来年を見越したIPO戦略に注目!

2018.12.23
Share:

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます。
谷口です。

IPO史上過去最大の目玉、
ソフトバンク上場が終わりました。

なんと、まさかの公募割れ!

1,500円の価格に届かず
1,463円の初値でスタートしました。

割合では-2.4%ほどですから
大したことはないのですが、

注目されていたことも相まって、
失望売りが大きく出てしまいましたね~。

IPO投資の基本である、
初値で売っている人は
難を逃れていますが、

持ち続けた人は、
ハラハラがまだ
続いていることでしょう。

公募価格で売りたいでしょうが、
たくさんの人がそう思ってますから、

少し損をしてでも
決済しておいた方が無難かもしれませんね。

このタイプになってしまうと、
なかなか公開価格を超えられないものです。

気長に待つのではなく、
良い銘柄に資金を回したほうが
得かもしれませんよ。

一方、ソフトバンクと同日上場した
Kudanという銘柄は、
初値140万円がついています。

こんな地合いでも
良い銘柄は買われるわけです。

12月のIPOは
いつも初値が上がらないのですが、

年を明けた1月、2月には、
底入れの良い銘柄が買われて
大きく戻してくることが多いです。

変な銘柄は捨てて、
良い銘柄に乗り換えると良いですね。

「見切り千両、損切り万両」

という相場格言があります。

含み損を抱えた株式などに対して、
損失の少ないうちに
見切りをつけることは千両の価値があり。

損失を拡大させないために、
ある程度の損を覚悟で売買することには
万両の価値があるという意味です。

過去の賢者に学んで、
賢くトレードしていきましょう!

谷口洋章

<編集部のおすすめ>
あなたの資金が今も増えない理由には、
手法が未熟でも、マインドでもないとしたら?

その理由を知っただけで…

毎月100万円以上の利益を
叩き出す人が続出している、
相場の真実をお話しします。

http://japan-i-school.jp/jim/okuribito1812/
※残席はあと4名のみ

関連記事

Pick Up!

来年を見越したIPO戦略に注目!へのコメント

  1. もうIPOの時代は終わりでしょ!?ま、おしまいではなくともトランプ政策、EU政策が変わって安定しないとあかんでしょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。