【9/21-相場まとめ】日米の金融政策前に様子見

2022.9.21
Share:

From:JIS事務局
東京神田のオフィスより、、、

水曜日の株式相場が終わりました。
今日も一日、トレードお疲れ様でした。

本日の株式相場まとめをお送りいたします。

★本日の相場まとめ
└────────────────

本日の相場まとめ – 2022年9月21日(水)

2万7313円13銭(-375円29銭)

本日の日経平均は反落。

朝方は、昨日上値が重かったことや、
現地20日の欧米株式が下落したこともあり、
売りが優勢。

その後は、下げ渋りましたが、
戻りは限定され、上値の重い動きとなっています。

前引けにかけて、下げ幅を拡大し、
安値圏で推移しました。

後場は、やや下げ渋って始まりましたが、
買い気は鈍く、上値の重い動きに。

大引けにかけては、安値圏で推移しました。

日経平均株価は、前営業日比375円29銭安の
2万7313円13銭で取引を終了。

値上がり銘柄数288
値下がり銘柄数1491
変わらずは58でした。

日米の金融政策会合の結果公表前で
投資家の様子見姿勢が強い中、

米国で大幅利上げへの警戒感から
株安となったことが嫌気され、
幅広い銘柄が売られました。

市場からは

「前回(9月7日)は同線割れ後に
急速に値を戻した経緯があり、
リバウンドへの期待は残る。

最も、FOMCの結果次第であり、
指数が下ブレれば先物売り圧力も増すだろう」

(準大手証券)との声が聞かれました。

★9/21(水)のランキング (15:00現在)
└────────────────

□9/21(水)値上がり率

1位<5986>モリテック スチール(株)(+30.08%)
2位<4422>VALUENEX(株)(+22.56%)
3位<3824>メディアファイブ(株)(+16.45%)
4位<4575>(株)キャンバス(+16.16%)
5位<9867>ソレキア(株)(+15.53%)

□9/21(水)値下がり率

1位<6619>ダブル・スコープ(株)(-20.21%)
2位<9318>アジア開発キャピタル(株)(-20.00%)
3位<3370>(株)フジタコーポレーション(-19.51%)
4位<3461>(株)パルマ(-17.29%)
5位<1757>中小企業ホールディングス(株)(-15.38%)

□9/21(水)寄与度上位

1位<9983>ファストリ(+0.13%)
2位<3659>ネクソン(+0.62%)
3位<8766>東京海上(+0.81%)
4位<5631>日製鋼(+4.11%)
5位<9766>コナミG(+0.30%)

□9/21(水)寄与度下位

1位<6367>ダイキン(-3.94%)
2位<8035>東エレク(-1.58%)
3位<4568>第一三共(-3.52%)
4位<9433>KDDI(-1.69%)
5位<6971>京セラ(-2.64%)

※15時00分時点での速報データをもとに記載しています。
現時点でのデータと異なる可能性があることをご了承ください。

□9/22(木)重要経済指標

<日本>

(日) 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表未定
(日) 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見(15:30)

<海外>

(南ア) 南アフリカ準備銀行(中央銀行)政策金利未定
(豪) 休場未定
(NZ) 8月 貿易収支(7:45)
(仏) 9月 企業景況感指数(15:45)
(スイス) スイス国立銀行3カ月物銀行間取引金利誘導目標中心値(16:30)
(香港) 8月 消費者物価指数(CPI) [前年比](17:30)
(トルコ) トルコ中銀、政策金利(20:00)
(英) イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表(20:00)
(英) 英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨(20:00)
(米) 4-6月期 四半期経常収支(21:30)
(米) 前週分 新規失業保険申請件数(21:30)
(米) 前週分 失業保険継続受給者数(21:30)
(米) 8月 景気先行指標総合指数 [前月比](23:00)
(欧) 9月 消費者信頼感(速報値)23:00

□9/22(木)の決算発表企業

無し

<編集部のオススメ>

最近の日本経済は下落基調にあり、
手法を切り替える
投資家も続出しています。

そんな中、高収益&安全に運用できる
メソッドに気付いた人が
使用している戦略を用意しました。

その投資戦略とは…?

https://trade-labo.jp/tl/cic_220924/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。