作成者別アーカイブ: ジャパンインベストスクール事務局

【ハゲタカ理論No.4】TOBに関する驚きの手腕

2018.08.20
horikita

From:堀北晃生
丸の内のオフィスより、、、

こんにちは、堀北晃生です。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

■ ハゲタカが教えるファイナンス理論4

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

ファイナンスを舞台とした交渉力で
重要なのが、情報収集力です。

すべての交渉が始まったときに
どれくらいの情報収集ができているかによって
ほぼ勝負は決まっています。

ここではハゲタカに学ぶ情報収集力を
わかりやすくまとめます。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

■ TOBに関する驚きの手腕

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

ここ最近はM&Aが日常茶飯事となり、
新聞を開けば毎日のようにM&Aに関する記事が
掲載されています。

株式会社とは自由に株を
売り買いすることができる仕組みによって
成り立つものです。

ハゲタカのドラマのシーンを見ると
TOB(ティーオーピー)という言葉が出てきます。

このTOBについて説明していきます。

TOB(ティーオーピー)とは、
take over bidが語源となっています。

これは日本ではよく使われるフレーズですが、
実は英語圏ではあまり使われません。

イギリスでは、略して「take over」といい、
アメリカでは、「tender offer」といいます。

意味は全く同じで、
株式公開買い付けのことを指します。

株式の買い付けを公告し、
不特定多数の株主から
株式市場外で株式を買い集める制度のことです。

これにより、まったく知らぬ間に
大株主が変更になっていたということがあります。

ライブドアがニッポン放送株式を29.5%取得し、
大株主になったのは有名ですよね。

公開している株を買い集めたり、
既存の株主から株を買い上げることで、
大株主となればその会社のオーナーになれます。

そして、その会社が持っている技術や
ブランド資産を活用して自社の相乗効果に
活用するというものです。

TOBには二種類あります。

友好的TOB敵対的TOBです。

友好的TOBとは、経営陣が株主に対して
適正な株価を買い付けすると勧告し、
取引をするというものです。

このことにより、双方にとって相乗効果が出るような
TOBを完結することができます。

日本のわかりやすい事例でいうと
・アコムと三菱UFJフィナンシャル・グループ
・ボーダフォン日本法人とソフトバンク
・クラリオンと日立製作所
・プロミスと三洋電機
などです。

それに対して、敵対的TOBとは、
相手の合意なしに株式を買い集めて
大株主になるという方法です。

日本のわかりやすい事例でいうと
・明星食品とスティール・パートナーズジャパン
・オリジン弁当とドン・キホーテ
・ブルドックソースとスティールパートナージャパン
・阪神電気鉄道と村上ファンド
・ニッポン放送とライブドア
などです。

近年、特に株式を公開している企業は
いつどのタイミングで、TOBを仕掛けられ
大株主になるかわからない事態になる
リスクが高まりました。

この影響で、
日本では一時、上場する企業が
一気に減ったこともあります。

しかし、金融商品取引法の改正が進み、
大量保有報告書の作成が義務付けられました。

これにより、上場企業の5%を超えた保有は
報告をしなければいけないようになりました。

ここで、株式投資家として知っておきたいポイントは、
いざM&Aになったとき、
株価が上がるのか下がるのかということですよね。

自分が持っている株がM&Aされたことで
一気に株価が上昇すれば、
株主としてはオイシイ話ですが、
逆に下がってしまうパターンもあります。

このM&Aが出たときに注目してほしいのが、
企業価値の算定基準です。

株式を売り買いする際には、
必ず株価というものを決めます。

また、その買い取り株価に
さらにプレミアと言って、
上乗せをして買い付けをすることもあります。

この買い付けの金額や、
算出方法を確認してください。

正当な高い価値で評価されている場合は、
株価が上昇することがあります。

逆に買い手だけが有利な取引の場合は、
株価が下がることもあります。

これからもM&Aに関する情報は、
多く出てくると思いますが、
ぜひこのあたりを注目しながら
チェックしてみてください。

追伸1:

TOBという検索キーワードを
Googleアラートに登録してみてください。

毎日のようにTOBに関するニュースが
登録したメールアドレスに通知されます。

ぜひ参考にしてみてください。

追伸2:
空売りで勝率80%。
私が提唱する「堀北式株価デトックス理論」で
実現可能な数字です。
詳しくはこちらをクリック。
http://japan-i-school.jp/jim/books_hkt180709/


