カテゴリー別アーカイブ: Mr.K

順張り vs 逆張り

2016.12.06
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。
Mr.Kです。
 
前回に引き続き、皆さんが悩んでいるであろうことをお話しします!
 
今日のテーマは、
 
『順張り VS 逆張り』
 
です。
 
皆さんは、エントリーをするとき、
 
順張りでエントリーしますか?
逆張りでエントリーしますか?
  
最初は誰しも、順張りから入り、
そのうち、逆張りというものを知り、
そして、どちらがいいか悩みます。
 
では、順張りと逆張りの本質的な違いと
共通点をきちんと理解していますか?
 
まず、共通点は、株価の今後の流れが予想できていなければ、
どちらも利益が上がらないということです。
 
”上がっている銘柄が、何円くらいで折り返して下がり始める、下がるのはだいたいこのくらいまで”
 
この予想が当たっていれば、
ぶっちゃけ順張りでも逆張りでも勝てます。
 
そうですよね?
 
でも、株価の今後の流れの予想が間違っていれば、
どちらにせよ利勝てません。
 
何円で折り返すと思っていたのに、折り返さずにもっと高値まで上昇すれば、
逆張りは含み損が拡大しますし、順張りは買いのエントリー機会を失します。
 
 
では、順張りと逆張りの違いは何かというと、
 
それは、未来予測の期間の長さだと思っています。
 
順張りは、今この瞬間から先、
今の流れがいつ終わるかを予測しますが、
 
逆張りは、今の流れが減退した後、
逆に動く値動きまでを予測しなければなりません。
 
つまり、逆張りの方が、遠い未来を予測しなければならないということです。
 
だから、基本的には逆張りの方がリスクが高く難易度が高くなります。
 
しかしその一方で、ローソク足一本でどかんと逆に行くような値動きは
逆張りでなければ取ることができません。
 
順張りに比べて、ハイリスク・ハイリターンなのが、
逆張りと思っていただいていいのではないかなと思います。
 
 
しかし、もちろん例外はあります。
 
レンジ相場やエンベロープが効く相場においては、逆張りが簡単になります。
 
この認識が大事で、逆張りをしているときは、
ハイリスクな勝負をしているということです。
 
最初から逆張りでエントリーするという人はいいですが、
 
順張りで入ったつもりが逆に行ってしまい、戻ってくるのを待っているという、
結果的に逆張りになるケースがよくありますが、要注意です。
 
相当なハイリスクを取っていると認識すべきです。
 
そして、予想が外れたことを認めて早めに損切りすべきです。
 
だって、ハイリスクだから。
 
 
投資で安定して勝とうと思ったら、
ローリスク・ハイリターンの勝負だけを徹底して実行する必要があります。
 
負ける人は、ここを勘違いしていることが多いのですが、
 
ハイリスク・ハイリターンは取ってはいけません。
 
ハイリターンを得るためには、
ハイリスクなことに勇気を持ってチャレンジしなくてはならない!
 
と自己啓発本などで、そう信じきっている人もいらっしゃると思いますが、
 
実は、勝っている人は、ローリスク・ハイリターンのときしか勝負していないのです。
 
 
さて、まとめますと、
私は逆張りよりは順張りをメインにしたほうが良いと思っています。
 
理由は、予想する未来が少し近いので、
当たる確率が高くなるからですね。
 
つまり、ローリスクということです。
 
 
今回の記事が、皆さんのお役に立てば幸いです。
 
次回も楽しみにしていてください!
 
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K
 
 
<本日のおすすめ>

残席あとわずか!

ヘッジファンドでもマネできない、
株価が下がった時にもプラスを継続し、

毎年、安定的に50%以上の収益を狙える
株式投資方法をお伝えします。

http://j-i-s.info/j-i-s/ikeda_161211/


持ち続けるかどうかの判断基準

2016.11.29
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。
 
今日も具体的なトレードのコツについてお話しします!
 
