カテゴリー別アーカイブ: Mr.K

【NGを知ろう】こまめな損切りで勝てると思うな!

2017.03.14
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

このところ、毎回大変多くのコメントを
いただき、ありがとうございます

このメルマガも実に40回を超えてきました。

ここまで続けてこれたのは、
一重にみなさんのコメントが励みとなったからです。

本当にありがとうございます。

それでは、本日は大好評
【NGを知ろう】シリーズ第3話

今日のテーマは、

“こまめな損切りで勝てると思うな!”

です。

今日も気合い入れて書きますので、
気合いを入れて読んでください!

それでは、いきます。

「損小利大にするには、こまめな損切りが必要です」

というフレーズは、株やFXを勉強していくと
恐らくほとんどの人が出会うと思います。

このフレーズ、実に巧妙というか、クセモノですね。

「損小利大にするには、こまめな損切りが必要です」

この意味は、

「こまめに損切りをすれば、損小利大になります」

ということを言っているのではありません。

・・・

ん?

と思う方は、以下、必読です。

私はよく、トレードをビジネスに例えて説明しますが、

今回もその方法が有効だと思います。

ビジネスに例えれば、至極あたり前のことです。

「会社で利益を出すには、こまめな撤退が必要です」

こう言われたらどう思いますか?

笑っちゃいますよね。

あのユニクロのファーストリテイリングの柳井さんが
「一勝九敗」という本を書かれています。

カリスマ経営者と仰がれる柳井さんですら、
10回のビジネスチャレンジで成功するのはわずかに1回、そんな確率だ。

だから失敗を恐れずにトライ・アンド・エラーを繰り返すこと。

そういうメッセージです。

“9回の潔い撤退があったから、トータルで成功することができた”

というのはちょっと違う、
というのはおわかりいただけると思います。

しかし微妙なところですね。

何回もトライしている人が成功する、というのは真実ですが、

何回も撤退したら1発成功を引き当てられる、
というのは違います。

わかりますか?

つまり、

重要なのは、10回トライして
1回の大成功を掴んでいることであって、
9回潔く撤退していることではない、ということです。

負け続けることは、勝つことと因果関係はありません。

トレードでも同じです。

こまめに損切りを続けているだけだったら、
それは、小さな損が積み上がっていくだけ。

勝つためにはそれだけでは、まったくもって不十分です。

勝つためには、1発大きく勝てる実力が必要不可欠なのです。

1発大きく当てる力があるから、
9回の負けを軽傷で済ますことが重要になってくる。

負けるときの対処法だけ考えて勝てるなら、苦労しません。

ですから、

トレードでまず押さえるべきは、

『どうやって大きく勝つか?』という
方法論を確立することなんです。

それができて初めて、負けを小さく抑えることが効いてくる。

だから、一度も大きく勝った経験がない人は
トータルでプラスにすることすら難しいはずです。

自分が選択している手法は、
どんなときに大きく勝てるのか?

何割の確率で、大きく勝てるのか?

そこを明確に確認し、その後、
それ以外の損切りを小さくする手法の研鑽をする。

まず、大きく勝てるときを認識せよ。

勝ち方から覚えて、負け上手になるのがオススメです。

では、今回は以上です。

感想、疑問、質問、なんでもお待ちしています。

(追伸1)

今週は日経が分岐点を迎えそうですね。

大きなリスクは取らないことです。

(追伸2)

このメルマガも、ずっと続く保証はありません。

質問できるときにすることも、
チャンスを掴む力として非常に大切です。

GOOD TRADE!!

Mr.K

<本日のおすすめ>
個人トレーダーがとるべき唯一の戦略・・・
そこには、恐ろしいほどに
残酷な相場の現実がありました。

プロといわれる存在のみが知り得る
相場の裏側を公開します
http://japan-i-school.jp/sl/okuribito/nikkei225_170324/
※残席残り2名


技術よりマインドより大切なこと

2017.03.07
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

このところ、かなり濃い内容のメルマガが続き、

おそらく読む方も疲れるかなと思いましたので

今日はアイスブレイク的なコラムを書きたいと思います。

テーマは、

『何のためにトレードをするのか・・・?』

一緒に考えていきましょう。

あなたは、何のためにトレードをしますか?

