作成者別アーカイブ: ジャパンインベストスクール事務局

定期的な◯◯が利益のコツ

2018.10.16
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。
Mr.Kです。

明後日から、妻の希望で出産のために
3ヶ月間ハワイに住みます。

サラリーマンの時は、
まさか3ヶ月間もハワイに行く
なんて想像できませんでした。

人生はたった数年で
本当に大きく変わるものだと
実感しています。

次は私の教えているメンバーの中から
ハワイ滞在を実現させよう!

というのが
新しいモチベーションになっています。

さて、本題です。

最近、つくづく思うのですが、

トレードには、
ベストパフォーマンスを
継続する力」が不可欠です。

ある期間だけ
いい成績を収めることは、
意外と多くの人が経験しています。

しかし、いい成績を
とった経験が仇になり、

そのあと自分の予想を
過信して破産

という流れが一般的なようです。

この流れから脱却するために
私がやっていることは、、、

======

「定期的に休むこと」です。

トレードにおいて、
休み方は色々あります。

・ノーポジションにする
・チャートを見ない期間をつくる
・トレード以外のことに没頭する

トレード初心者の方は
わからないかもしれませんが、

3年くらいトレードを
やっていると、

自分の調子が良い時と悪い時が、
感覚としてわかるようになってきます。

大きく負ける前兆のような
嫌な予感といいますか、

「あ、この流れは良くないな…」

という感覚が
第六感的に働くのです。

以前の私であれば、
「そんなはずはない、いつでも勝つんだ!」
と躍起になっていましたが、

そんな時は決まって、
悪い予想が的中しました(苦笑)

そんなことを何回か繰り返して、
やっと「休むこと」を覚えたんです。

不調だな。。。
と感じたら、

「休もう!」と自分に言って
ノーポジションにしてしまいます。

昨日のFX 1day講義に
出席された方はわかると思いますが、

ノーポジションにするということは、
資産を減らすことでもないし、
負けるということでもないし、
諦めるということでもありません。

なんのためらいもなく、
「休憩!」

でノーポジションです。

ノーポジションにしたら、
チャートを改めて眺めます。

過去の分析をしたり、
実績の確認をしたり、
自分の戦略をシェアしたりします。

もちろん、ノーポジションにした後、
当初張っていた方向に動いて
「あ、持っていればよかったかな」

と感じる時もあります。

でもね、

そこで運良く取れちゃったら、
そのあとさらなる地獄が来る

知っているんです。

だから、

「読めなかった時点で実力不足。
勉強、勉強!奥が深い!」

と、楽しんでいます。

トレードはコツコツの積み上げが
塵も積もれば山となるで
複利で爆発していきます。

そのためには、

定期的な休憩は大切です。

GOOD TRADE!!

Mr.K

<編集部のオススメ>
時間がなくても安定して
勝てる投資をしたい方へ

もし、1日たった5分のトレードで
資産を増やすスキルが、
1日で手に入るならほしくありませんか?

