GAFAの次に来る大爆謄期待銘柄とは?

2020.7.28
Share:

From:堀北晃生
丸ノ内のオフィスより、、、

こんにちは、堀北晃生です。

スマートフォンが世界中に普及したことで、
新しい価値が創出されました。

スマートフォンのデバイス普及に
恩恵を受けたのがGAFAと言われる
メガテック企業です。

GAFAとは、
グーグル、アップル、
フェイスブック、アマゾンです。

アメリカ企業が世界の株式相場全体を
牽引したと言えます。

GAFAとマイクロソフトの
時価総額を合計した金額は、
2012年6月は129兆円でした。

これだけでも大きな数字ですね。

それが2020年6月にはなんと、
673兆円まで上昇し、
約5倍以上となりました。

2000年前後にはITバブルがあり、
2012年移行はスマートフォン関連が
市場全体を牽引してきました。

では2020年以降はどういったものが、
注目されるのか?

これを抑えておくと、
未来を掴み取ることができます。

そのキーワードは、
デジタルトランスフォーメーションです。

5Gが普及することで、あらゆるデジタルの
あり方や概念が大きく変わります。

その最も有望なものが自動車です。

ガソリン車から自動運転に変わる
電気自動車(EV)に置き換わるため、
この関連した銘柄は大きく化けます。

「2020年の次世代自動車産業/田中道昭」

この書籍をお読み頂ければ、
そのヒントが感じられるはずです。

もう一つは、キャッシュレス化です。

日本では未だに現金取引が
普通に行われていますが、
電子決済の市場はまだまだこれから伸びます。

GMOペイメントゲートウェイが過去1年間で、
株価が150%以上も上昇したことで、
時価総額8,000億円を超えました。

このようにスマートフォンが世界中に
普及することで恩恵を受けた、
GAFAのような企業がありましたが、

ここからは次の世代に伸びる企業が
たくさん出てきます。

こういった銘柄を具体的に紹介しているのが、
次世代知的投資家クラブです。

最先端の事業モデルを中心に、
マネー研究会を行っておりますので、
ぜひ参考にしてみてください。

▼次世代知的投資家クラブ
http://japan-i-school.jp/jim/26/

堀北晃生

追伸:
毎年、海の日は夏日なのですが、
今年は全国的に雨模様でしたね。

コロナウィルスの影響もあり、
今年の夏は控えめの夏になりそうです。

アウトドア派には物足りない夏になりそうですが、
命の安全を最優先にしたいですね。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
ウェブセミナーのテーマ:
「株式投資でやってはいけない7つの過ち」
「上昇株を見つける4つの方法」
参加費用:550円
お申込み:http://japan-i-school.jp/jim/26/
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

関連記事

Pick Up!

GAFAの次に来る大爆謄期待銘柄とは?へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です