この質問は、かなり重要です。

この質問に適当に答える方は、
後々マネーゲームになって結局資産がなくなると思います。

トレードに限らず、何かをするときは目的が明確であることは、
成功できるかどうかを分ける非常に大切なポイントになりますね。

あなたは、何のためにトレードをしますか?

あなたのトレードの「目的」はなんですか?

トレードは当然、お金を稼ぐ手段です。

では、何をするためにいくら稼ぐ必要があるのですか?

人生の時間は、有限です。

お金をあの世に持っていくことはできません。

理想形を言えば、生きている間に使う金額ぎりぎりを稼いで、
死ぬ直前に資産がちょうど0(ゼロ)になるのが最も生産性が高い、とも考えられるでしょう。

使わないお金を稼いでいる時間は無駄になるから、という意味でです。

もちろん、娘や息子にお金を残したい場合は、
その額があればいいということになるかと思います。

いずれにせよ、これは逆説的ですが、

お金を稼ぐことが目的なのではなく、お金を使うことまで含めて目的なのだと思います。

使い道など、稼いでから考えるからいい。

そう考える人も、いらっしゃると思います。

しかし、それが間違いのもとです。

その考えが、悪の元凶です笑

使い道が定まっていなければ、トレードに終わりはありません。

じゃあ一生やるんでしょうか?

トレード、一生やりたいですか?

私はやりたくありません。

さっさと必要な額を稼いで、残りは使うことに専念したいです。

『仕事』なら、生き甲斐にもなります。

しかし、トレードそのものは、私は生き甲斐にはならないと思っています。

だって、相手がいません。

誰かの役に立っているという実感をもつのはなかなか難しいと思います。

人間は、社会的生物といわれ、孤独で幸せは感じられません。

でも、トレードは人と関わりません。

いやいや、取引の相手は人じゃん、みたいな議論は求めていません。

私のように、トレードを教えるとなるとそれは、生き甲斐になります。

自分がトレードを教えることによって、少しでも多くの人がトレードで勝ち、喜び、
トレードでつくったお金で目的を叶えることに、大きな意義を感じます。

でも、トレードそのものはあまり意義を感じません。

だから、考えてほしいのです。

あなたは、何のためにトレードをしますか?

トレードで稼いだお金を何に使う予定ですか?

すなわち、あなたにとってのトレードの『ゴール』はどこですか?

いつまでに、いくら勝てば、あなたの夢は叶いますか?

毎日のトレードをしていると、含み益や含み損に一喜一憂してしまい、

あまり落ち着いてこういうことを考える機会はないと思います。

しかし、とても重要です。

宝くじが当たって、当たってしまってから困る人が多いから、

使い方がわからなくて、使い方を間違って、それで人生が狂う人が大半だそうです。

お金は、使う目的を持ったほうが、稼ぐスピードも速くなります。

ぜひ、目的と目標額と期限を紙に書き出しておくことをオススメします。

トレードを通して人生を考える。

そんな日があってもいいかな、と思います。

では、今週はこの辺で。

また来週!

コメントお待ちしています。

GOOD TRADE!!

Mr.K

P.S.

あなたは株式トレードで、あえて
”負けに行って”いませんか?

どんなに良い手法を使っても
あなたが「負けるマインド」を
持ち続けている限り、
利益は生み出せないでしょう。

「勝てる自分に変わりたい」
そんなあなたのために、
特別な1日を用意しました。

http://j-i-s.info/j-i-s/170314_seminar/


【NGを知ろう】資産管理法に逃げるな!

