上昇せざるを得ない銘柄の見つけ方

2019.12.30
Share:

From:堀北晃生
丸ノ内のオフィスより、、、

おはようございます、堀北晃生です。

本日は今年最後のブログ記事となります。

2018年の運用成績はいかがでしたか?

去年の今頃立てた、パフォーマンスの目標は
達成できましたか?

1,予想以上の大きく利益を出せた

2,目標には達しなかったがそこそこ利益を出せた

3,ほぼ変わらずのプラマイゼロくらい

4,予想以上に損をしてしまった

あなたはざっくりいうと何番に当たりますか?

私は、2018年に堀北式株価デトックス理論を
オープンの場で公開させて頂きました。

非常のシンプルでありなおかつ、
短期間で高いパフォーマンスを出すトレード手法で、
数多くの個人投資家に革命を起こしてきました。

中には、塩漬け株から開放されて、
空売りだけで過去最高の利益を出したという
会員さまの声もたくさん頂いております。

おめでとうございます。

なぜ株の初心者の方には空売りをオススメしているかというと、
圧倒的にシンプルだからです。

上昇する株よりも、下がる株を見つけるほうが
圧倒的に見つけやすい。

そして、下がる株にはたくさんの人のネガティブな
感情がエネルギーとなって一気に強い力となるからです。

12月の後半にかけて、株式市場は大きく荒れたことで、
急落した銘柄も続出しました。

その中で、大きく損をされた方も多いと思います。

空売りには

・恐怖:このまま持っていると大損してしまうのではないか

・怒り:思い通りに運用ができていないことへの怒り

・憎しみ:マーケットから利益をもぎ取る人への憎しみ

・不安:今どう判断すればいいのか、先行きが見えない不安

・あきらめ:上昇すると期待していたことへのあきらめ

といった、人間のネガティブな感情が入っています。

そのため、売りが売りを呼び、
下がり始めた銘柄はどんどん下がっていくのです。

下がる株を見つけて空売りをするのは
とてもカンタンで、全くの株の初心者でもできることです。

難しい理論をしる必要もなく、
大手のファンドの空売りのデータを見て
順張りで利益を出すこともできます。

また相場が上昇し続けているときは、
過剰に上がった株を見つけ下がる瞬間に
空売りを仕掛ける逆張り型空売り手法もあります。

これが、堀北式株価デトックス理論です。

相場が上昇しているときは、逆張り型空売りで利益を出し、
全体的に下落しているときは順張り型の空売りで利益を出す。

この秘密を知っただけで、
あなたのパフォーマンスは大きく改善します。

2019年は、どのような目標を立てましたか?

もし、また目標設定をされていないのであれば、
どのような目標を設定されたいですか?
ぜひ考えてみて下さい。

因みに、私たちが提唱している、
順張り型空売りと逆張り型空売りは、
今までにない結果を手にすることが可能です。

またお伝えできる機会があれば、お話ししたいと思います。

その一方で、2020年には
株価が上がらざるを得ない理由を先取りし、
簡単な分析するだけで上昇する銘柄が
面白いように見つけられる方法もお伝えします。

今まで隠していたわけではありませんが、
後悔する機会がありませんでしたが、
ぜひお楽しみにお待ち下さい。

それでは、良いお年を!

本年もありがとうございました。

堀北晃生

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です