【教えその158】もう祈願をしている場合ではない

2022.1.6
Share:

From:大富豪の弟子
都内のプライベートオフィスより、、、

こんにちは、
大富豪の弟子です。

明けましておめでとうございます。

2022年が始まって
すでに5日が経ちました。

神社での御祈願も済ませているかと思いますが、
皆さんは神様にどんなお願いをしましたか?

昔、誰に聞いたかは忘れたのですが、
心に残っている言葉があります。

神様へのお祈りをするとき、

「良い一年になります“ように”」や
「今年は〇〇〇を達成できます“ように”」

と、最後に「ように」をつけて
お願いするのが普通だと思いますが、

それだと“神頼み”のように感じ、
無意識に他力本願的な思考になってしまうと。

あくまでも、自分の叶えたい夢は
自分で行動し、自分の力で叶えるもの。

祈願をするときには、

「今年は必ず〇〇〇を達成します!」

と、神様に約束をするのが良いと。

私はこの話を聞いてから
新年の祈願をするときには、

「~やります!」「~達成します!」

と心の中の言葉を変えるようにしました。

やはり言葉には力があり、
言い方を変えるだけ、
より前向きな気持ちになります。

あとは自分の目標から逆算して
今何をしなければいけないのかを把握し、
行動に移していくだけです。

私はそうした方がモチベーションが上がります。

ただ、これは全員に
当てはまることではないかもしれません。

人によっては具体的な目標を立てずに
行動した方が良い結果を生み出しやすいとか、

逆に自分を制限した方が
物事に集中できるとか、

人それぞれでモチベーションの上げ方は違うと思います。

どのようにしたら自分は奮い立つのかを
把握しておくとよいですね。

自分だけのやる気スイッチをオンにして
今年を走り抜けていきましょう。

ー大富豪の弟子

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です