2017.02.28
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

先週のメルマガには18件ものコメントをいただき、

こんなにも多くの方に熱心に読んでいただけているのかと
さらに驚き、感謝とやり甲斐を感じさせていただきました。

本当にありがとうございます!

今日も張り切って出血大サービスで本質を書いていきます!

先週の話とも繋がっていますので、
一文字一句飛ばさずに読んでください。

それでは、参ります。

本日のトピックは、【NGを知ろう】シリーズで、

『資産管理法に逃げるな!』

です。

間違った情報に窓わされている人は、
次のような傾向があります。

・ドルコスト平均法ですべて解決できる
と信じている

・ロットが多い勝負をするときは、
ロスカットまでの距離を遠くして
じっくり待つのがよいと思っている

・無限ナンピン買いができれば
勝てるのになあ、と思っている

いかがでしょうか?

一つでも当てはまる人は、危険です。

間違った情報に惑わされていませんか?

といっても、恐らく95%以上の人は
上記3つを違和感なく信じていると思います。

なので、安心してしっかりと
以下を読み進めてください。

まず、肝に命じていただきたいこととして、

ーーーーーーーーーーーーーーーー
資金管理術だけで勝てるようになる
というのは、完全な妄想です
ーーーーーーーーーーーーーーーー

この内容は、私のセミナーではもっと深く
話していますが、少しだけここでも書きます。

まず、トレードという狭い枠で考えるのではなく、

トレードを事業経営に例えて考えると
非常にわかりやすいです。

トレードというのは、

上がる前に買えれば含み益になり、
下がる前に売れれば含み益になります。

ここまではいいですよね?

これって、ビジネスを仕掛ける
(=事業経営)と似ているんです。

例えば、もしもあなたが自分でビジネスを
立ち上げるとすると、
大切なことは、なんでしょうか?

それは、世の中の流れに沿っていることと、
流れの初動で乗っかることです。

例を出すと、

これからの日本で、赤ちゃん用のおむつを
つくるビジネスをはじめてもだめですね、

やるなら、お年寄り用のおむつをつくる
ビジネスをすべきです。

なぜか?

それは、内閣府が発表している
日本の人口統計上、
今後の日本は65歳以上の人口が
どんどんと増えるからです。

一方で、出生率は1.3程しかなく、
少子化は必至です。

だから、世の中の流れに沿って、
需要の多くなるものに乗っかったモノを
つくるビジネスがいいですよね?

重要なことは、

もしもこの判断を間違えたら、
どんな戦略を練っても
ビジネスで成功することは
かなり難しい、ということです。

マーケティングの4Pと呼ばれる、
・どんなデザインや機能性にするか?
・価格をどうするか?
・どこで売るか?
・広告宣伝をどうするか?

これらをいくら練ったところで、
そもそも需要が減退する赤ちゃん用の
おむつで勝負しようとしている以上、
どうにもならなそうだなというのは、
想像に難くないと思います。

わかりますか?

トレードで、資金管理方法というのは、
マーケティングの4Pのようなものです。

どんなに資金の大小を調整しようと、
どんなに売買頻度を調整しようと、
両建てなどの複雑な方法を取り入れようと、

”上がると思っていたのに下がって、
利益が出る手法は、存在しないのです”

その逆に、

どんな資金管理方法を採用しようと、

上がると思ったときに株価が上がり、
下がると思ったときに株価が下がれば、
利益の量こそ変化するものの、
”負けるわけがない”のです。

逆張りか? いや、順張りか?

それも、資金管理方法の一部です。

どちらを採用しようとも、

上がると思ったときに株価が上がり、
下がると思ったときに株価が下がれば、
勝つことができます。

もしも予想と逆に株価が動けば、
逆張りでも順張りでも
負けるものは負けるのです。

伝わっていますでしょうか?

