらけ出す

などの点が共通していると実感します。

彼らが、これらの要素を意識的に
やっているのか無意識でやっているのか
定かでありませんが、

人生の中で何かしらのきっかけを通じて
身につけていったのだと思います。

世間一般的には、これらは

『コミュニケーション』

というジャンルで括られます。

人生だろうが、ビジネスだろうがなんだろうが、
結局最後は『対:人間』です。

つまりアイデアとか
センスとかスキルとか

そんなものよりも
成功するのにいちばん大事なのは
圧倒的にコミュニケーションです。

しかし残念ながら、このコミュニケーションは

『重要なのに、必要だと思われていない』

節があると私は感じでいます。

それくらい、コミュニケーションを
軽んじている人が多いです。

その証拠に、もしあなたが本屋に行き、
2つの本が並んでいるとして、

1.毎月100万円を確実に儲ける方法
2.他人に確実に好かれる方法

があるとしたら、ほぼ確実に
1番を手に取ると思います。

実際のところは、

2.他人に確実に好かれる方法

さえ身につけておけば

1.毎月100万円を確実に儲ける方法

は勝手についてきます。

なぜならチャンスとお金は
他人が運んできてくれるものだからです。

コミュニケーションは全ての土台で
無人島にでも住んでいない限り
最も大事なスキルです。

しかし、誰も興味を示しません。

事実、人から愛されてさえいれば、
ほぼ全ての問題は解決可能だと言うのに
人に好かれる努力を怠っている人がほとんどです。

センスがあって、アイデアもあって
ブレイクしない周りの人を見ていると
単純にコミュニケーション下手であることがほとんどです。

(あ〜もったいないな〜という人、
 あなたの周囲にもきっといると思います)

かくいう私も何年も前から、

「コミュニケーションについては
 究極といえるところまで到達したい」

と思っていながらも、
その幅が広すぎてなかなか思うところまでは
辿り着いてはいません。

人間関係、恋愛、ビジネス…
という感じでかなり幅広いからです。

ですが、コミュニケーションこそ
成功における最強のツールであり最大の秘訣です。

上で述べた要素を中心として、このスキルを極めると、
効率的にリターンを得ることが可能になるのです。

ー大富豪の弟子チーム

<編集部のオススメ>
もし、急落が予測できたら…
と考えたことはないですか?

一般トレーダーを出し抜き
利益が積み重なる逆の視点を
あなたが手に入れるチャンスです。

このセミナーは少人数制なので
今すぐお席を確保しておいてください。

http://japan-i-school.jp/jim/seminarok1911/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です