http://japan-i-school.jp/jim/seminar181009_23/


錯覚の先にある利益

2018.10.15
horikita

From:堀北晃生
丸の内のオフィスより、、、

私は現在、未来の金融のあり方について
さまざまな分野で研究するチームと
連日ディスカッションしています。

特に話題に上がる分野として、
フィンテックはこれから
急速に伸びてくると考えています。

ちなみに、フィンテックとは、
「金融+テクノロジー」を組み合わせた造語です。

株式投資の世界でもまさに、
テクノロジーは凄まじい勢いで発展しています。

人工知能を搭載したロボットが、
株式市場にダイレクトで売買することで、
市場の隙間から利益を出し続けているのです。

さらに、なぜ、AIロボットを搭載した
トレーディングシステムが
このような利益を出せたのかは
人間が解明できない領域まで達してきているとのこと…

ところで、金融機関には
それぞれ自己売買部門というものがあります。

1,銀行
2,証券会社
3,保険会社

これらは、お客様から集めたお金を運用して、
自社の利益にするものであり、その多くが
AIトレードシステムによって運営されています。

特に最近興味深いと感じたことは、
AIトレードシステムは、
人間の錯覚を利用して
利ざやを稼いでいるということです。

こちらは立命館大学の教授、
渡辺英治准教授らが脳のネットワークが
「蛇の回転」錯覚を提唱しました。

こちらの画像をご覧ください。

錯覚

静止しているはずの図形が
動いているかのように見えたと思います。

これは実際に目で見た情報と、
脳の記憶データとの差による「錯覚」です。

視覚的対象物の予測を行うように
学習させた脳のネットワークが、
動くはずのない画像が回転していると
予測したものです。

このように、人間の視覚と脳の記憶データは、
必ずしも一致するものではなく、
矛盾することが多いのです。

今のは例え話でしたが、

現在のAIトレードシステムは、
このように人間の脳の錯覚領域にまで
プログラムが組まれていると言われています。

そう、トレードと脳の錯覚には
深い関係があるのです。

というのも、人間の感情には
確実なものがないため、
一瞬の避けたい恐怖と錯覚が組み合わさり、
間違った判断をしてしまいます。

そのため、「錯覚」の領域
見抜くことができれば、
株式投資の世界では無限の可能性を
引き出すことができるのです。

この「錯覚」に利用されるか利用するかで
これからのパフォーマンスが大きく変わります。

いずれ、錯覚の裏にある投資のチャンスについて、
最新の研究データをご紹介していきたいと考えております。

堀北晃生

追伸:
人間の感情・視覚が交錯する
チャートを見る必要がない空売り理論…

それらを書籍としてまとめましたので、
興味のある方はご覧ください。

http://japan-i-school.jp/jim/books_hkt180709/


宝くじは投資と呼べるのか?

2018.10.14
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます。

谷口です。

僕はIPOセカンダリーを中心に
株式トレードを生徒さんに
お伝えしているわけですが、

その中にはもちろん
投資未経験の方もいらっしゃいます。

トレードを全くやったことがない初心者の方は、

・何からやっていけば良いのか分からない。
・何を覚えれば失敗しないのか分からない。

という悩みを持ちながらも、
ほとんどの方が、
それらをはっきりさせることをしないで
すぐに売買を始めます。

日本証券業協会が毎年、1000名を対象に
実施しているアンケートの集計から、
90%の人が損を出すことが分かっています。

年間10%の人しか利益が乗ってこないことを
ほとんどの人は知りません。

宝くじと同じ考え方で、株などを買うのですが
宝くじと株は性質が全く違います。

宝くじは買った金額しか損しません。
株も買った金額しか損しません。

ですが、その金額が違います。

宝くじを買う平均金額は1万円程度のようなので
1万円出して5億円を買うイメージです。

外れても1万円の損、
だから納得して買えます。

株式投資で20万円の株を買うと
最悪は20万円の損

では、最高でいくらになるでしょうか?

東証1部に入っているような大型、安定株
2倍になるのはいつでしょうか?

新興株などで驚異の10倍株を買えたとして
その10倍になるのはいつでしょうか?

10倍になったとして20万円の買い物で
200万円です。

リターンのレバレッジ効果がまったく違いますね。

ですので、
まったく違う種類の買い物をしているのに…
感覚は一緒。

これが分からないまま
トレードをすると先の数字のように
90%が損失を出すのも理解できますよね。

株式投資は、感覚で言うと、

株は生もの・鮮度が命

ほっておくとすぐに腐ります。

あなたは、魚屋さん

仕入れた魚が、一刻も早く売れないと
腐ってしまい、仕入金額が損になります。

高級魚で知られる”のどぐろ”でも
腐ったら捨てるしかありません。

安く仕入れられたとしても
ほっておくと腐って
値段が無くなってしまいます。

おまけに、鮮度の落ちた魚は
食中毒を出す危険性がでます。

食中毒を出してしまえば
賠償金や、営業停止
はたまた、それが原因で倒産するかもしれません。

仕入れた魚の鮮度が落ちているのに
もったいないから持っていると
大変なことになります。

皆さんは
株の仕入れ問屋です。

新鮮で買い手が付くうちに
しっかりと売りさばく。

腐る前に売る
最低でも、腐り始めたら売る。

この判断を誤ってはいけません。

そのためにも、まずは、宝くじの感覚から抜け出し、
回り道に見えるかもしれませんが、
基礎的な部分からしっかりと投資を理解してください。

そして、鮮度の良い魚を上手に仕入れ、
みんなが気づいて買いに来た…
高くなったところで売る術を身につけましょう!

