【6/20-相場まとめ】景気不安で売り優勢

2022.6.20
Share:

From:JIS事務局
東京神田のオフィスより、、、

月曜日の株式相場が終わりました。
今日も一日、トレードお疲れ様でした。

本日の株式相場まとめをお送りいたします。

★本日の相場まとめ
└────────────────

本日の相場まとめ – 2022年6月20日(月)

2万5711円22銭(-191円78銭)

本日の日経平均は続落。

朝方は、短期的なリバウンドを狙った買いが先行。

その後は、米欧中銀の金融引き締めによる
世界景気の減速懸念は根強く、
先物売りを交えて軟化し、いったん下げに転じました。

前引けにかけては、戻りは限定されましたが、
再度マイナス圏入り。

後場は、下げ渋って開始。

その後、米株価指数先物が持ち直し、
支えとして意識されたが、
買い進む動きにはつながらず、もみ合い商状。

大引けにかけては、買い戻しに下げ渋りましたが、
戻りは限定されました。

日経平均株価は、前営業日比191円78銭安の
2万5771円22銭で取引を終了。

値上がり銘柄数363
値下がり銘柄数1432
変わらずは43でした。

世界的な金融引き締めによる
景気後退懸念がくすぶる中、

新たな買い材料も乏しく、
幅広い業種が値下がりしました。

市場からは

「後場は、一部に買い戻す動きがあっても
全体に広がらない。

景気後退への警戒感が強く、
当面は落ち着きどころを探る展開か」

(準大手証券)との声が聞かれました。

★6/20(月)のランキング (15:00現在)
└────────────────

□6/20(月)値上がり率

1位<7901>(株)マツモト(+69.04%)
2位<4596>窪田製薬ホールディングス(株)(+31.06%)
3位<4937>(株)Waqoo(+20.46%)
4位<7080>(株)スポーツフィールド(+19.80%)
5位<4169>ENECHANGE(株)(+19.32%)

□6/20(月)値下がり率

1位<9318>アジア開発キャピタル(株)(-16.67%)
2位<4847>(株)インテリジェント ウェイブ(-15.29%)
3位<7623>(株)サンオータス(-15.09%)
4位<3825>(株)リミックスポイント(-13.61%)
5位<6912>菊水電子工業(株)(-11.96%)

□6/20(月)寄与度上位

1位<9984>SBG(+3.03%)
2位<9433>KDDI(+2.42%)
3位<9983>ファストリ(+0.91%)
4位<6367>ダイキン(+1.37%)
5位<6098>リクルート(+2.39%)

□6/20(月)寄与度下位

1位<8035>東エレク(-5.20%)
2位<4063>信越化(-6.39%)
3位<6762>TDK(-2.12%)
4位<6857>アドテスト(-1.79%)
5位<6988>日東電(-2.63%)

※15時00分時点での速報データをもとに記載しています。
現時点でのデータと異なる可能性があることをご了承ください。

□6/21(火)重要経済指標

<日本>

無し

<海外>

(豪) 豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表10:30
(欧) 4月 経常収支(季調済)17:00
(香港) 5月 消費者物価指数(CPI) [前年比](17:30)
(加) 4月 小売売上高 [前月比](21:30)
(加) 4月 小売売上高(除自動車) [前月比](21:30)
(米) 5月 中古住宅販売件数 [年率換算件数](23:00)
(米) 5月 中古住宅販売件数 [前月比](23:00)

□6/21(火)の決算発表企業

<3391>ツルハホールディングス

<編集部のオススメ>

今、急落相場を見た時に
あなたはきっとこう思うと思います。

「買い増そうかな…」

もし私の読みが合っていたら、
買うのは一旦待ってください。

ではなぜ、
待たなければならないのか?
気になりますよね。

いま買いを控えた方が良い理由が
知りたいあなたは今すぐクリックしてください。

https://trade-labo.jp/tl/hkt2206_o/
【※今だけ受講料タダ!】

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。