塩漬けの2大リスクとは?

2018.11.14
Share:

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは
秋田洋徳です。

投資で「塩漬け」という言葉を、
皆さんは聞いたことがありませんか?

「塩漬け」とは、ポジションを持った後、
含み損が発生しても損切りせず、

ずっとポジションを持ち続けて
しまうことを指します。

FXでは決済(損切り)を行わない限り、
基本的に損失として確定されることはありません。

このシステムにより、
たとえ含み損が発生しても

「いつかは値段が戻ってきて、
含み損がなくなるのではないか」

という考えを持ってしまい、
損切りぜずに放置して、
塩漬けにしてしまう方が多いのです。

この塩漬けには、2つのリスクがあります。

1つは、価格が結局戻って来ず、
含み損が大きくなり過ぎて
強制ロスカットになる可能性です。

自分で決済して損失を確定しない限り、
損が確定することはないと言いましたが、
それにも限界があるのです。

損があまりにも増えすぎると、
証券会社側がトレーダーの資産を守る目的で
(資金がマイナスにならないように)

強制的に損を確定してしまう、
強制ロスカットという現象が起こります。

強制ロスカットになってしまう状況というのは、
今持っている資金ではポジションを維持できない程、
含み損が発生してしまったこと
を意味します。

そのため強制ロスカット後は、
資産が大幅に減少します。

FX初心者が市場から退場する理由としては、
これが大きな原因となります。

2つめのリスクは、
塩漬けのポジションを保持し続ける限り、

塩漬け分の証拠金を他の取引に
使えないということです。

例えば、あなたに10万円の証拠金があったとして、
1ポンド=150円の時に1ロットの取引をしたとします。
(1ロット=1万通貨とする)

この時1ロットのポジションを保持し続けるためには、
150円 × 1万通貨 ÷ 25 = 6万円の証拠金が必要になります。

ということは、証拠金10万のうち、
6万円はこの1ロットの取引の担保として
確保しておかなければなりません。

つまり、この取引が終わるまで6万円分は、
他の取引に回せないのです。

もし、このポジションを塩漬けにしてしまうと、
この取引が終わるまでずっと動かせないので
非常に資金効率が悪くなってしまいます。

上記の理由から、私はポジションの
塩漬けをお勧めしていません。

皆さんも価格が戻ると確信したうえでの
塩漬けならまだしも、

損切りができずに塩漬けにしてしまう、
という状況にならないよう気を付けましょう。

本日はここまでです。

ありがとうございました。

秋田洋徳

PS.
今回お話したとおり、
利益を求めてFXをはじめたにも関わらず、
損失を膨らませて退場してしまう。

というFX初心者が多い現状です。

そうならないために、
私のセミナーで賢く資産形成するための
技術を今すぐ知ってください。

http://akita-fx.info/akita-fx/seminar_nagoya_h/

The following two tabs change content below.
秋田洋徳
秋田洋徳
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・秋田式FX手法開発者 ・専門分野:FX 1969年生まれ。 初心者から証券会社社長まで多くの方々に支持されるFX業界の異端児。 9割が負け組と言われる、厳しいFXの世界で、2009年に、後発組かつ全くの未経験から、勝率の高いFXノウハウを開発し、勝率70%、月利20%という並外れたパフォーマンスを実現する。さらに秋田式のノウハウを学んだ教え子たちも同様に安定したパフォーマンスを出し、その再現性の高さを証明している。これまでのスクールでの指導者数は延べ700名を超える。
秋田洋徳
最新記事 by 秋田洋徳 (全て見る)

関連記事

Pic Up!