実に非常に重要なことを書いています。

以上の議論から導き出されるのは、

『株価の先行きを予想することから逃げては、
トレードで勝つことはできない』

ということです。

私の提唱するCLEAR TRADEで勝っている人は、
株価の先行きを、チャートの流れを
一定の確率で予想することができています。

だから、勝てるのです。

もちろん、チャートの流れが高確率で
予想できたとしても、実は、
それだけで必ず勝てるとは限りません。

このあたりは、深すぎますので
今日は割愛させていただきますが、

とにもかくにも、
あなたの勝敗を左右する
もっとも根幹の要素のひとつは、

チャートの流れを高確率で予想できているか?

ということです。

言葉のうえではいろいろと語弊もありますが、

うねり取りのあの先生も、
大きく上がる銘柄を捉えるあの先生も、
仕手株のデイトレが得意なあの先生も、

得意なパターンがあり、
そのパターンにハマる銘柄と時間帯なら、
高確率でチャートを予想できるのです。

だから、勝てる。

『こうなったら、次はこうなる可能性が高い』

それがわかることが、まずは第一関門です。

先生によって、得意なパターンが違います。

私は、大型銘柄・大型市場の先の予測が得意です。

東証一部のスイングか、
FXのデイトレード。

この市場なら、私に任せてください。

先週のメルマガで書いた、
”損切りがメリットに感じる”方法は、

損が膨らむ前から
「この先は損が膨らむ可能性がかなり高い」
論理的に分析できるようになる

ということです。

文字数の関係上、また謎を残しての終わり方に
なってしまいました。

また、コメントをお願いいたします。

コメントの内容に応えた内容も検討しますので、
どしどしお寄せください。

週に一度、コメントをしていただくことで、
皆さんのトレードのリズムが作れれば、
ということも考えています。

それでは、また来週。

GOOD TRADE!!

Mr.K

P.S.
もし、あなたが私のトレード理論に
可能性を見出し、習得したいと思うなら、
ぜひセミナーでお会いしましょう。

過去2回に比べて今回は早いペースで
多数お申込みをいただいていますので、
締め切られる前に一度詳細をご確認ください。
http://j-i-s.info/j-i-s/170314_seminar/


【NGを知ろう】精神戦で勝てると思うな!

2017.02.21
koushi_mrk01

From:Mr.K
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。Mr.Kです。
 
前回のメルマガが大好評だったため、
 
これから、やってはいけないトレードについて
書いていこうと思います。
 
【NGを知ろう】というタイトルをつけますので、
しっかりと頭に入れてください。
 
今日のトピックは、
 
『精神戦で勝てると思うな!』
 
です。
 
勝てない人の口癖のひとつに、
次のようなものがあります。
 
 
「次からは、しっかりと待って利益を伸ばします」
 
「気持ちを強く持って、含み損でも待てるようになります」
 
「マインド(精神)の大切さがわかりました!」
 
 
一見、正しそうな言葉ですが、
 
実は、この発言が出て来るということは、
残念ながら、この人は勝つことができません。
 
なぜか?
 
それは、精神力に原因を求めているから、です。
 
別の例をあげるとわかりやすいと思います。
 
次のようなことを聞いたことがありませんか?
 
 
『好きこそものの上手なれ』
 
『一流の人は、頑張っているのではなく、
好きでやっているだけだ』
 
 
この言葉の意味を深く理解できている人は、
非常に少ないです。
 
”上達したかったら、好きになることが早道だ”
 
という程度に捉えている人が多いのではないでしょうか。
 
そうではありません。
 
”人間は、我慢してやり続けることは絶対にできない”
 
という風に理解すべきです。
 
非常に重要なマインドセットをお伝えします。
 
書いてください!
 