これが成功する人の考え方です

2018.08.19
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます。
谷口です。

今日は「成功体験を継続するための
考え方」について
お話しします。

さて、お盆も終わりましたね。

お盆が終わると、
毎年夏の終わりを感じます。

僕の盆正月は基本的に自宅待機なので、
休みを利用して旅行という
発想が無いのです。

ただ、久しぶりに集まる親戚に
もてなしをして、
喜んでもらって帰ってもらう。

これをずっと続けてるんですね。

仏教の行事?何でしょうけど
よく考えられたものだなと思います。

これだけで親戚の仲が
保たれるのですから。

先日は親戚のお葬式があったのですが、
今まで参加したお葬式の
ほぼ99.9%が仏式でした。

この歳になると
結構な数のお葬式に参加しています。

会場がお寺と言うのもごくわずかで、
ほとんどが葬祭場です。

ですが、最近の方の多くは
「無宗教」ですから(僕もそうですが)、
よくわからない様式が多い。

よくわからないけど、
そうするものだと思って
ずっとみんなこれを繰り返している。

座る順番が…や、
お焼香の順番が…というように、

死んだ人以外のことが
重要になっているこの様式。

「日本は新興宗教の数が世界1多い」
と聞いたことがありますが、

仏教以外の宗教を信じている
人も多いこの日本で、
最終的に選ばれるのが仏式の葬式です。

これは「無難」なやり方だから
選ばれるんだと思いますが、

実際には、この仏式のしきたりに
したがっておけば成功し、
間違えれば失敗とも捉えることができます。

これは参加してもらった人に対して
心づかいが出来たかどうかを試される
重要な儀式なんですね。

めんどくさいな~と
沢山の人が思っているのに、

他の葬儀の成功方法を知らないから
みんながやっている
成功方法を取っているんだな、

と最近つくづく思っています。

みんな生きる上で出来るだけ
失敗したくないと思うので、

みんなが上手くいっている
方法を取ろうとします。

一方、トレードではどうでしょうか?

みんなと同じことをすると
「負けてしまう」世界です。

僕はトレードを始めたころ、
上手くいっている人の意見も聞かず、
自分の勘を頼りにトレードしてきました。

そして、大事な資金をどぶに捨てることも
ありましたが。

トレードでやっているような
身勝手なことをお盆や葬式の時にやれば、

親戚関係はくずれ、
葬式へ来てもらった人に
不愉快な思いをさせてしまいます。

そして、村八分になります。

しかし、僕自身は形式だったことが嫌いで、
1+1=2だから2
と言われても納得しないタイプです。

だから、なぜ1+1=2なのかを
理解するまで掘り下げる。

納得したら、次の事柄について
納得するまで掘り下げる。

これをずっと繰り返します。

みなさんも、次の事柄について
深く掘り下げてみませんか?

お盆に集まることは何の意味があるのか?
スイカを川や井戸水で冷やすとなぜ旨いのか?
そうめんは流して食べる必要が本当にあるのか?
何の意味があって行っているのか?

