相場の過去69年間を読み解く

2017.12.27
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

東証営業日としては
2017年最後の週になりました。

今年の相場も終わろうとしています。

今年1年間のNK225ベースでのリターンは、
約19%です。

戦後69年間に渡る相場の中で、
この年間リターンを考えてみましょう。

69回あった年間リターンを
データ区間5%単位でヒストグラムで書くと
こうなります。

図3

サンプルが少ないので正規分布はしません。

リターンの計測期間を、
年ではなく半年に、半年ではなく四半期に、月に、、、と
段々短期にしてサンプル期間を増やしてゆくと、
きれいな正規分布をします。

ランダムで、予想ができない値に対して頻度をとると
正規分布になるのですね。

正規分布は、相場の分析や予想でも
使うことが多いです。

年間リターン歴代ベスト3、
1位は118%ものリターンを記録した
1952年。

ついで1972年の92%、1951年63%です。

2000年以降では、
2013年が56.7%で最大(歴代4位)、
2005年40%(歴代8位)です。

トップ5とワースト5を表にしておきましょう。

図4

69年あった東証の
1年間の平均リターンは10.93%です。
結構大きいですね。

現在を起点にして、
過去の平均リターンを求めてみると
こうなります。

過去4年間 9.1%
過去8年間 7.6%
過去16年間 5.9%

昔から始めていればいるほど、
平均リターンが少なくなっています。
これが、失われた20年といわれる時期です。

もっとも平均リターンが低いのは、
1990年に始めた場合で、
17年間で平均リターンは0.7%です。

この頃に始めた人は、
多くの方が損を抱えています。

しかし、
「羹(あつもの)に懲(こ)りて膾(なます)を吹く」
でもありませんが、

近年の素晴らしい相場に
近づかないのはもったいないことです。

そこで、

来年はどのような相場になりそうか、
マクロ的な視点で見ていきたいと思います。

次回をお楽しみに。

奥村尚

<編集部のオススメ>
色々試しているものの、
思うように結果につながらない方、
どうにも解決しようがない
悩みを抱えている方、

あなたの悩みをその場で解決する
トレード相談会も実施します。

一人で悩まないでお気軽にご相談ください。

悩みを解決


コメント

相場の過去69年間を読み解く」への1件のフィードバック

  1. ふくさん

    有難うございます。前向きにと思います。寒さ厳しいおり良いお年を!感謝!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.