なぜ投資顧問に入会すると大損してしまうのか?

2020.8.25
Share:

From:堀北晃生
丸ノ内のオフィスより、、、

こんにちは、堀北晃生です。

ここ最近、規制空売りを学びたいということで、
入会されてくる会員様が増えてきました。

最近は、ZOOMを活用して30分ほどの
オンライン面談を行い、
困っていることや現在の状況をお聞きしております。

そこで驚いたことがあります。

それは、過去に投資顧問へ入会したにも関わらず、
大きく損をしてしまった人が多いということです。

本来、投資顧問とは投資の専門家が、
初心者に対して失敗しないように
プロのアドバイスをするところ。

しかし実態は年々変化し、
詐欺まがいな情報を
流す投資顧問会社もいるそうです。

かつて私も日本の投資顧問会社に
コンサルティングに入ったことがありますが、
内部はひどいものでした。

さすがに社名は非公開にさせていただきますが、
投資の専門家とは言えないような
素人が対応していました。

彼らは顧客が利益が上がるかどうかは関係なく、
とにかく派手な広告を、打ち出して
入会する顧客を囲い込むこと。

それしか考えておりません。

そして上昇しそうな株を教えて、
顧客に買わせるという方法です。

投資顧問会社に教えてもらった銘柄は、
なぜか上昇しないことがよくあります。

これはなぜかわかりますか?

実は大口の投資ファンドやプロトレーダーが、
大量の株を買い付けた後、
売り抜けることが必要になります。

しかし、マーケットにそれほど株の売り買いが
されていない銘柄であれば、
売るに売ることが出来ません。

株の取引は、
売り注文と買い注文があって
初めて成立します。

大口の投資家が大量の株を売りたい時に、
買いたい人の注文が少なかったら、
売り抜けることは出来ませんよね。

そこで、投資顧問会社を利用するのです。

彼らは、投資顧問会社と結託し、
いつどのタイミングで、
株を売りたいかを決めます。

そしてその後、
その投資顧問会社の会員に
情報を流して、会員に買わせます。

その後、買い注文に合わせて大口投資家は、
そこで株を売り抜けているのです。

つまり、投資顧問会社が「買いだ」と
オススメしていた時には、
バックで大口投資家が売り抜けているため、
そこから大きな買いが入ることがありません。

つまり、市場には大口投資家が売り抜けて、
投資顧問会社の会員の中で、
よくわかっていない会員が上がると思って
株を持っているだけの状態です。

当然株価はそれ以上、上昇することはなく、
株価は衰退して下落します。

こうして、「騙された」といい、
投資顧問を退会します。

しかし、残念なことにインターネットに
派手な広告を出している投資顧問会社に
毎月のように新たな入会者が情報を求めているのです。

この構図、ひどいと思いませんか?

私は2005年から、
この実態をメルマガやサイトで
紹介してきました。

残念ながらこういった投資顧問会社は
まだまだ増えてくると思いますし、
止めることは出来ないと思います。

そのため、やはり最終的には、
自分の目利き力が必要になります。

騙されるかどうかは、
最後になってみないとわかりません。

私もたくさんの投資顧問会社を知っていますが、
はっきり言ってまともな会社はないと思います。

藤野英人さんや、澁澤健さんのように
心から尊敬できるファンドマネージャーは
存在します。

しかし、投資の世界にはプロと名乗った
詐欺師のような人がたくさんいます。

中には本当にアンダーグラウンドの人たちが
運営している投資顧問会社もありますので、
このあたりは気をつけてください。

もし、いまあなたがそういったことで
困っているのであれば、
ご遠慮無くメールください。

何かお役に立てることがあれば、
お手伝いさせて頂きます。

堀北晃生
horikita@ynem.org

追伸:
私もかつて投資顧問会社に騙されて、
多額の資金を失った経験があります。

あの時の悔しさは表現することが出来ません。

そういった人を救うためにも、
正しい理論、正しい情報をお届けしたいと
考えております。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
■堀北晃生(ほりきたあきお)プロフィール

大暴落相場で大損・・・と悔しい思いをしてきた投資家を、最短6ヶ月で「勝率8割・平均10%以上のスキルをマスター」させる投資コンサルタント堀北晃生です。「割安株を見つけるためにいろんな情報を集めたが、思ったように利益を出せなかった」・・・と悩んでいる投資家に、3年間毎月のように成功実績が上がっている実績を元に、「4つのチャートテンプレート」を見るだけで、面白いように利益を出せるようになる「魔法の投資戦略」をお伝えしています。「株式投資で利益を出したいが結果が出ない」や、「塩漬け株から脱却したい」などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ無料WEBセミナーに参加してください。

▼掘北式株価デトックス理論 無料WEBセミナー(空売りが学べます)
http://japan-i-school.jp/jim/hkd_form/

▼ブレイクスルー銘柄コンプリートWEBセミナー
http://japan-i-school.jp/jim/26/
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

関連記事

Pick Up!

なぜ投資顧問に入会すると大損してしまうのか?へのコメント

  1. はじめまして。
    毎日こちらを楽しみながら拝見させて頂いております。

    ちょうど今必ず(絶対はないが)儲かるという投資先を紹介されています。

    もし中身を吟味して下さるのであればリンクを添付したいのですが、そういうことはやっていないというこであれば控えます。

    送ってもよろしいでしょうか?

  2. グラーツという投資顧問会社から良くメールがくるのですが、この会社はどうでしょうか?

  3. 本田辰雄さんという日興証券出身のアナリストをご存知でしょうか?
    株式交流サイトWEB-LIFEの紹介です

  4. とても身近に感じた内容で、ありがとうございました。実は現在、2社からしつこくメールが来て困っています。極秘情報が集約する機関から仕入れた情報で、必ず短期で爆上げする、迷っている場合ではないなど、脅迫とも取れる雰囲気の督促メールが1日何度も来ます。配信解除は事務局に申し込まなければならないので、メールを無視し続けています。無視し続ければ諦めるでしょうか? 着信拒否設定しても別のアドレスから送って来そうです…

  5. 多くの投資顧問会社が、高値上抜けを買い場としているように思います。
    銘柄公開の1、2週間前には銘柄は決まっているのであれば、尚更初動を過ぎたものに乗るのは負けリスクが高まるのかと思います。
    確かに中には大化け銘柄もでるので、ついつい期待してしまいます。
    自分で監視している銘柄は事故率が低いですが、顧問料を払った分依存度が高まります。
    投資顧問会社は個人の利益は二の次なのでしょうか?
    それは銘柄の未来予測を公表しているものは見ない方が良いということにも繋がりますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です