【4/03-相場まとめ】米中貿易協議の朗報に大幅反発

2019.4.3
Share:

From:JIS事務局
東京神田のオフィスより、、、

水曜日の株式相場が終わりました。
今日も一日、トレードお疲れ様でした。

本日の株式相場まとめをお送りいたします。

★本日の相場まとめ
└────────────────

本日の相場まとめ – 2019年4月3日(水)

2万1713円21銭(+207円90銭)

本日の日経平均は大幅反発。

朝方は前日の米ナスダック総合指数高を支えに買いが先行。

いったん下げに転じたが、株価指数先物買いを交えて
持ち直し、後場終盤には一時2万1722円72銭まで
上昇する場面がありました。

海外メディアが「米中は通商をめぐり最終合意に
近づいている」と伝えたことにより買い気が強まり、

その後は一服商状ながら、大引けにかけて
高値圏で推移して取引を終了。

日経平均株価は前営業日比207円90銭高の
2万1713円21銭で取引を終了。

値上がり銘柄数は1480、
値下がり銘柄数は587、
変わらずは71でした。

市場からは「米中貿易協議に対する良いニュースが出て、
財新の中国3月非製造業PMI(購買担当者景気指数)も
上昇し、買いが追随。

25日線が上向き、日経平均2万2000円への
再チャレンジも見えてきましたが、

「一段高には円安など材料のフォローが欲しい」
(準大手証券)との声が聞かれました。

今週は米雇用統計もあることから
為替の動きに注意が必要でしょう。

★4/3(水)のランキング (15:00現在)
└────────────────

□4/3(水)値上がり率

1位<4766>(株)ピーエイ(+24.39%)
2位<1449>(株)FUJIジャパン(+21.11%)
3位<4424>(株)Amazia(+18.58%)
4位<6575>ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス(株)(+17.53%)
5位<7895>中央化学(株)(+17.22%)

□4/3(水)値下がり率

1位<7063>(株)エードット(-17.80%)
2位<9969>(株)ショクブン(-13.45%)
3位<7671>(株)AmidAホールディングス(-13.20%)
4位<2351>(株)ASJ(-12.79%)
5位<6194>(株)アトラエ(-11.62%)

□4/3(水)寄与度上位

1位<9983>ファストリ(+5.31%)
2位<6954>ファナック(+2.43%)
3位<8035>東エレク(+2.64%)
4位<4063>信越化(+3.74%)
5位<6762>TDK(+3.33%)

□4/3(水)寄与度下位

1位<4519>中外薬(-2.53%)
2位<4503>アステラス(-1.94%)
3位<4568>第一三共(-2.57%)
4位<6367>ダイキン(-1.04%)
5位<4543>テルモ(-0.91%)

※15時00分時点での速報データをもとに記載しています。
現時点でのデータと異なる可能性があることをご了承ください。

□4/4(木)重要経済指標

<日本>
(日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)(8:50)
(日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)(8:50)

<海外>

(独) 2月 製造業新規受注 [前月比](15:00)
(独) 2月 製造業新規受注 [前年同月比](15:00)
(米) 3月 チャレンジャー人員削減数 [前年比](20:30)
(欧) 欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨(20:30)
(米) 前週分 新規失業保険申請件数(21:30)
(米) 前週分 失業保険継続受給者数(21:30)
(加) 3月 Ivey購買部協会指数(23:00)

□4/4(木)の決算発表企業

<1376>カネコ種苗
<1377>サカタのタネ
<1712>ダイセキ環境ソリューション
<2685>アダストリア
<3382>セブン&アイ・ホールディングス
<3606>レナウン
<4361>川口化学工業
<4728>トーセ
<4735>京進
<4763>クリーク・アンド・リバー社
<5932>三協立山
<6279>瑞光
<6469>放電精密加工研究所
<6474>不二越
<7611>ハイデイ日高
<他3件>

<編集部のオススメ>
何をやってもトータルでマイナスになる
理由を知りたくありませんか?

自分の意思で売買していたと思っていたポイントが
実は罠だったと気づけるセミナーはこちらです。

http://japan-i-school.jp/jim/seminarok_1904/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。