恐らく、皆さんが一番悩んでいるであろう、
 
「この株を持ち続けるべきか、それとも手放すべきか?」
 
という疑問に対する、私なりの回答を書きます。
 
それでは、どんどん行きます!
 
 
持っている株を持ち続けるべきかどうか、、、
 
悩みますよね。
 
大きく分けて、3種類あると思います。
 
①含み益が出ているとき
②なかなか動かないとき
③含み損が出ているとき
 
含み益が出ていると、
 
「もうちょっと利益を伸ばすべきかな?
 いやいや、利益を早く確定したいな!」
 
となり、
 
なかなか動かないと、
 
「持っていてもしょうがないかな?
 なんで動かないんだろう。
 買うかどうか迷って結局買わなかった銘柄が
 どんどん上がっているのに、
 どうして自分の買った銘柄だけが
 動かないんだろう。。」
 
という感じになりますね。
 
含み損が出ているときが一番悲惨で、
 
「あーまた下がった!
 いやいや、ここで我慢すれば戻るかもしれない!
 少し戻ってから売った方が賢明じゃないか?」
 
という、もっともらしい論理を考えてしまいますよね。
 
 
こういう悩みはみんな経験しているんじゃないかと思います。
 
では、どう考えればよいのか?
 
解決方針の一つは、
 
「追加で投資したいかどうか」
 
で持ち続けるべきかどうかを考えるというものです。
 
今、買いで持っている銘柄があるとして、
ここから追加で買う気になるなら、
それは今現在も魅力的だということなので、
持ち続けてよい。
 
逆に、追加で今、買いたいと思わないなら、
それは今は魅力が落ちているということなので、
売った方がよい。
 
そもそも、持ち続けるというのは、
本質的には、毎日再投資しているのと同じなので、
そういう判断になります。
 
 
しかし、
 
 
、、、
 
 
ある程度経験すればわかることですが、
 
そんな機械みたいに判断して実際に実行することは、
相当に難しいのです。
 
頭でどれだけ理解していても、
実行に移せません。
 
何回かはできても、続かないという場合もあります。
 
 
そんなわけで、現実的に私が推奨しているのは、
 
しっかりと損切りラインを設定して
指値または逆指値でエグジット注文を
必ず入れるということです。
 
利益確定にしろ損切りにしろ、
 
頭で考えたように長期間実行し続けることは、
実際問題かなり難しいです。
 
毎回反省するのであれば、
 
それは「意志力」に頼る解決策が、
そもそも間違っている、修正すべきと考えるべきです。
 
 
よって、私はいつも、
エントリーと同時にエグジットの発注をかけます。
 
エントリー前に死ぬほど考えてエグジットラインを決め、
発注と同時にエグジットも注文し、
 
あとは、意志力に頼らずに実行されるのを待ちます。
 
利益確定の場合も、エグジットラインを上げるのみです。
 
 
ただ、もしもそれで物足りないという中級以上者の方は、
 
裁量で自分の判断基準に従ってエグジットする
という世界に挑戦するのがいいと思います。
 
 
参考になれば嬉しいです。
 
GOOD TRADE!!

 
Mr.K

<本日のおすすめ情報>

■「勝ち組は知っている」

この会員制プログラムでは、
株式トレードで勝つために不可欠な
「情報」を相場の裏側まで踏み込んで
提供しています。

手法や知識ではなく
「今まさに使える情報」を手に入れれば、
相場状況に合わせて
最適な投資行動ができるでしょう。

どんな内容なのかは、
こちらをお確かめください。
↓ ↓ ↓
http://j-i-s.info/j-i-s/gekkan_jis1611/


「流れ」の発生に気づく人・気づかない人

2016.11.22
koushi_mrk01

From:Mr.K

おはようございます。
Mr.Kです。
 
前回までに、投資期間の捉え方をお話ししてきました。
 
今回はより細かく具体的な内容として、
「流れの発生にどうやって気づくのか?」
 
というコツの一部をお話ししようと思います。
 
 
チャートを後から見て、
 
「ああ、このときが流れの転換点だったなあ!」と気づけても、
リアルタイムに気づけなければ使えません。
 
うまくトレードで勝っている人というのは、
当然ながらその”転換点”に
リアルタイムで気づくことができているわけです。
 
では、気づける人と気づけない人は、
いったい何が違うのでしょうか?
 