 
『人は誰しも、
自分の利益になることしか、することができない』
 
 
この原則には、例外は存在しません。
 
人が行動する理由は2つです。
 
①快楽が得られるから
②痛みを避けたいから
 
以上のどちから一方、
もしくは両方が揃った方向に行動します。
 
そういう風にプログラムされているのです。
 
そして、①も②も、
自分の利益になるという点で
共通しています。
 
この原則から外れた行動が思いつく方は、
ぜひ教えてください。
 
利益というのは、金銭的なものだけではありません。
 
自分の名誉を守るため、
自尊心を守るため、
愛情を得るため、
空腹を満たすため、、、
 
様々な利益(=メリット)のために、
人は行動します。
 
まったく何もメリットがないことは、人は絶対にしません。
 
ここまでよろしいでしょうか?
 
 
であれば、トレードだけ例外のはずはありませんよね?
 
含み益があって、それを利益確定させたい!
という思いでエグジットしたのでしょう。
 
なぜなら、放っておいてみすみす利益が
目減りするのは嫌だからですよね?
 
まさに、快楽と痛みが理由になっています。
 
非常に合理的な判断と行動です。
 
しかし、あとからチャートを見ると、
そのときに多少の利益減少を我慢して
待っていれば、利益が増えたことがわかった。
 
ああ、あの判断は間違っていた。。。
ちくしょー!!!
 
ということでしょう。
 
そうして、
 
「次は、しっかり待ちます!」
 
となるわけです。
 
ちょっと考えたらわかることです。
 
”待てるわけがありません”
 
同じ状況になったら、やっぱり待てないのです。
 
毎回チャートは形が違うわけですし、
 
後から考えたら・・・という情報がないのに、

わざわざ損になる行動が取れるはずがありません。
 
このことをしっかり理解してください。
 
ここでいったん読むのを止めて、
もう一度最初から読み直してください。
 
そのくらい、とても重要な話をしています。
 
 
 
ならば、どうすればよいのか?
 
 
 
答えは、、、
 
 
「利益が減ることがメリットになるような
仕組みをつくること」

 
 
です。
 
そう、イチローが好きで野球を続けているように、
 
我慢ではなく、
自分のためになるようにしてしまえばよいのです。
 
というか、それしか方法はありません。
 
私はそうしています。
 
だから、無理せずに勝つことができるのです。 
 
ぜんぜん頑張っていませんし、嫌なことはしていません。
 
我慢もしていなければ、精神力も関係ないと思っています。
 
 
このハードルこそが、
おそらく皆さんにとっての一番高い壁です。
 
含み益を抱えること、利益を目減りさせることが、

何の疑問もなく自分自身のメリットだと
深く深く深く理解すること、無理なくそう感じられること
 
その域に達することが必要です。
 
この意味は、セミナーに来ていただいた方は
わかると思います。
 
だんだん面白くなってきましたよね?
 
続きを書くかどうかは、いただいたコメントを見て決めますので、
ぜひコメントをお願いします。
 
続きは(おそらく)また次回。
 
(注)私の重視するのは、マインドですが、
断じて精神力のことではありません。
 
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K


トレードは『減点方式』の方が成功する!?

2017.02.14
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

今日の内容はスペシャルです。

上場企業をコンサルティングし続けている
日本屈指の経営コンサルタントの方から直々に教えていただいた

「ザ・成功の秘訣」です。

本来、無料メルマガで書いてよい内容ではありませんが、

おそらく全員がこの先を読み進めるわけではないと思うので

大丈夫だろうと思って書いてしまいます。

成功する秘訣は、実は、成功方法を学ぶこととは逆だったのです。

多くの人が、成功するためには
成功者の話を聞いたらいいだろうと勘違いし、
セミナーに行きまくったり、本を読みまくったりしますが、

実はそれらの行為は、あまり成功に近づいていません。

えっ!って感じですよね。

私も最初聞いたときは驚愕しましたが、
なるほど、とすごく納得しました。

準備はよろしいでしょうか?

