【7/03-相場まとめ】景況感が悪化に反落

2019.7.3
Share:

From:JIS事務局
東京神田のオフィスより、、、

水曜日の株式相場が終わりました。
今日も一日、トレードお疲れ様でした。

本日の株式相場まとめをお送りいたします。

★本日の相場まとめ
└────────────────

本日の相場まとめ – 2019年7月3日(水)

2万1754円27銭(-116円11銭)

本日の日経平均は小幅続伸。

朝方は売りが先行。

中国・上海総合指数の下げも重しとして意識され、
下げ幅を拡大し、後場前半には一時2万1566円65銭まで
下押しする展開。

一巡後は、下げ渋りましたが、戻りは限定的でした。

日経平均株価は前週末比116円11銭安の
2万1754円27銭で取引を終了

値上がり銘柄数は995、
値下がり銘柄数は1067、
変わらずは87でした。

米通商代表部(USTR)が欧州からの輸入品に対する
制裁関税の対象品目を拡大する姿勢を示したことが
投資家心理を冷やしました。

リスク回避の動きが強まり、外国為替市場では
1ドル=107円台後半まで円高に振れる展開。

米国の4日の独立記念日を前に「海外勢は気もそぞろ」
(銀行系証券)で、売買代金は膨らまず、
今週は雇用統計もあることから様子見が強まるのでは
とのみかたです。

★7/3(水)のランキング (15:00現在)
└────────────────

□7/3(水)値上がり率

1位<3370>(株)フジタコーポレーション(+28.22%)
2位<5612>日本鋳鉄管(株)(+27.75%)
3位<2976>日本グランデ(株)(+24.15%)
4位<7448>(株)ジーンズメイト(+23.74%)
5位<3624>アクセルマーク(株)(+19.19%)

□7/3(水)値下がり率

1位<6469>(株)放電精密加工研究所(-11.10%)
2位<4113>田岡化学工業(株)(-8.19%)
3位<2038>NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油 ダブル・ブル ETN(-7.90%)
4位<6176>(株)ブランジスタ(-6.86%)
5位<3772>ウェルス・マネジメント(株)(-6.43%)

□7/3(水)寄与度上位

1位<9983>ファストリ(+2.67%)
2位<8028>ユニファミマ(+1.06%)
3位<6367>ダイキン(+0.72%)
4位<4578>大塚HD(+2.51%)
5位<4503>アステラス(+1.18%)

□7/3(水)寄与度下位

1位<6954>ファナック(-2.45%)
2位<9984>SBG(-1.34%)
3位<6857>アドテスト(-4.72%)
4位<6762>TDK(-2.84%)
5位<6971>京セラ(-1.46%)

※15時00分時点での速報データをもとに記載しています。
現時点でのデータと異なる可能性があることをご了承ください。

□7/4(木)重要経済指標

<日本>
(日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)(8:50)
(日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)(8:50)

<海外>
(米) 休場
(豪) 5月 小売売上高 [前月比](10:30)
(スイス) 6月 消費者物価指数(CPI) [前月比](15:30)
(欧) 5月 小売売上高 [前月比](18:00)
(欧) 5月 小売売上高 [前年同月比](18:00)

□7/4(木)の決算発表企業

<2670>エービーシー・マート
<2809>キユーピー
<2830>アヲハタ
<2918>わらべや日洋ホールディングス
<3222>ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス
<3377>バイク王&カンパニー
<3382>セブン&アイ・ホールディングス
<3549>クスリのアオキホールディングス
<4187>大阪有機化学工業
<4728>トーセ
<4763>クリーク・アンド・リバー社
<6474>不二越
<7730>マニー
<7921>宝印刷
<8905>イオンモール
<他4件>

<編集部のオススメ>
あなたを勝てなくする根本的原因が
手法ではないとしたら…

超一流トレーダーたちの思考を
徹底分析した講師が解説します。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar190713/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。