 
これは、私自身が最初は
”気づけない人”でしたが、
 
熟練していくにつれて
”気づける人”になったので、
 
その両者の違いがわかります。
 
両者の違いは、
 
「流れの発生が来る前から想定できているか」 
ということです。
 

こういう流れが来るかもしれないな、
というイメージを予め持っているのが
勝っている人であり、
 
そういう人は、流れが来る前から
”こうなったらああしてやろう!”
という計画を持っています。
 
 
それに対して、
流れが来てから対応を考える人が
負けてしまう人です。
 
どうしてもリアルタイムでは
冷静さを失いますので、
正しい判断ができません。
 
こういうと、
 
「先の予測をしろということですか?」
 
と聞かれることがありますが、
厳密に言うと、そうではありません。
 
先の予測が正しくできる必要はないのです。
 
そうではなく、
 
複数のシナリオ(先の展開)を予め描き、
それぞれに対処方法を考えておく
 
ということが必要だということです。
 
ただ、これも言葉で表現すると
誤解されがちなのですが、
 
A→B→ときたらC→Dと来る確率が高い
というような先の予測は必要になります。
 
株価の動く方向は神のみぞ知る
とは言いつつも、
ある程度のパターンがあるのも事実です。
 
 
だから、パターンを知っているということと、
そのパターンの初動の発生を知っていること
 
そして、こう来たらこうしてやる!
と予め待ち伏せていることが大切になります。
 
 
ちょっと抽象的になってしまいましたが、
要は、トレードでも普通の仕事でも同じです。
 
事が起こる前から対処方法を検討しておく、
仕事には一定のパターンがあることを知っている
 
この2つが揃うから、
しっかりとその場で正しい判断ができます。
 
 
次回もトレードのコツをお話しします。
 

それでは、GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K


【Vol.2】投資期間を考えていますか?

2016.11.15
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。
Mr.Kです。
 
前回、投資期間について書きました。
今回はもう少し具体的に考えていきます。
 
今日の話は、投資を続けていく人は
確実に理解しておく必要があります。
 
これをわかっている人は、勝っていますし、
わかっていない人が、負けています。
 
それでは始めます。

エントリーしてからエグジットするまでの期間が長くなることによる影響について、
しっかり認識しておくことは非常に重要です。

そのとき、トレンドという概念を理解する必要があります。

トレンドとは、簡単に言うと、
池に石が投げ込まれたときに起こる波の発生が
いつから始まり、どのくらい続き、いつ波が止むかということです。
 
投資とは、基本的に、
”流れにうまく乗る”という行為です。
 
例えば、

・高齢化の波に乗って介護ビジネスに投資する

・スマートフォンの普及の流れに乗ってスマホアプリの開発を行なう

・国際化の流れを掴むために、英会話の力を集中して伸ばす
 
他にも無限にありますが、来たる流れに乗って、
需要のあることに取り組むということが
すべて投資の考え方です。
 
一言で言うと、時流に乗るということです。
 
時流に乗るために意識することは2つです。
 
1.流れの大きさ
2.流れが続く期間
 
大きな流れ(ブーム)ほど
長く続くことの方が多いとは思いますが、
必ずしもそうとは限りません。
 
例えば、お笑いなどのブームの流れは爆発的に広がり、短期間で過ぎ去りますね。
 
一方で、出生率の低下のような流れは、
ゆっくりしかし確実に広がり、
一度できた流れはなかなか変わりません。
 
このように、流れの大きさと
流れの持続期間は必ずしも比例しません。
 
投資で勝つということは、ものすごく単純化すれば、
 
流れの発生に気づき、
流れに乗り、
流れが終わる前に撤退する
 
ということです。
 
ここすごく重要です。
 
だから、投資で勝とうと思えば、何が重要かというと、
 
・流れの発生に気づけること
・流れの大きさを判断できること
・流れの持続期間を予想できること
 
これに尽きます。
 
この3つがわかっていたら、負けるわけないですよね??
 