谷口洋章

<編集部のオススメ>

「銘柄選びにも、
 銘柄検証にも、もう疲れた…」

そんなあなたにご活用いただきたい、
驚異の年利200%を達成の
安定投資法が今なら無料で体験できます。

投資の常識を激変させる
スーパーロジックを是非ご確認ください。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar181019/


少資金から1億円の資産を築けた理由

2018.10.13
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
東京のトレードルームにて、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

今週の相場は下落続きでしたね!

木曜日は一時4桁まで下げ幅を広げる場面もあり、
一般投資家の投げ売り市場と化していました。

ほとんどの銘柄が売られている状況ですが、
皆さんの保有していた銘柄は
大丈夫でしたでしょうか?

いざ株価が急落したからといって
暴落だー!と慌てても仕方ありません。

いつも私が言っている、
冷静に「買って売って逃げる」
徹底してくださっていれば、

プラスのまま
回避できていることと思います。

今の相場状況でも
強い銘柄だけトレードしていれば
まず大丈夫なのですが、

特に少資金の方は、
このような相場の変化をいち早く察知し、

相場が崩れる前に逃げる、
という機敏な動きが求められます。

ですが、なぜか少資金の方ほど
おっとりタイプが多い傾向です。

ということで、
今回は少資金の方が注意すべき
ポイントをお話しますね。

今の相場は様々な銘柄が
下がってきていますので、

押し目を拾おうとしている方が
多いと思います。

ですが、下がってきている
とはいえ、まだまだ下がる
可能性もありますよね。

しっかりと下げ止まっている
銘柄なのかを分析してから、
大底で拾わなければなりません。

そこで、今大底なのかを
分析するには、週足のMACDを見ます。

MACDとぜひ合わせて見て頂きたい
指標がRCIです。

以前、私のブログでも
MACDとRCIについて触れているので、

まだそのブログを見ていない!という方は
ぜひ見て頂きたく。

9/22配信:銘柄探しに困ったら…
https://j-i-s.info/j-i-s/nikkan_180922/

MACDとRCIを強くおすすめする理由は、
100万の資金から始めた方に
私がこの方法を教えて、

1億円以上の資産を築けた方が
何人もいらっしゃるからです。

勘に頼って大底を狙っても
絶対に勝てないんですね。

なかにはMACDとかRCIを見なくても
億トレーダーになったという方も
いらっしゃいますが、

100万の資金から始めたという
訳ではありません。

少資金の方はぜひ、
期待値の低いところで拾わず、

MACDとRCIを見て
大底を狙ってみてください(*^-^*)

ウルフ村田


アマチュアとプロの違いは?

2018.10.12
koushi_yoko01

From:高橋陽子
都内の自宅にて、、、

おはようございます。

先日、仕事で大阪に行っておりました。

大阪での滞在は楽しみのひとつなので、
はりきって前泊し、

さっそくホテルからタクシーで梅田の、
あるお店まで向かいます。

もちろん、美味しい夕食のためです(笑)

「梅田のどこどこまで。」

と言えば、だいたい大阪のタクシーは
ささっと行ってくれます。

大阪のタクシー運転手は、
目的地の番地まで覚えていたりと
熟練の方々ばかり。

大まかな通り名を言えば
大丈夫なんですね。

しかしです。

今回のタクシー運転手は違いました。

「すいません。
運転手になったばかりで
場所が分かりません。」

「梅田のどの辺か、
道順を教えてもらえますか?」
となりました。

私も梅田に詳しい訳ではありませんので、
初心者同士で何度も
道順を確認し合うことに(汗)

という経緯でやっと
お店までたどり着けたのですが、

私は今回の大阪滞在で、
初めて「初心者タクシー運転手」に
遭遇しました!

