【11/12-相場まとめ】NYダウ最高値更新に追随し反発

2019.11.12
Share:

From:JIS事務局
東京神田のオフィスより、、、

火曜日の株式相場が終わりました。
今日も一日、トレードお疲れ様でした。

本日の株式相場まとめをお送りいたします。

★本日の相場まとめ
└────────────────

本日の相場まとめ-2019年11月12日(火)

2万3520円01銭(+188円17銭)

本日の日経平均は反発。

朝方は売りが先行。

寄付き直後からはジリジリと上昇しプラス圏に浮上。

午前10時頃まで買いが先行しましたが、
その後は、2万3350円付近で小幅な値動きに。

後場に入ると再び買われる展開となり徐々に上げ幅を拡大。

大引けにかけても勢いは止まらず、
強いトレンドを維持したまま取引を終えました。

日経平均株価は、前営業日比188円17銭高
の2万3520円01銭で終了。

値上がり銘柄数は1270、
値下がり銘柄数は787、
変わらずは96でした。

現地11日の米国株式市場で、NYダウが3日連続して
史上最高値を更新したことから、買いが先行。

英国の政治不安後退を意識してリスク回避の円買いが
抑制される可能性があったため、株式市場においても
下値が限定的な展開となったようです。

反政府デモが続く香港で緊迫した状況が続いており、
情勢の変化で世界経済に影響を及ぼす恐れがあり、
今後の展開に注目が集まりそうです。

★11/12(火)のランキング(15:00現在)
└────────────────

□11/12(火)値上がり率

1位<8836>(株)RISE(+100.0%)
2位<6591>西芝電機(株)(+29.41%)
3位<8562>(株)福島銀行(+25.81%)
4位<1757>クレアホールディングス(株)(+25.0%)
5位<9625>(株)セレスポ(+22.19%)

□11/12(火)値下がり率

1位<1685>WisdomTreeエネルギー上場投信(-17.89%)
2位<4880>セルソース(株)(-15.18%)
3位<3672>(株)オルトプラス(-14.36%)
4位<5706>三井金属(-13.20%)
5位<8894>(株)REVOLUTION(-12.50%)

□11/12(火)寄与度上位

1位<9983>ファストリ(+1.75%)
2位<8028>ファミマ(+5.08%)
3位<6857>アドテスト(+3.50%)
4位<6988>日東電(+5.20%)
5位<4578>大塚HD(+5.83%)

□11/12(火)寄与度下位

1位<9984>SBG(-0.60%)
2位<4523>エーザイ(-1.19%)
3位<4503>アステラス(-0.91%)
4位<5108>ブリヂストン(-1.43%)
5位<2802>味の素(-3.28%)

※15時00分時点での速報データをもとに記載しています。
現時点でのデータと異なる可能性があることをご了承ください。

□11/13(水)重要経済指標

<日本>
(日)10月国内企業物価指数[前月比](8:50)
(日)10月国内企業物価指数[前年同月比](8:50)

<海外>
(豪)11月ウエストパック消費者信頼感指数(8:30)
(NZ)ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)政策金利(10:00)
(独)10月消費者物価指数(CPI、改定値)[前月比](16:00)
(独)10月消費者物価指数(CPI、改定値)[前年同月比](16:00)
(英)10月消費者物価指数(CPI)[前月比](18:30)
(英)10月消費者物価指数(CPI)[前年同月比](18:30)
(英)10月消費者物価指数(CPIコア指数)[前年同月比](18:30)
(英)10月小売物価指数(RPI)[前月比](18:30)
(英)10月小売物価指数(RPI)[前年同月比](18:30)
(英)10月卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)[前年同月比](18:30)
(欧)9月鉱工業生産[前月比](19:00)
(欧)9月鉱工業生産[前年同月比](19:00)
(南ア)9月小売売上高[前年同月比](20:00)
(米)MBA住宅ローン申請指数[前週比](21:00)
(米)10月消費者物価指数(CPI)[前月比](22:30)
(米)10月消費者物価指数(CPI)[前年同月比](22:30)
(米)10月消費者物価指数(CPIコア指数)[前月比](22:30)
(米)10月消費者物価指数(CPIコア指数)[前年同月比](22:30)
(米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言(1:00)
(米)10月月次財政収支(4:00)

□11/13(水)の決算発表企業

<1384>ホクリヨウ
<1400>ルーデン・ホールディングス
<1438>岐阜造園
<1491>中外鉱業
<1716>第一カッター興業
<1724>シンクレイヤ
<1743>コーアツ工業
<1762>高松コンストラクショングループ
<1770>藤田エンジニアリング
<1776>三井住建道路
<1815>鉄建
<1821>三井住友建設
<1824>前田建設工業
<1827>ナカノフドー建設
<1848>富士ピー・エス
<他243件>

<編集部のオススメ>
どんな銘柄でも株価を決めているのは
例外なく資金の流入量で構築されています。

この流れを事前に読むことができるかによって
勝敗を左右するといっても過言ではありません。

大口がどのようにして資金を増やしているのか
相場の裏側までセミナーで公開します。

残席がわずかとなっていますので
今すぐお申込み下さい!

http://japan-i-school.jp/jim/seminarok1911/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。