で、株式トレードもFXトレードも、
究極的には同じなんです、ということです。
 
流れの発生だけ見てワタワタする人、
先の予測をしなすぎです。
 
落ち着いて、この流れは今後どのような展開をするのか、
少なくとも、この流れはいつくらいまでは続きそうか、
よく考えてみましょう。
 
次回はそれぞれの技術について
少しずつ書いていこうかなと思います。 

ではまた次週。
 
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K
 
 
<本日のオススメ>
「銘柄選びの時間を無くして
 難しい売買判断をしなくても
 収入が増える方法」

もしあなたが、
毎日コツコツと株の勉強をしているのに、
その割には思ったような成果が
出ていないと感じているなら、、
このセミナーを受けてください。

数々の暴落に影響を受けることなく
結果を出してきた
利益安定型の投資戦略をお伝えします

http://j-i-s.info/j-i-s/okumura161127/


投資期間を考えていますか?

2016.11.08
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、
 
 
おはようございます。
Mr.Kです。
 
最近気づいたのですが、
投資期間に対して意識をしている人が
とても少ないように思います。
 
あなた自身に問いかけてみてください・・・

短期投資と長期投資の性格について、
きちんと意識をしていますか?
 
なぜ、短期投資と長期投資を組み合わせる
(ポートフォリオといいますね)方がいいのか説明できますか?
 
株式トレードやFXにしても、
スイング、デイ、スキャルピング、中期、バリュー投資など
(これだけではありませんが)様々な投資期間のスタイルがあります。
 
何を基準にスタイルを選択していますか?
 
まずは勝たないと始まりませんので、
自分に合う、合わない、という感触の問題で選んでももちろんいいですが、

その先として、あるいは取り組み始める理由としては
きちんと期間の観点を入れておくことが大切だと思います。
 
 
なぜかというと、期間によって得られるリターンも取るリスクも違うので、
期待していたリスクやリターンが得られないと
投資する目的が達せられないからです。
 
遊びとしてやるのであればそれでもいいですが、
私は大真面目に仕事として投資をしたい人向けに書いていますので、
それではいけないと思います。
 
 
まず、大原則として、
期間が長くなればなるほど未来は不確実になります。
 
つまり、想定通りとなる可能性は低くなります。
 
こう言うと勘違いする人が非常に多いのですが、
別にいわゆるリスク(本来の英語のRISKであればいいですが)が増えるということではありません。
 
投資対象のリスク種類と、
期間拡大によるリスク変化は分けて考えることをオススメします。
 
 
イメージで言えばこんな感じです。
 
投資対象のリスク種類とは、
あなたが振るサイコロの種類です。
 
いくつ目があって、いくつが当たりでいくつが外れかは、
どのサイコロを振るかで決まります。
 
そして、期間拡大によるリスク変化とは、
サイコロの大きさや形が変化していく可能性の話です。
 
振るサイコロが同じでも、
時間の経過とともにサイコロの大きさや形が変わると思ってください。
 
どの程度変化していくかは、サイコロによります。
 
つまり、今勝率が高いが
時間の経過とともに急速に勝率が変動するようなサイコロもあれば、

今勝率は低くともその勝率が時間の経過とともに
ほとんど変化しないようなサイコロもあります。
 
もちろん、他の掛け合わせの場合もあります。
 
 
前回も、そしてこれまでも何回も書いてきていますが、
投資をするなら勝たないといけません。
 
そのときに、サイコロを1つ振るのではなく
数種類振ることで総合点での勝率を上げることをポートフォリオを組むと言います。
 
スイングだからリスクがどうとかリターンがどうとか、
一概に言うことはできません。
 
それはサイコロの種類によるからです。
 
 
ちょっと長くなってきたので続きは次回書きますが、
今あなたが取り組んでいる投資について

ちょっと客観的に考えるきっかけになればと思います。
 
ではまた次回。
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K


勝敗を分ける根本的な○○

2016.11.01
koushi_mrk01

From:Mr.K
自宅のトレードルームより、、、
 
 
おはようございます。Mr.Kです。
 
この数ヶ月、
「なかなか勝てない人」と「勝っている人」は
何か本質的に見えている世界が違うのではないか?