それでは、究極の成功の秘訣をお話しします。

このことにこのタイミングで気づけることは、
恐らく一生の宝になると思います。

もちろん、トレードを習得するうえでも、
大変大きな指針になることを約束します。

多くの人は、何かで成功したいと思うと、
成功する方法について勉強します。

成功している人に会いまくってエピソードを聞いたり、

成功している人が書いた本を読みまくって要素を列挙したり、

成功哲学を頭から最後まで勉強したりします。

しかし、それらの行為そのものが実は、あなたを成功から遠ざけていたのです。

非常に重要なマインドセットがあります。

書いてください!

『成功のカタチは千差万別だが、
やってはいけないことは意見が一致する』

もうピンと来た方もいると思います。

わかりやすくするために、
ここからはトレードについて話しましょう。

トレードで勝っている人にその手法を聞いていくと、色んな方法が見つかります。

テクニカル分析だけのプロトレーダーがいたかと思えば、

ファンダメンタルズ分析だけのプロトレーダーもいます。

東証一部大型銘柄で大きな利益をあげている人がいたかと思えば、

JASDAQなとの仕手株で大きく稼いでいる人もいます。

わかりますか?

◎◎したほうがいい!という意見は、
基本的に一致しないのです。

成功のカタチは、たくさんあるのです。

業績をチェックした方がいいよ!という人もいますし、

業績やニュースは本当に見ない方がいい!という人もいます。

◎◎したほうがいい、ということばっかりを聞きまくっていたら、

いったい何をすれば”いい”のか答えはでません。

でも、やってはいけないことは、
すべてではありませんがほとんど意見が一致します。

「負けても、それを取り返そうと思ってはいけないよ!」

「感情的になってはいけないよ!」

「スイングトレードだったら、ザラ場は見てはいけないよ!」

「小さな額で勝てないのに大きな額を入れてはいけないよ!」

これは、ニュースは見ないほうがいい、というのとは意味が違います。

~しないほうがいい、というレベルの話(つまり、例外がある)と、

~してはいけない(絶対)ということは意味が異なります。

ここすごく重要です。

成功のカタチが千差万別なら、
あなたのスタイルはどんなカタチなのかを見出す必要があります。

そのためには、数多ある成功のスタイルを片っ端から試すことよりも、

やってみた結果を成功している人に話し、
いけないところについてアドバイスをもらう方が断然早いのです。

この違い、わかりますでしょうか?

あなたに合った投資手法は、あなたの性格にも行動パターンにもよると思います。

ですが、やってはいけないことをすべてやらないことができたなら、

極論、あなたが今やっている方法で勝てるようになるわけです。

つまり、減点方式で考えて、ダメなところを潰していくイメージです。

かなり抽象的な感じになっていますが、
伝わる人には伝わって鳥肌が立っていると思います。

あなたは、勝つ方法を探し当てる前に、
まず、負ける理由を知る必要があるということです。

負ける行為を特定し、その行為をすべてやらないことを徹底できたなら、勝てるようになります。

逆転の発想です。

実はこの発想、私がブレイクスルーを起こしたときに持っていた発想です。

あなたは、自分がいったい何故負けるか、
その理由をしっかりと理路整然と説明できますでしょうか?

もしもまだ負ける理由がしっかりと説明できないのであれば、
私はあなたのお役に立てます。

トレードで負ける理由は、実は、FXでも株でもデイトレでもスイングでも、全部共通なのです!

それが何なのか・・・

ご興味おありの方は、いつかお話したいと思います。

ヒントだけ与えた感じになってしまいましたが、
長くなってきたので今日はこの辺りにします。

GOOD TRADE!!

