【教えその32】残念すぎる貧乏マインド

2019.7.18
Share:

From:大富豪の弟子チーム
東京のプライベートオフィスより、、、

こんにちは、
大富豪の弟子チームです。

普段私は、経営コンサルティングを生業としているのですが、
ここ数日は私が開催するセミナーやコンサルティングで
実にたくさんの人にお会いしています。

皆それぞれ、現状への悩みや課題を抱えて
私に会いに来てくれる人ばかりですが、

その中で、「あぁ…こりゃダメだ。。。」
という人の特徴(行動パターンや口癖)があったので
シェアしたいと思います。

これらの行動を意識してしないだけで大失敗は避けれますが、
それなりに辛口な内容なので、
心が弱い人は読まないほうが良いかもしれません。

(ご意見などあればコメントしてください)

・・・

では、どんな行動や発言が
あなたを成功から遠ざけてしまうのか、
具体例を3つあげて説明していきたいと思います。

<その1>
東京や大阪などの大都市ではなく、
私の住む街でもイベントを開催してほしいというお願い

これ、非常に多いです。

一見まともなお願いに思えますし、
主催側として叶えてあげたい気持ちもあるのですが、
「成功」という観点から言えば間違いがあります。

どんなイベントもビジネスなので、
参加者が少ない地域でも開催は難しいという
現実的な理由ももちろんありますが、本質はそこではありません。

本質は、

“自分の成功のためにどれだけのコストを払うことができるのか”

ということにこそあります。
コストとは言うまでもなく、時間とお金と労力のことです。

基本的に何事も、
負荷が強い方が成果は上がります。

コストをかけることを嫌ってはいけません。
むしろ積極的にコストをかけれる人が成功します。

自分がその分野で成果を上げたいから
参加するセミナーやコンサルの交通費や宿泊費を
ケチっているようでは話になりません。

これからその何倍、何十倍ものリターンを
得たいのであれば、自ら出向くべきです。

それに加えてもう一つ重要な理由があります。

それは、今の狭い世界で生きているうちは
決して成功できないということです。

まさに、「井の中の蛙大海を知らず」の状態です。

地方からあえて東京まで学びに出向いている人は
地元では圧勝だという話を実際に私もよく聞きます。

「地元でやってくれないかな」と思うのは危険信号です。

<その2>
その曜日は仕事が入っているので、
○曜日に開催してほしいというお願い

これもよく聞きますが、正直、全く意味がわかりません。

「自分の都合に合わせて」という身勝手なお願いができるのは、
その分野の実力者のみに許された特権です。

先に述べたことにも通じますが、
まだ結果を出していないのなら、犠牲を払う覚悟は絶対に必要です。

それが無理なら、もう成功は諦めてください。

もし本当に、まったくスケジュールの融通が
効かないという仕事状況であるのであれば、
あなたの仕事の仕方や会社のあり方を疑った方がいいです。

<その3>
いまはお金がないので、お金が出来てから
参加させてもらえないかというお願い

気持ちはとても分かります。

実際に、いま私も10万円する某教材を買おうかと考え、
「いや…余裕ができる来月にするか」とためらったところです。

ですが、この考え方は本当にイケてません。

今現時点でお金がないからこそ、
あなたは行動をしなければなりません。

いつかお金が出来たら…
そのいつかは一生訪れません。

いままでのイケてない選択と行動の先に
現在のあなたが存在しているからです。

お金がないなら、お金を生み出す
ものへの投資は必須です。

(というわけで、いま教材を買いました)

・・・

まだまだありますが、
延々と続きそうなので、ここまでにしておきます。

で、ここまで話して思うに、
残念だな、もったいないなぁという行動の
ほとんどは貧乏(人)マインドに起因します。

貧乏マインドは、読んで字のごとくですが、
このマインドこそが貧乏を引き起こし、
貧乏な状態がさらにこのマインドを育てるのです。

それはさながら病原菌です。

細菌やウイルスに感染したら、
抗生物質などを投薬するように、
この貧乏マインドにも適切な処置が必要です。

その方法については、次回に続きます。

ー大富豪の弟子チーム

<編集部のオススメ>
株やFXに疲れた…という方でも
日経先物で利益報告が続出している
セミナーを開催します。

初心者でも覚えやすいシンプルなやり方を
今すぐ体験しましょう。

http://japan-i-school.jp/jim/takako_190730/

関連記事

Pick Up!

【教えその32】残念すぎる貧乏マインドへのコメント

  1. ムカついたから書かせてもらうが、「<その1>
    東京や大阪などの大都市ではなく、
    私の住む街でもイベントを開催してほしいというお願い」について。貴方が「どれほどの成功者なのか、どれほどの尊敬できる人物なのか」、その程度が周りの人に伝わっていない証拠という事の裏返し、という事に気が付けていないだけであろう。何故なら、例えば世界的に有名な〇〇博士などの場合には、ネットにて、その人の実力や人間性までもを既に周りの人に伝えられているのだし、だからこそ、我々はその方のセミナーをありがたく受けさせてもらいたいと思い、東京でも大阪でも何処にでも行く。その位に時間と金を費やす価値がある方だと思うからだ。だが貴方の場合、まず、どんな人間性なのかも分からずどこまで成功していてどれほど尊敬できる人物なのかが全く分からない。顔は隠してるし本名すら出していないというレベルなのだし。その程度の人物には、金と時間を費やしてしまっていいのかどうかを考えてしまう。だからこそ、「アンタの方からやって来い」という事になるという事。同じでも例えばウルフ村田の場合は顔も出してるし多少はネットで露出しているし書き込みがあったりするから、なんとなく、その人間性や成功度合いなどを把握する事が出来るし、だから都内位には足を運ぶ。だが、顔出しもせず名も名乗らず程度の人間には金も時間も費やす価値はない、と我々は判断するから、その程度を貫いているのであるなら、まずは「アンタの方から来い」となって当たり前だろう。自分に自信があるなら顔も名前も露出するべきだ。そうして人びとから信頼された後、デカい事を言っていいのだろう。コソコソしてんじゃねぇ。

    1. 自分の立場もわきまえず、自分から学ぶ姿勢がないことが問題なのだよ。
      ずっと口をあけて都合よく餌が口に入るのを待っていたまえ。

    2. 本質は、

      “自分の成功のためにどれだけのコストを払うことができるのか”

      って書いてあるのに、、、
      目の付け所が違いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。