【1/22-相場まとめ】手掛かり材料に乏しく反落

2021.1.22
Share:

From:JIS事務局
東京神田のオフィスより、、、

金曜日の株式相場が終わりました。

今日も一日、トレードお疲れ様でした。

本日の株式相場まとめをお送りいたします。

★本日の相場まとめ
└────────────────

本日の相場まとめ – 2021年1月22日(金)

2万8631円45銭(-125円41銭)

本日の日経平均は反落。

朝方は、きのう21日に大幅反発となった反動や、
やや上値が重かったこともあり売りが先行。

その後は、直近上昇による高値警戒感から
利益確定売りが優勢となり一時は
2万8527円16銭(前日比229円70銭安)まで下落。

売り一巡後は、いったん下げ渋りましたが、
戻りは限定的で上値の重い動きとなりました。

後場に入ってからは、弱含んで始まりましたが
売り進む動きにはつながらず小動きで推移。

その後は、底堅い動きとなりましたが
売り買いが交錯する展開に。

大引けにかけては、押し目買いに支えられ
下げ幅をやや縮小しながら取引を終えました。

日経平均株価は、前営業日比125円41銭安の
2万8631円45銭で取引を終了。

値上がり銘柄数693
値下がり銘柄数1416
変わらずは80でした。

NYダウが3日ぶりに下落したほか、前日の日経平均株価が
終値ベースで30年5カ月ぶりの高値に上昇したこともあり、
利益確定売りが広がりました。

新規の買い材料が見当たらない中で、
高値警戒感が投資意欲を圧迫しました。

市場では、「2万9000円台回復には新たなきっかけとなる
材料が必要」(大手証券)との声もありました。

今後本格化する決算発表での業績改善が
上値を試す材料となりそうです。

★1/22(金)のランキング (15:00現在)
└────────────────

□1/22(金)値上がり率

1位<1689>WisdomTree 天然ガス上場投信(+100.0%)
2位<7238>曙ブレーキ工業(株)(+30.23%)
3位<5981>東京製綱(株)(+27.99%)
4位<7043>アルー(株)(+21.37%)
5位<2586>(株)フルッタフルッタ(+20.18%)

□1/22(金)値下がり率

1位<5922>那須電機鉄工(株)(-17.16%)
2位<3353>(株)メディカル一光グループ(-12.63%)
3位<3777>(株)FHTホールディングス(-11.76%)
4位<8918>(株)ランド(-11.11%)
5位<9439>(株)エム・エイチ・グループ(-10.77%)

□1/22(金)寄与度上位

1位<4911>資生堂(+4.43%)
2位<3659>ネクソン(+4.48%)
3位<9433>KDDI(+1.00%)
4位<4063>信越化(+0.73%)
5位<7733>オリンパス(+1.25%)

□1/22(金)寄与度下位

1位<9984>SBG(-1.63%)
2位<8035>東エレク(-1.58%)
3位<6762>TDK(-2.69%)
4位<6954>ファナック(-1.28%)
5位<2413>エムスリー(-1.31%)

※15時00分時点での速報データをもとに記載しています。
現時点でのデータと異なる可能性があることをご了承ください。

□1/25(月)重要経済指標

<日本>

なし

<海外>

(シンガポール) 12月 消費者物価指数(CPI) [前年比](14:00)
(欧) ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁、発言(17:45)
(独) 1月 IFO企業景況感指数(18:00)

□1/25(月)の決算発表企業

<3132>マクニカ・富士エレホールディングス
<3635>コーエーテクモホールディングス
<4185>JSR
<4556>カイノス
<4816>東映アニメーション
<6027>弁護士ドットコム
<6200>インソース
<6297>鉱研工業
<6594>日本電産
<6866>HIOKI
<9629>ピー・シー・エー
<9663>ナガワ

<編集部のオススメ>
10年間で投資資金を2670倍に。

リスクを最小限に抑えたトレードで
必然的に勝率が上がったのです。

では、どのような戦略なのか?
以下からご確認ください。

http://japan-i-school.jp/jim/leg_fs2101/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です