Mr.K


今日の話は読者をえらびます

2017.02.07
koushi_mrk01

From:Mr.K
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

今日の話は、読者を選びます。

すべての方向けではありませんので、
対象外の方は申し訳ありません。

対象を広くして抽象的なことを話すより、
少数の方に深く役に立つことを選びました。

今日の話は、

・トータルがマイナスになってしまう
・いつも損大利小になってしまう
・勝てる確信がない
・トレード自体を疑っている
・正直、泣きそうだ

これらの条件に当てはまる人向けです。

そう、今日の話は、
勝てなかったころの昔の私自身
に向けて書きます。

■拝啓、一生懸命なあなたへ

将来の資金のために、
あるいはやりたいことのために、
または子供の教育費のために、

自分で資金を増やすことに挑戦し
周りの反対を押し切って
トレードの世界に入った皆さん

勇気を出して取り組んだのに、
勉強しても、どうしても、

あと少しのところでなぜか勝てずに
悩みに悩んでいることと思います

ポジションを持っていると
仕事中もどうしても気になってしまい

うまくいっているとテンションが上がり
含み損の赤字を見ると気分が悪くなる

絶対にトレードで勝てるはずだ
と信じる気持ちとは裏腹に、
含み損がデジャブとなり慣れてくる

そんな毎日が辛いと思います

私も昔、そうでした。

そんなあなたの役に立てればとの思いで、
私がそこから抜け出したきっかけを
少しだけお話しします。

私は、根っからの理系人間です。

理屈っぽいところがあります。

大学で抗がん剤の研究をしていたときも
寝ずに研究に没頭し、
自分の理論を証明することに
一生懸命になっていました。

抗がん剤の研究に比べたら、
チャートを読みといて勝つことなど
よほど簡単に思えたのです。

しかし、その予想は大きく外れました

「なんで、あと少しのところで
 いつも損が膨らむんだろう?」

「なんで、まるで計算されたように
 いつも損大利小になるんだろう?」

「なんで、言われた通りに
 やっているのに負けるんだろう?」

「なんで、あの人は漂々とした顔をして
しっかり利益を出しているのに
俺だけ勝てないんだろう・・・」

そう感じている毎日がつづきました。

なぜうまくいかないにのか、
まったく見当もつきませんでした。

頭では勝てるはずが、
やってみると勝てない

自分の理論と現実が真逆なのが
なぜだかまるでわかりませんでした。

しかし、ある夏休み、

9日間、寮の部屋にこもって
チャートを睨み続けていたとき
とうとう神が降りてきました

『信じていたことは9割
嘘なんじゃないか』

一から考えて論理を組み立てていて
そういう結論になりました

自分で考えると、こんな結論に至りました。

★レンジブレイクアウトそのものが
自動的に損大利小になるエントリーだ

★こまめな損切りは、利益とは関係ない

★ロスカットを遠ざけて長く待つのは
相当にリスクが大きい

★買い目線は明らかに不利

★ファンダメンタルズ投資と
テクニカル投資は使う場面が違う
(一緒に使えない)

★・・・・

本やセミナーで言われたことを
はいそうですかとそのまま信じたこと

私は深く後悔しました

もっと早く気づくべきだった・・・

でも、同時に感謝しました。

見破った自分を誇りに思いました。

泥沼にハマっているあなた、
はまりそうなあなた、

本物の情報と噂の情報が
ごっちゃになっているはずです

何を信じるのか
信じる根拠は何か
信じる判断軸は何か

一度、落ち着いて、
紙を広げ、ペンを持ち、
状況を整理してみてください。

紙に書いて考えることで
問題点をあぶりだしましょう。

どうすればよいかわからなければ
質問してみましょう

あなたが今読んでいるメルマガには、
これだけの実績ある講師がいます

言われただけでわかるほど、
人間は頭が良くありません。

質問をする癖、
理解があっていることを
ひとつずつ確かめる癖を
つけることです

トレードスタイルによって、
まったく同じ情報も
正しくも誤りにもなります

昔の私自身のように、
現状を変える行動をとりましょう

2月は勝てますように!!

GOOD TRADE!!

Mr.K

P.S.
自分でたくさん考えて
それでも結論が出なければ
勇気を出して質問しにきてください

私は誠心誠意、お答えします。
http://j-i-s.info/j-i-s/170215_seminar/