これが分かれば、
みなさんもずっと成功体験をし続けられるでしょう。

それでは、また次回まで。

谷口洋章

<編集部のオススメ>
どうやって相場も知らなかった初心者が、
月100万のリターンを実現させたのか

その秘密を現役のプロが解説します。
http://japan-i-school.jp/jim/okuribito1808/
※残り5名のみ


無駄に負ける人の特徴

2018.08.18
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

お盆明けの土曜日となりましたが、
この一週間で日経平均もマザーズ指数も
ズルズルと下がりました。

来週以降も
「夏枯れ相場」をキーワードにして
気をつけていきたいところですね。

個人資産の推移が
マザーズ指数と同じ動きをしている方も
少なくないようで、

地合いの悪さとトレードの難しさが
比例していることを
まさに示している状況でしょう。

特に資産がズルズルと
減ってしまう人の特徴として

強い根拠がないにも関わらず、
なんとなく中長期投資をしている
ことが
挙げられます。

私はこれを「ぼんやりホールド」
呼んでいまして、

日経平均が右肩上がりだった昔なら
それでも良かったのですが、

今の時代の値動きは本当に繊細なので
ぼんやりホールドは非常にリスキーです。

プロトレーダーは
常にいくつもの銘柄を
保有していると思われがちですが、

私は自分の信じている強い株だけを
ひたすら取引して稼ぐ
というやり方を
好んでいます。

結局は
「強い時期に強い銘柄」だけやっていれば
資産を一気に増やすことができるので、

ぼんやりホールドで
資産を減らしてしまうよりも

強い銘柄を徹底的にリサーチし、
機敏に乗り換えるほうが吉です。

それでは今日はこの辺で。
来週もがんばりましょう♪

ウルフ村田


実録チャートで分析!急落パターンはコレ

2018.08.17
koushi_yoko01

From:高橋陽子
都内の自宅にて、、、

皆さん、お盆はどのように
お過ごしでしたでしょうか?

帰省された方も多いかと思いますが
折角の休みなので、相場に入った方も
多かったのではないかと感じています。

商いとしては閑散期となりますので
微妙なのは承知で入ることになりますが、
この中で面白いチャートを見つけましたので
ご紹介させていただきます。

デイトレードで一番怖いのは

・高値掴み
・急落

この2点でしょうね。

良い所でポジションを取り、
また、下がる直前で売り抜けたい。

と考えるのは相場にたずさわっている人間
ならではの「あるある」なのですが。

利益を追求するあまり、

高値で入ってしまい…

急落に巻き込まれ…

撃沈。

という事態があります。

これだけは回避したいですよね。。。

そこで見て頂きたいのが、
8月15日の前場の
4390 ipsのチャートです。

これは3分足ですが、
検証すると面白い事が分かります。

4390IPSチャート

9200円という価格手前で
朝一番に上昇しました。

そこで、一旦下がったものの
9000円前後で踏みとどまり、
再度、9200円をアタック。

一度は9200円を抜けて
再度下がるのですが…

ここであまり下がらない。

という事態が起きます。

下がらないとくれば、あとは
再度、買いの勢いが増すのを待つだけ。

3度目の高値抜け!!

なのですが。。。

ここに大きな落とし穴があります。

皆が買い期待で、

「9200円を大きく越える。」

と、思って固唾を飲んで見守る時。

つまり、玉を持って、売り待機の状態なのですが。

大体、このような状態の時の
「3度目の正直」的な高値抜けですね。

ここで怒涛の売り。

ホントにコンマ何秒の世界ですが、
大量の売りがやってくることが多いのです。

私自身、何度かの波にやられた
経験がありますので。

3回目の高値アタックの際には
まだ買い上がっている時に売る。

というのを鉄則にしています。

今回はちょうど良いチャートですので
皆さんと共有してみました。

「高値アタックの3度目は急落に注意」

是非、このチャートを教訓に、
今後のトレードでの高値掴みや
急落の際の逃げのサインとして
覚えておいてくださいね(^^♪

高橋陽子

<編集部のオススメ>
多くのトレーダーにとって
盲点となっている
市場にはびこる人為的な策略とは…

この衝撃的な真実を
人数限定でお伝えいたします。

http://japan-i-school.jp/jim/okuribito1808/
※大阪梅田開催残席わずか


【動画】これからは空売りの相場…!?

2018.08.16
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋自宅のオフィスより、、、

お盆休み、いかがお過ごしですか?

私はのんびりとさせてもらっています。

のんびりと~

の~んびりと~

コンテンツ作りにいそしんでおります(^^;

さて、相場の方はというと
いつもは閑散なお盆なのに
急落から急騰とちょいと荒れておりますね…

ただの急落、その反動の急騰なら
それほど騒がなくてもいいのですが、

今回はいつもとは様子が違うようです。

理由は2つあります!

これって…けっこう…

相場の転換点になるかもしれませんよ。

こちらの動画をチェックお願いします(^^♪

 ↓↓↓

<本日のオススメ>

相場が荒れてもキラりと光る
有望銘柄を掴むには何が必要か?

そんな一見怪しい急騰銘柄でも
そうしたらリスクを抑えて売買でき、
利益に変えることが出来るのか?