という考えにずっと悩んできました。
 
「簡単なようで難しい、難しいようで簡単」
 
会社経営についてのある経営者の言葉ですが、
この言葉が一番しっくりきます。
 

そして、これはトレードに限らず、
「一部の人しかできないすべての事柄」に当てはまると思います。
 
一見簡単だが、モノにするには
予想以上の努力が必要である。

しかし、できる人にとっては
その努力は当たり前のことであり簡単なことである。
 
ということです。
 
 
つまり、技術ではなくて
取り組み姿勢そのものに違いがあると思うのです。
 
それがなんなのか、考えに考えて
ようやくひとつの解が出てきたように思います。
  
 
それは、教科書学習か実践学習かの違いであると思います。
  
 
どういうことかというと、
 
教科書学習というのは、
極論、教科書に書いてあることをすべて覚えれば
100点が取れるタイプの学習で、
 
対して実践学習というのは、
100点の定まった答えがなく、
一人ひとりが自分なりのコツを見つけ、
 
少しずつ異なったやり方で
結果を出せるようになる学習です。
 
すべてを覚えればいい、理解すればいい、という、
「◯◯すればいい」という学習もあることにはありますが、

株式トレードは少なくとも
そういうタイプの学習ではないと感じています。
 
もしもトレードが教科書学習タイプなら、
人間よりコンピュータの方がうまいですから。
 
 
実際のトレードをしていても、原理原則はありつつ、
どうしても最後に臨機応変さというものが残るのを感じます。
 
ある程度までは理論で突き詰めることはできつつ、
最後のひと押しは、正直、第六感的な部分が残ります。
 
別の言葉で表現すると、
毎回違う相場で未来を予測していくので、

確率論に行き着き、無敗はありえないということになります。
 
こうやって解けば必ず正解が出るよという
”固定の公式”は存在しない、ということを
改めて認識することが大切だと思います。
 
イメージで言うと、
ファッションに似ているかもしれません。
 
自分の体型と顔に合った服がわかればそれで良いわけであって、
すべてのファッションパターンを覚える必要はないのです。
 
教科書学習と実践学習は目的が違う、
という風にも言えるかもしれません。
 
教科書学習は教科書に書いてあることを覚えるのが目的。
 
しかし、実践学習は「勝つ」のが目的。
 
 
そして、その勝ち方というのは
人によって微妙に異なる、というのがポイントです。
 
つまり、最後は自分なりの方法を見つける、
勝てるパターン、得意なパターンを見つけるのがゴールです。
 
語弊を恐れずに言うと、教科書に書いてあることを全部覚えても
勝てるとは限らない、ということです。
 
それでも勝つためには、
どうしても自分の頭で考えることは必要です。
 
なぜかと言えば、あなたの個性にフィッティグする作業は
あなたしかできないからです。
 
今日の話が何かの役に立てば幸いです。
 
今日から私も、新しいスタートを切って行きます。
 
がんばりましょう!
 
  
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K
 
 
<本日のおすすめ情報>

■「勝ち組は知っている」

この会員制プログラムでは、
株式トレードで勝つために不可欠な
「情報」を相場の裏側まで踏み込んで
提供しています。

手法や知識ではなく
「今まさに使える情報」を手に入れれば、
相場状況に合わせて
最適な投資行動ができるでしょう。

どんな内容なのかは、
こちらをお確かめください。

今日までの限定公開です。
↓ ↓ ↓
http://j-i-s.info/j-i-s/gekkan_jis1610/