【教えその106】失敗は発見への入り口である

2020.12.17
Share:

From:大富豪の弟子チーム
東京のプライベートオフィスより、、、

こんにちは、大富豪の弟子チームです。

失敗するのは嫌ですか?

誰だって失敗するのは嫌ですよね。

失敗しても誰も褒めてくれませんし、
“悪”というイメージがあると思います。

私は学生の頃にテストで悪い点を取ると
よく親や教師から叱られました。

「何でできないんだ!」

という感じです。

こうやって、幼い頃の記憶に
「失敗したらダメなんだ」
とインプットされていきます。

でも、失敗から学べることは
多いですよね。

一生懸命何かにチャレンジして、
例え失敗してもそこで何か一つ学べば、
それは成功に一歩近づく。

このシンプルで当たり前なことを
忘れないために、私が成功者たちから
直接聞いた、

「失敗の恐怖心を克服する方法」

をシェアさせていただきます。

成功者たちには恐怖心そのものが
ないのかというと、そんなことはありません。

彼らだって同じ人間ですので、
当然失敗を恐れる心は持っています。

しかし、次の二つの方法でそれを克服しています。

1.これまで人並み外れた数の失敗を経験している
2.失敗=成功という価値観を持っている

それぞれ詳しく説明していきます。

多くの人が勘違いしがちなことなのですが、
成功者は何も“4打数4安打”のバッターではありません。
(安打も毎回ホームランではないです、ポテンヒットも当然あります)

毎回確実に成功しているわけではないのです。

ほとんど場合、成功談しか語られることがないので
成功者は失敗などしないと思われがちですが、

成功した人は、その何倍もの失敗を経験していますし、
まだ成功していない人以上の失敗経験を持っています。

この経験がとても大切で、
成功もしかりですが、失敗にもそれと同じく
パターンというものがいくつかあります。

その失敗パターンを“知っているだけ”でも
相当、成功に近づくのです。

有能な経営者は、
新しい仕事を任せた部下がどこで躓くか
手に取るように分かると言います。

これも同じ失敗を経てきたからこそでしょう。

失敗を知らない成功者は存在しません。
彼らは、失敗の専門家だと言えるでしょう。

そして、二つ目の価値観は非常に重要です。

“この世に失敗など存在しない。
単に成功しない方法が一つ見つかっただけだ”

かの有名なエジソンも、
このように言っていたそうです。

失敗におそれる人は、
一つの失敗にクヨクヨし過ぎる傾向があります。

そこで出た結果に、そもそも成功も失敗もない。

アクションに対する、
単なる結果(反応)にすぎない。

これくらいの気持ちでいた方がいいです。

ピアノのドの鍵盤を叩くとドの音が出たし、
ミの鍵盤を叩くとミの音が出た。

これと全く同じです。

すべての結果をこのように捉え、
またすべてのアクションを実験(テスト)と
捉えると良いです。

いかがでしょうか?

ここまで読んで、
あなたが持っている得体の知れない恐怖心が
少しでも和らいだのであれば嬉しいですが、

一つだけ注意点があります。

それは、
中途半端にやらないということです。

1の観点から言うと、
糧になるくらいの経験でなければならないですし、
(胸に刻まれるということ)

2の観点から言えば、
「どのアクションによってもたらされた結果か?」
ということが判別できなければいけません。

つまり、真剣にやる必要があるということです。

真剣に、失敗を恐れずやってみてください。
そのうち、あなたも成功を経験していることでしょう。

ー大富豪の弟子チーム

<編集部のオススメ>
株より資金効率がいい日経先物トレードで
経験ゼロから結果を出すための方法があります。

講師が実際に動いているチャートから
解説する実践型レクチャーでその方法を
ぜひ身につけに来てください。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar_onry12/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です