【1/14-相場まとめ】米株安と円高が重しとなり続落

2022.1.14
Share:

From:JIS事務局
東京神田のオフィスより、、、

金曜日の株式相場が終わりました。

今日も一日、トレードお疲れ様でした。

本日の株式相場まとめをお送りいたします。

★本日の相場まとめ
└────────────────

本日の相場まとめ – 2022年1月14日(金)

2万8124円28銭(-364円85銭)

本日の日経平均は大幅続落。

朝方は、きのう13日の弱い動きが継続したことや、
現地13日のNYダウとナスダック総合指数が
ともに下落したこともあり売りが先行。

その後は、一旦持ち直す場面もありましたが、
買いは続かず再び軟化する展開に。

前引けにかけては、株価指数先物売りを交え
下げ幅を拡大し一時は2万7889円21銭
(前日比599円92銭安)まで下落。

後場に入ってからは、下げ渋って始まり、
2万8000円台に戻す場面もありました。

その後は、買いが続かず上値の
重い展開となりました。

大引けにかけては、手がかり材料に乏しく
方向感のない展開が続きました。

日経平均株価は、前営業日比364円85銭安の
2万8124円28銭で取引を終了。

値上がり銘柄数503
値下がり銘柄数1599
変わらずは83でした。

米国株式が金融引き締めへの
警戒感から下落したことが嫌気されたほか、
円高の進行もあり幅広い銘柄が売られました。

一時は値を戻す動きも見られましたが、
限定的で引けにかけてもみ合い商状となりました。

市場では、「後場は日銀のETF買いが
入ったとみられるが基本的に米金融政策との
にらみの動きに変わりはない。」

「決算に向けては個別株の売買が中心になり、
方向感が出にくくなるだろう」(準大手証券)
との声が上がりました。

★1/14(金)のランキング (15:00現在)
└────────────────

□1/14(金)値上がり率

1位<4575>(株)キャンバス(+26.46%)
2位<7247>(株)ミクニ(+20.62%)
3位<4393>(株)バンク・オブ・イノベーション(+18.23%)
4位<6070>キャリアリンク(株)(+17.26%)
5位<9275>(株)ナルミヤ・インターナショナル(+15.91%)

□1/14(金)値下がり率

1位<9211>(株)エフ・コード(-21.37%)
2位<2667>(株)イメージ ワン(-18.16%)
3位<6305>日立建機(株)(-16.99%)
4位<4361>川口化学工業(株)(-16.70%)
5位<8095>アステナホールディングス(株)(-16.29%)

□1/14(金)寄与度上位

1位<9983>ファストリ(+8.07%)
2位<3382>セブン&アイ(+4.88%)
3位<4519>中外薬(+0.51%)
4位<2503>キリンHD(+1.36%)
5位<2282>日ハム(+0.70%)

□1/14(金)寄与度下位

1位<6954>ファナック(-5.12%)
2位<6098>リクルート(-4.64%)
3位<4543>テルモ(-4.02%)
4位<6367>ダイキン(-2.77%)
5位<6305>日立建機(-16.99%)

※15時00分時点での速報データをもとに記載しています。
現時点でのデータと異なる可能性があることをご了承ください。

□1/17(月)重要経済指標

<日本>

(日) 日銀・金融政策決定会合(1日目)未定
(日) 11月 機械受注 [前月比](8:50)
(日) 11月 機械受注 [前年同月比](8:50)
(日) 11月 第三次産業活動指数 [前月比](13:30)

<海外>

(米) 休場
(中) 10-12月期 四半期国内総生産(GDP) [前期比](11:00)
(中) 10-12月期 四半期国内総生産(GDP) [前年同期比](11:00)
(中) 12月 小売売上高 [前年同月比](11:00)
(中) 12月 鉱工業生産 [前年同月比](11:00)
(加) 11月 製造業出荷 [前月比](22:30)
(加) 11月 対カナダ証券投資額(22:30)

□1/17(月)の決算発表企業

<6217>津田駒工業
<7879>ノダ
<7997>くろがね工作所

<編集部のオススメ>
現役ヘッジファンドマネージャーの
相場解説をお届けする裏経済番組が、

新年特別キャンペーンで
今だけ90%オフでご案内中です。

https://trade-labo.jp/tl/ifl_2022_01/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です