大阪のタクシー運転手さんは
熟練の方ばかりでしたので、
逆に新鮮でした。

この「初心者さん」ですが、
東京ではよく遭遇します。

「道順を教えてください。」
と言われることが
多いので、慣れっこです。

ただ、一度びっくりしたのが、
「東京駅の八重洲口にお願いします。」
と私が言うと、

タクシー運転手は
「分からないので道順を・・・」

これには、ちょっとびっくりしました。

東京の玄関口が分からないとは、
と絶句しました。

何でもそうですが、
利益を得ようとして何かを始めたからには
皆が「プロフェッショナル」です。

だから、タクシー運転手になったからには
本来はプロとして、ある程度の
大まかな道は覚えておいて欲しい。

と感じてしまうのです。

それと同じで、株式投資も
「プロとアマチュア」が
混在しています。

双方とも同じ土俵で戦いますよね。

当然負けやすいのは
アマチュアであり、
初心者レベルが高い人ほど顕著になる。

という理屈です。

ある程度の知識や経験がものをいう世界
なのです。

プロはあらゆるテクニックを使ってきます。

アマチュアが高値掴みを
してしまう理屈も、
底値で買えないのも、

プロはしっかり計算済みです。

心理テクニックもしかり、
分析しかりです。

アマチュアがある銘柄を保有して、
「もうちょっとは上がるだろう。」

と期待を持った途端、
急落するのも心理戦でもあり、

また多くの投資家に見られる
欲の分岐点なのです。

アマチュアから脱却する考え方のひとつに、
「頭と尻尾はくれてやれ」
という相場格言があります。

無理に底を取ろうとせず、
天井まで引っ張ろうとしなければ、
利益は確保できます。

天井で買ってくれる人がいるからこそ、
利益確定しながら、
順調に売ることもできるのです。

「まだもうちょっと利益をひっぱる。」
と思わず、
そこそこで利益確定を目指す。

そうすると、
急落に飲み込まれることもなく、
塩漬けもなくなります。

大変なことではありますが、
株で勝つには自分の欲を
コントロールすることなんですね♪

私自身も、常に冷静なトレードを
するように心がけています。

ちょっと熱くなってしまうと、
欲や心理戦に負けてしまうからです。

欲や心理戦に負けてしまうと、
見えていた急落のサインも
見落とすことになりかねません。

欲をコントロールし、
できる限りの集中力で臨む。

自分が売った後の急騰を
悔しがらない(笑)

をモットーにすると、
株はもっと上達しますよ(^^♪

高橋陽子

<編集部のオススメ>
予測不能な為替市場に「こんなはずでは…」
と嘆く人が多いなか、

FXで年間数億の利益をあげる
プロが存在しています。

そのプロが初心者でもできる
自らの手法を6名にのみお伝えします。

http://japan-i-school.jp/jim/kujira_181027/


【動画】NYダウもついに大荒れか?

2018.10.11
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋自宅のオフィスより、、、

おはようございます。

日経平均は方向転換でしょうか…
それとも単純に押し目なのでしょうか…

果たしてどちらなのかは
まだわかりませんが、
出来高も少し戻り歩調で盛り上がり気味。

今後の転換点をうまくつかめれば
いいトレードにつながりそうです。

さて、ご存知の通り、
NYダウのチャート
日本の相場に大きな影響を与えます。

例えば、国内の企業の決算が良くても、
NYが下がれば、それに相場全体が
引きずられてしまうということも
しばしばありますよね。

そういった意味で、
NYダウのチャートを確認しておくことは
非常に重要です。

最近のNYダウは
史上最高値を更新し続けるなど、
ずっと強さを見せていましたが…

実は、ここに来て
少し変調の兆しが見えてきました。

詳しくはこちらの動画で(^^♪
 ↓↓↓


<編集部のオススメ>
根拠のないトレードで
資金と労力をすり減らすのは
もうやめませんか?

億単位の利益を
毎年繰り返し実現し続ける
真のトレーダーのシンプルな発想を
あなたもいますぐ身につけてください。

http://japan-i-school.jp/jim/kujira_181027/
※限定6名の少人数開催です