フィンテック業界をリードするkakao bankの魅力とは

2018.12.10
Share:

From:堀北晃生
丸ノ内のオフィスより、、、

こんにちは、堀北晃生です。

私たちは、堀北式株価デトックス理論で、
短期空売りで利益を出し続ける方法を
会員様にお伝えしております。

ここ最近この理論を活用して実績が
でましたので、ご紹介したいと思います。

■6064 アクトコール
注目株価 761円(2018/12/3)

決済株価 734円(2018/12/3)
+27円 +3.5%

■4287 ジャストプランニング
注目株価 1,114円(2018/11/29)

決済株価 1,039円(2018/11/29)
+75円 6.7%

今回は大きな利益ではありませんでしたが、
確実なところで利益を出すことが出来ました。

これからもまだまだこのような銘柄が
出てくると思いますので、
事例がありましたらシェアさせて頂きます。

さて、今日の話題は

スマートフォン一つで、
お金の支払いが済みキャッシュレス化が
可能となれば便利だと思いませんか?

・現金はいらない。
・高いセキュリティ。
・遊び感覚でお金の貯まる。

そんなアプリがあったら使ってみたい人は
多いかもしれません。

世界に先駆けてサービスをリリースしたのが、
韓国の「kakao bank(カカオバンク)」です。

kakao bank
https://www.kakaobank.com/

(画像:https://goo.gl/W1hp9x より)

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

■ フィンテック業界をリードするkakao bankの魅力とは

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

日本ではスマートフォンメッセンジャアプリで
LINEが有名です。

韓国のスマートフォンメッセンジャーといえば、
カカオトーク。中国はウィチャットです。

国民の約90%がインストールしている、
カカオトークが25年ぶりに銀行のライセンスを取得し、
カカオバンクをリリースしました。

2017年7月3日にリリースしましたが、
口座開設数は爆発的に伸びております。

発表後、2日目で47万口座が新規で開設。

さらに、5日で10万口座、3週間で200万口座が
新規で口座開設されるという人気ぶりです。

このカカオバンクの特徴は、
オンライン上でお金のやり取りができるため、
ほぼ財布がいらないということです。

個人間のお金のやり取りも瞬時に済むため、
お金のやり取りがほぼなくなります。

またネットでの決済やリアル店舗での支払いも
このアプリから決済が可能のため、
お財布を持ち歩くことがほぼなくなります。

更に面白いのが、26週間お金を積み立てるという
積立の金融サービスです。

1000ウォン(日本円で約100円)くらいから
積立貯金ができて26週間で満期を迎えるというもの。

最初は1000ウォン、次の週は2000ウォン、
次の週は3000ウォンという形で徐々に
積み立てるお金が増えていくというものです。

アプリ上では積み立てるたびに、
キャラクターのアイコンが増えるため、
ゲーム感覚でお金を貯められるという
ユニークなサービスです。

また住宅ローンなどもこのアプリで
完結するというのが驚きのサービスです。

従来の銀行であれば、住宅ローンなどを
組むためには必要書類を10種類以上まとめ、
何度か銀行に足を運ばなければいけませんでした。

しかし、このカカオバンクでは、
初回で信用情報を入力し、
自信のクレジットスコアも見れるため、
瞬時にお金をかりることができます。

アプリ内ですべて登録ができ、
契約書にサインをして、その書類を
写真で撮ってメールで送るだけ。

たったこれだけで、住宅ローンを
組むことができるという、
世界に類を見ない金融サービスです。

完全非対面でこのような金融サービスを
受けられるのは、スマートフォン上で
個人の情報とクレジットスコアが
見れるという点です。

融資の時に必要な情報がすでにアプリに
入っているため、いざお金を借りようとした時は、
自分の利率にあった条件で借りられるのです。

フィンテックとは、ファイナンスとテクノロジーを
合わせた造語ですが、このような金融サービスが
今後も伸びてくるはずです。

日本でもこのようなサービスが開始されるのか?

2018年11月にLINEとみずほ銀行が
業務提携をしました。

https://japan.cnet.com/article/35129258/

(画像:https://japan.cnet.com/article/35129258/
LINE Financialとみずほ銀行が共同で「LINE Bank設立準備株式会社」を設立

日本には厳しい金融規制があるため、
どこまでサービスが可能なのかは見どころです。

キャッシュレス化を推進する日本政府と、
フィンテックサービスの発展と、
規制緩和がどれくらいのスピードで変化するかが見どころです。

堀北晃生

追伸1:

定期的に行われている未来の金融研究所では、
さまざまな金融機関の方や、大学の研究者が
参加されています。

世界の常識が大きく変わるフィンテックが
これから新しい産業を作り出していくことは
間違えありません。

より便利で快適なサービスが利用できるといいですね。

追伸2:
株で稼ぐのにも
様々な手法がありますが、

私が提唱する理論は
実はとっておきの穴場手法です。

誰もが知らない方法で
こっそりとお金を稼いでみたいと思うなら
ひとまず下記のリンクをクリックしてください。

http://japan-i-school.jp/jim/180806_hkt/

The following two tabs change content below.
堀北晃生
堀北晃生
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・大衆心理の裏を突く「空売りの魔術師」 ・次世代金融システムのファシリテーター 全国トップ5%に入る富裕層向けの資産運用アドバイザーとして外資系のプライベートバンクで2004年より活動を開始。 資産運用や投資顧問会社へのコンサルティング、個人投資家向けのクローズドな情報発信に携わる。 そこで培った知識と経験が評価され、現在は個人投資家からプロトレーダーまで、投資のアドバイスや情報発信を行っている。 プロトレーダーと個人投資家の情報格差を埋めるために、シークレット勉強会を少人数で展開しながら、大学との共同研究で急騰株の天井から空売りを仕掛ける独自の手法を開発。 民間企業の資産運用コンテストで500万円を15億円まで増やして優勝したことも。 こうした活動を通して、日々変化する投資の世界においてナンバーワンであることにこだわり、株式市場の最先端をリードする活動に情熱を注いでいる。

関連記事

Pic Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。