その方法について解説しているのが
こちらのセミナーです…

http://japan-i-school.jp/jim/seminar_sts1808/
※全先残りわずか


ジェロントロジーを身近な問題として考えてみる

2018.08.15
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

前回ブログからの続きとなります。

前回ブログ:これからの老後生活が深刻化する理由
https://j-i-s.info/j-i-s/nikkan_180808/

個人では解決できない
大きな問題すぎるので、
まずは身近な話として仕切り直してみます。

主にお金の話を中心に考えてみます。

フィナンシャル ジェロントロジー
などともいわれます。

健康で長生きするのは
一般的に良い事だと思いますが、

俗にいう、長生きのリスクというものが
実際には存在します。

給料を稼がない世代になっても、
生活にかかるお金は変わらず発生しますよね。

総務省の調査では、夫婦世帯において、
月に約24万円かかります。

内訳は食費、光熱費、交通通信費などです。

家賃は入っていません。

つまり、住宅ローンは払い終わっている
という想定です。

車も保有していない想定です。

総務省の想定でも首都圏では、
月額24万円で夫婦二人の
生活をするのは厳しい気がします。

年金をもらえるのは65歳になってからです。
しかし、会社の定年は60歳の人が多いのです。

空白の5年間の人生設計は、
ここではとても書ききれる内容ではありません。

健康状態も千差万別。
年金は、人によってもらえる金額が異なります。
本当に人それぞれなのです。

従って一概には言えませんが、
今回はモデルケースということで話を進めましょう。

生活費=支出24万円に対し、
収入は国民年金の月5.5万円です。

厚生年金が月14.8万円です。

実は、これ以上もらえる人も多いのですが、
その場合、所得税や住民税の負担が大きくなります。
年金収入は、立派な所得なのですね。

国民年金をもらう人は、
毎月18.5万円足りません。

自営業をもっていれば、
定年はないので働く続けることが
できるかもしれません。

仕事がなければ、毎月18.5万円をどうするか、
今のうちに考えておく必要があります。

退職金システムはないでしょうから、
かなり前から準備をしなければ
いけない事になります。

厚生年金をもらう人は毎月10万円足りません。

厚生年金をもらう人は会社員ですから、
退職金を2000万円もらえたとして、

それで不足分を補うとすると、
年間10万x12=120万円を補う必要があるので、
6%づつ、取り崩す必要があります。

この調子で取り崩すと、
退職金は16年で枯渇します。

65歳の人は、16年後の81才になると退職金は底をつきます。

65歳の男性の平均余命は19年なので、
平均84歳まで生きます。

5歳年下の奥様がいるとして、
60歳の女性の平均余命は28年ですから、
平均88歳まで生きます。

資金が底をついたあとも、
平均数年は生きなければいけないのですね。

これは平均的な余命の話ですから、
もっと長生きする人も半分はいます。

資金使途のシナリオは、
今の生活費24万円が継続すると
単純化していますが、

これも無理があります。

たとえば、自宅にせよ、
マンションにせよ、
メンテナンスが必要です。

家電も壊れたら
買い替えの費用がかさみます。

壊れなくても、TVや車(もし持っていれば)などは
技術革新によりインフラが変わったら
買い替えが必要です。

支出には、孫のおこずかいとか、
自身のレクリエーションは上積みすべきです。

自宅の固定資産税も
本来は考慮しないといけません。

自宅を所有しない賃貸の人は、
保証人が必要ですが、

老齢者の保証人になってくれる人を
探すのが難しくなってきます。

収入元である年金は、
減額される可能性があります。

大きな病気になったら、
個人負担も発生するでしょう。

崩す元本を退職金100%としましたが、
退職金には税金がかかるし、
60-65歳という空白の五年間を過ごすために
退職金に手を付けたら、
月24万円x5年間=1440万円は失っているはずです。

これが長生きのリスクです。

どうにかして解決する必要があります。

幸い、いくつかの解決方法は
既に用意されています。

これは、次回に述べる事にします。

奥村尚

<編集部のオススメ>
「いくら勉強しても成果が表れない…」
と悩んでいる方へ

チャートの見方を少し変えるだけで、
圧倒的な利益へつながる方法をご紹介します。

http://japan-i-school.jp/jim/180825_kujira/